« アラ煮を肴に燗酒2本 … 居酒屋「夕凪(ゆうなぎ)」(横浜・屏風浦) | トップページ | 幻の煮込みで大々満足 … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野) »

五十周年おめでとう! … 酒亭「北国(きたぐに)」(中野)

071109x


 中野駅南口の裏路地にある酒場「北国」。昭和32(1957)年11月の開店し、このたび、めでたく50周年を迎えたのだそうです。

 店内には50周年記念の「八鶴」樽酒が用意され、やってきた常連さんたちに祝い酒がふるまわれます。この店に集う諸先輩方(みなさん、この店に通って数十年という常連さん!)と比べると、まだまだヒヨッコとも言えぬ若輩者ながら、私もその記念の樽酒のご相伴にあずかります。ックゥ~ッ。樽酒のなんとうまいことよ。

「お蔭様にて北国が五十周年を迎えることができました。ありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします」

 冒頭に、そう書かれた記念の写真集には、女将さんの、とっても若い頃の写真もあって、50年の月日を感じさせます。店を手伝っているユミさん(女将さんの姪)も若いなぁ。もっと興味深いのが、常連さんたちの昔の写真。なにしろみんな、若々しい青年の姿なのです!

「この店に通って、もう30年だよ」

 というような常連さんたちの話は、よく伺っていたのですが、こうやってその頃の写真を目の当たりにすると、改めてその歴史に驚かされます。みなさん、こんな若いころから「北国」に通ってたんですねぇ。

 ひと言に50年といいますが、これだけ長い年月、人に愛されて、店を続けていくこと事態が、ものすごいこと。ママさんやユミさんの頑張りもさることながら、通い続ける常連さんも一緒に築き上げた金字塔だと思います。

 ふるまい酒のあとも、板わさ(400円)をつまみに、同じ「八鶴」の燗酒を2本ほどいただいて、約1時間の滞在は、1,700円でした。

 毎年11月10日から、「北国」名物のおでんもはじまります。今年はその日が土曜日なので、12日の月曜日からの開始ですね。これもまた楽しみです。

 この先、60周年、70周年、……と、ますます楽しく過ごせますように!

店情報前回

《平成19(2007)年11月9日(金)の記録》

|

« アラ煮を肴に燗酒2本 … 居酒屋「夕凪(ゆうなぎ)」(横浜・屏風浦) | トップページ | 幻の煮込みで大々満足 … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/17272498

この記事へのトラックバック一覧です: 五十周年おめでとう! … 酒亭「北国(きたぐに)」(中野):

» 金曜だけの、かくや漬 … 酒房「北国(きたぐに)」(中野) [居酒屋礼賛]
「あれ、なんて言うんでしたっけ? 金曜日だけにある、古漬けを刻んだようなの。あれは今日もあるんですか?」 「あぁ。“かくや”のことね。準備はしてないけど、これから作るからいいわよ」  中野駅南口にある、創業50年の酒房「北国」。7席ほどのカウンター席をメインにして、テーブル席と小上がり席が各1卓ずつの小ぢんまりとした店内は、今日もまた、毎日のようにやってくる常連さんたちでにぎわっています。  その... [続きを読む]

受信: 2008.01.06 11:58

« アラ煮を肴に燗酒2本 … 居酒屋「夕凪(ゆうなぎ)」(横浜・屏風浦) | トップページ | 幻の煮込みで大々満足 … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野) »