« 冬は温たかヌクッピー … ホッピーバー「ホッピー仙人(ほっぴーせんにん)」(横浜・桜木町) | トップページ | 怒濤の年末年始特集2 … 「御天」「川名」「竹よし」 »

怒濤の年末年始特集1 … 「秋元屋」「ピュアー」「鳥竹」「満月」「ゴテンズバー」

「鳥竹」の肝なべ


 12月28日・金曜日。今年の仕事も今日まで。会社での納会を終えて、ひとり「秋元屋」です。氷なしホッピー(380円)に煮込み(320円)、お新香(180円)でスタートし、氷なしの黒ホッピー(380円)でレバ生(300円)へ。ツルリツルリといただくレバ生のなんとうまいことよ。最後はガツとテッポウを1本ずつ(各100円)醤油で焼いてもらって、今年の「もつ納め」は、午後9時半から1時間ちょっとで、席料100円も加えて1,860円。

 「秋元屋」からの帰り道に立ち寄った「ピュアー」では、温かいアメリカン・レモネード(580円)で身体を暖めます。ポートワイン+レモンの甘酸っぱさがいいですね。今日のお通し(310円)は2種類のチーズ。特にカニみそのチーズがたまりません。2杯目にはシングルモルトウイスキーのロングジョン(ワンジガー630円)をロックでいただいて、これまた1時間ちょっとの滞在は1,520円でした。

 12月29日・土曜日は飲み仲間たちとの忘年会で渋谷の「鳥竹」です。ここ「鳥竹」での忘年会も今年で3度目。定番となってきました。あらかじめ予約を入れると2時間縛りになってしまうので、今年もまた予約はせずに、午後6時の地下の座敷席オープン時刻に合わせて9人で集結です。

 まずは「鳥竹」ならではの大ぶりの焼き鳥(1本315~368円)や、唐揚げ(840円)などをいただいて、これまた定番の鍋物コースに突入。肝なべ(1,260円)は毎年いただいている一品で、鳥もつの他に、鳥皮もたくさん入っています。すき焼きのように割り下で煮て、溶き玉子に絡めていただくのです。

 鍋の追加は、はじめていただく鳥なべ(1,260円)です。割り下で煮た鳥の身もうまいもんですねぇ。これまた燗酒が進みます。

 最後は雑炊でしめて、3時間の滞在は9人で30,840円(ひとりあたり3,430円ほど)でした。

 渋谷駅で解散し、自宅が近いメンバー3人で向かったのは鷺ノ宮駅近くの大衆酒場「満月」です。ブロッコリー(300円)をもらってサワー(各300円)に燗酒(大600円)などで小一時間。お勘定は2,400円(ひとり800円)。

 「満月」を出て鷺ノ宮駅前からタクシーで、となり駅、下井草近くにある焼酎バー「ゴテンズバー」へ。水で割った状態で寝かしてある芋焼酎を、美人バーテンダー・Rちゃんに黒じょかで燗をつけてもらってチビリチビリで、お勘定は3人で2,800円ほど(ひとり900円強)でした。

071228aa 071228ab 071228ac
「秋元屋」 三冷ホッピー / レバ生 / ガツとテッポウ(醤油)

071228a 071229ta 071229tb
「ピュアー」 / 「鳥竹」 / 焼き鳥いろいろ

071229tc 071229td 071229te
「鳥竹」 唐揚げ / 鳥皮、煮こごり、サラダ / ボンボチなど

071229tf 071229b 071229c
「鳥竹」の燗酒 / 「満月」の燗酒 / 「ゴテンズバー」

・「秋元屋」(前回)/「ピュアー」(前回)/「鳥竹」(前回)/「満月」(前回)/「ゴテンズバー」(前回

《平成19(2007)年12月28日(金)~29日(土)の記録》

|

« 冬は温たかヌクッピー … ホッピーバー「ホッピー仙人(ほっぴーせんにん)」(横浜・桜木町) | トップページ | 怒濤の年末年始特集2 … 「御天」「川名」「竹よし」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/17866289

この記事へのトラックバック一覧です: 怒濤の年末年始特集1 … 「秋元屋」「ピュアー」「鳥竹」「満月」「ゴテンズバー」:

» ブドウ・葡萄・ぶどう … バー「ピュアー(PURE)」(野方) [居酒屋礼賛]
 新橋の「三州屋」のあと、それぞれ牛久方面(東京から見て北東)、船橋方面(南東)、横浜方面(南西)に帰るという、見事なまでにバラバラの地域に住んでいる3人と別れ、ひとりでやって来たのは野方(東京から見て北西)のバー「ピュアー」です。  そろそろ日付けが変わろうかという店内は、この近くにお住まいの大常連ご夫妻と、男性ひとり客の3人が歓談中。私もカウンターの手前側に座り、出されたおしぼりで手を拭いなが... [続きを読む]

受信: 2008.02.24 19:38

» 店主自ら大衆酒場好き … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方) [居酒屋礼賛]
 日曜日は「よじあき」(=土日の開店時刻である午後4時に「秋元屋」に行くこと)の予定だったのですが、自宅を出発するのが遅れてしまい、店に着いたのは午後4時半。「今日はダメかなぁ」と思いつつも、店の入口のところにいる店主に「ひとりです」と申告すると、「じゃ、そこのテーブルに相席で入ってください」と、テラス席左側のテーブルを指し示してくれます。  土日は、15席あるコの字カウンターは開店と同時に、開店... [続きを読む]

受信: 2008.03.09 12:00

» ベジタリアン・ナイト … 居酒屋「満月(まんげつ)」(鷺ノ宮) [居酒屋礼賛]
 西荻窪の「くらのすけ」をあとに、今宵の2軒目は鷺ノ宮の「満月」です。  赤ちょうちんの両側に入口がある「満月」は、元々2軒だった店の間の壁を抜いて1軒にしたのだそうで、両側の入口から入ると、それぞれ元々のお店なりの独立した空間になっているのです。店全体でみると、漢字の「四」のような感じで、「四」の左上の空間、右上の空間にお客が入るのでした。  金曜日の真夜中、ちょうど日付けが変わって土曜日になろ... [続きを読む]

受信: 2008.03.30 07:29

» すずめ焼きで快気祝い … 焼き鳥「鳥竹(とりたけ)」(渋谷) [居酒屋礼賛]
 飲み仲間のここっとさんが階段でころんで軽い記憶喪失になっていたのだそうで、今日はその快気祝いで渋谷の「鳥竹」です。  メンバーは、ここっとさんご夫妻のほか、ワイタベさん、にっきーさん、宇ち中さんと私の6人。 「午後6時に、地下の座敷が開くのと同時に店に入るから、遅れないように!」  という幹事の指示にしたがって、5分ほど前に店に到着してみると、なんとそこにはすでに10人以上の行列が! 昼前から開... [続きを読む]

受信: 2008.11.30 12:10

« 冬は温たかヌクッピー … ホッピーバー「ホッピー仙人(ほっぴーせんにん)」(横浜・桜木町) | トップページ | 怒濤の年末年始特集2 … 「御天」「川名」「竹よし」 »