« 寒くなったらイカ大根 … 立ち飲み「やき屋(やきや)」(荻窪) | トップページ | 店情報: 創作料理「北品川(きたしながわ)」(北品川) »

初のツナコーンサラダ … 焼き鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷)

071118x


 自宅近くの行きつけの店、「川名」。もう、何十回も足を運んでいるのに、いまだに初めての料理に遭遇したりするのが、おもしろいですよねぇ。

 ハルカさん(店を手伝っている女性)が、向こうのテーブルに運んでいったのは、ひとり用の土鍋にボリュームたっぷりに盛られたサラダ。真っ赤なトマトも、丸ごと1個分が入っているようで、見た目にもおいしそうです。

 ハルカさんが戻ってくるところを、「ちょっと、ちょっと」と呼び止めます。

「ね。今、向こうに持っていたの、なに?」

「ん? ツナコーンサラダのこと?」とハルカさん。

「えっ? トマトが入ってる、鍋みたいなのだよ?」

「そう。あれがツナコーンサラダ」

「そうなんだ。じゃ、それ、ひとつ」

「はーい」

 メニューの名前から想像するのとは違うものが出てくるのも、ここ「川名」のおもしろいところ。

 以前にも、となりの人が食べているトロミのついた、これまたボリュームたっぷりのスープ豆腐みたいな小鍋が、おいしそうで、おいしそうで。そのお客さんは、当時は店に来るたびにその小鍋を食べていたので、何度目かに意を決して、

「いつも召し上がっている、この鍋は、なんていう料理なんですか?」

 と聞いてみたところ、

「あぁこれ? これはマーボ豆腐ですよ」

 と教えてくれたのでした。普段目にする麻婆豆腐とは、まったく異なる料理と言ってもいい「川名」のマーボ豆腐(現在は504円)。実際に食べてみると、見た目どおりおいしくて、しばらくの間、はまっていたのを思い出します。

「はい。ツナコーンサラダです。これでしょ?」

 とハルカさん。そうそう。これです、これです。へぇ、やっぱりこれがツナコーンサラダだったんだ。

 ひとり用の土鍋に、まずレタスを敷きつめて、その三分の一には丸ごと1個のトマトをスライスして載せ、次の三分の一には、たっぷりとツナを載せ、残りの三分の一には、これまたたっぷりのコーンを盛り込んで、マヨネーズが添えられています。

 改めて短冊メニューを確認すると、このツナコーンサラダが336円。なるほどねぇ。こういう品物でしたか。

 ちなみに他のサラダ類は、大根サラダが336円、トマトサラダ、キャベツサラダが各294円、ゴーヤサラダ、セロリサラダが各252円などで、さらにキムチや野沢菜、白菜のお新香などの漬物類は126円です。これが野菜系メニューのホンの一部。この店には野菜料理も多いのです。

 今日、日曜日のヨジカワ(=開店時刻の午後4時から「川名」で飲むこと)。お通し(サービス)のリンゴ2切れに、サッポロラガービール(大瓶、504円)から始まって、飴色に照り輝く黒ソイ刺し(420円)で、和歌山の地酒・「黒牛」(462円)に移行。店内でクマさんや、jirochoさんとも合流し、ホウレン草(168円)をもらって、「黒牛」もおかわり。そして出会ったのが、冒頭のツナコーンサラダだったのです。

 そのツナコーンサラダをつまみに、最後にもう1杯「黒牛」をもらって、午後8時まで。なんと4時間ものヨジカワは、2,352円でした。ずいぶんと長居してしまって、ごめんなさい。どうもごちそうさまでした。

 マーボ豆腐同様、このツナコーンサラダもまた、しばらくの間、はまりそうな一品です。

071118a 071118b 071118c
ビールとお通し / 黒ソイ刺身 / ホウレン草

店情報前回

《平成19(2007)年11月18日(日)の記録》

|

« 寒くなったらイカ大根 … 立ち飲み「やき屋(やきや)」(荻窪) | トップページ | 店情報: 創作料理「北品川(きたしながわ)」(北品川) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/17346285

この記事へのトラックバック一覧です: 初のツナコーンサラダ … 焼き鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷):

» 怒濤の年末年始特集2 … 「御天」「川名」「竹よし」 [居酒屋礼賛]
 12月29日・土曜日の4軒目は、地下の「ゴテンズバー」から、地上の「御天」に上がって玉露ハイ(400円)や、甘くないシークワーサーサワー(400円)などをもらって、せん菜炒め(550円)。この1年を振り返ってみても、せん菜炒めには非常にお世話になりました。そもそも、この店以外で「せん菜」を見かけないんですよねぇ。最後はラーメン(680円)で締めます。決め手は、本来トッピング用のものを別皿で出して... [続きを読む]

受信: 2008.02.02 15:05

« 寒くなったらイカ大根 … 立ち飲み「やき屋(やきや)」(荻窪) | トップページ | 店情報: 創作料理「北品川(きたしながわ)」(北品川) »