« 店情報: 居酒屋「鈴傳(すずでん)」(虎ノ門) | トップページ | 店情報: 居酒屋「升本(ますもと)」(虎ノ門) »

ずらりと全員スーツ姿 … 居酒屋「鈴傳(すずでん)」(虎ノ門)

「鈴傳」


 霞ヶ関方面での仕事を終えて、やってきたのは虎ノ門の「鈴傳」です。「鈴傳」と言えば、四ツ谷にある立ち飲みもできる酒屋「鈴傳」がありますが、この虎ノ門「鈴傳」も同じ経営者。昭和31(1956)年に、当時は四ツ谷にあった大蔵省が、霞ヶ関に移転し、その頃の常連さん立ちに請われる形で、「鈴傳」も、ここ虎ノ門の地に居酒屋を開店したのだそうです。

 四ツ谷「鈴傳」では、おいしい地酒を安価に立ち飲みできるお店として知られていますが、ここ虎ノ門「鈴傳」も地酒専門店。入口を入るとすぐ左手に4~5人程度用の小さなカウンター席があるほかは、テーブル席がずらり。ひとり客でも、このテーブル席に入れ込みで案内されるのです。(カウンター席は常連さんたちの席になっているようです。)

 まずは瓶ビール(キリンラガービール小瓶、400円)と肉豆腐(550円)をもらってスタートです。

 肉豆腐は、丸皿の中央に、よく煮込まれた豆腐がどんと置かれ、その上に、同じ鍋で煮込まれた豚肉、竹の子(穂先の部分)、糸ゴンニャクなどの具材がたっぷりと載せられた、おふくろの味的な一品。他にも、ポテトサラダ(300円)、漬物(400円)、冷奴(380円)、鮭ハラス焼(600円)、くさや(650円)、まぐろブツ(600円)などの、東京の酒場での定番メニューが並んでいます。

 土地柄もあるんでしょうが、非常に特徴的なのは、お客さんが全員、スーツ姿であることでしょうか。新橋から虎ノ門あたりにかけては、こんな酒場も多いですよね。

 客層としては圧倒的にサラリーマンのグループ客が多いようですが、ひとり客も普通に混ざっており、年配客、女性客も何人かいます。

 店は、奥の厨房に年配の男女がひとりずつ、ホールは若い男女がひとりずつ、そして入口付近のカウンターのところに男性がひとりの、合計5人で切り盛り中です。

 小ビンのビールで喉も潤ったところで、いよいよ日本酒です。さすがに地酒専門店だけあって、壁には、伯楽星・特別純米、駿・純米、十四代・本丸、飛露喜・特別純米、神亀・活性にごり、開運・純米生酒無濾過などをはじめとして、50種類以上の地酒メニューが、正一合あたり350~700円くらいの値付けでずらりと並んでいます。ホールを担当しているおねえさんに、

「お燗にできるのはどれでしょう?」と確認してみたところ、

「手取川(450円)か満寿泉(350円)のどちらかです」

 という返事で、その手取川(山廃)をいただくことにしました。(後でわかったことですが、他のお酒でも燗をつけてもらうことができるようです。)

 お酒を担当しているのは、入口のカウンターのところにいる店員さん。四ツ谷の「鈴傳」にあるのと同じく、上の口からお酒を注ぐと、下の蛇口から燗酒が出てくるタイプの燗付け器で燗をつけ、そのグラスを持ってきてくれます。グラスいっぱいに、なみなみと入ったお酒をこぼすことなく持ってくるのも、なかなかすごいわざですねぇ。

 つまみに、めざし(350円)を追加すると、目のところを串で刺したまま、4尾並んだ状態で炙られた、懐かしいスタイルのめざしが出てきました。この腹の辺りのほろ苦さが、またいいんですよねぇ。

 1時間ほどの滞在は、1,750円でした。どうもごちそうさま。

071214a 071214b 071214c
肉豆腐 / 手取川(山廃)燗 / めざし

店情報前回

《平成19(2007)年12月14日(金)の記録》

|

« 店情報: 居酒屋「鈴傳(すずでん)」(虎ノ門) | トップページ | 店情報: 居酒屋「升本(ますもと)」(虎ノ門) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/17598605

この記事へのトラックバック一覧です: ずらりと全員スーツ姿 … 居酒屋「鈴傳(すずでん)」(虎ノ門):

« 店情報: 居酒屋「鈴傳(すずでん)」(虎ノ門) | トップページ | 店情報: 居酒屋「升本(ますもと)」(虎ノ門) »