« ふわりふわりと酒場浴 … バー「クライスラー(CHRYSLER)」(横浜・日ノ出町) | トップページ | 地元に戻ってハシゴ酒 … 「ペルル」~「満月」~「御天」 »

焼き台の店主と初会話 … もつ焼き「金ちゃん(きんちゃん)」(練馬)

煮込みとビール


 都内での仕事を終えて、久しぶりにやって来たのは練馬の「金ちゃん」です。

 金曜日、午後5時半(開店30分後)だというのに、店内はすでにほぼ満席状態。それだけ地元の常連さんたちが多いということなんでしょうねぇ。

「ひとりなら、ここに座りな」

 入口すぐ右手にある焼き台で、もつ焼きを焼いている店主が、そのすぐ背後のカウンターの端っこの席を指し示してくれます。そこは、串に刺された生のもつ焼きが入ったバット置き場。そのバットを焼き台の近くに移動させて、空間を作ってくれたのでした。

 やぁ、よかった、よかった。まずは入ることができて、ひと安心です。

 すぐに注文を取りに来てくれる、おかみさんに、瓶ビール(サッポロラガー大、480円)と、煮込み(330円)を注文します。同じ値段(330円)で煮込み豆腐もあって、そちらのほうが人気のようですが、今日は豆腐よりもモツが食べたくて、シンプルに煮込みにしてみたのでした。

 店内は向かいあった2本の平行カウンターのほかに、テーブル席がずらりと並び、全体では50人ほど入れるキャパシティです。基本的には、ひとり客がカウンターに、2人連れ以上のグループ客がテーブルに、それぞれ案内されます。

 煮込みをつつきながら、ビールを飲んでいると、さっきまでいっぱいだった焼き台も空いてきた様子。ここぞとばかりに注文したもつ焼きは、カシラ、ハツ、タンの塩焼きを、それぞれ1本ずつ。ここのもつ焼きは1本なんと80円。それでいて、ボリュームもしっかりとしているのです。

 平行カウンターの向かい側に座っているおじさんが、お新香を注文すると、小皿に盛られた白菜漬が出されます。

『へぇ~。白菜のお新香もあるんだ』

 と思いながら、壁のメニューを確認すると、このお新香がなんと100円。これは注文しなきゃいかんですね。

「燗酒(300円)と、お新香(100円)をお願いします」

 飲み物も合わせて注文します。ここの日本酒は「奥の松」という銘柄。ちなみに焼酎(250円)の銘柄は「源氏」です。

 白菜のお新香の100円は、もつ焼き以外では、この店の最安価メニュー。しかし、これだけが特別安いわけではなくて、冷やっこ、トマト、オニオンスライス、おひたしなどが150円。センマイ、山芋千切り、ワカメ酢、じゃがバターなどが、それぞれ200円。いか塩辛や、もずく、ししゃも、月見とろろ、枝豆などが各250円などと、とにかくいろんな品が安いのです。たとえば、ホッピー(350円)に、お新香(100円)と冷やっこ(150円)を注文したとして、総額で600円ですからねぇ!

 燗酒(300円)をおかわりして、2巡目のもつ焼きとして、レバ、シロ、焼き鳥を、1本ずつ(各80円)、今度やタレで焼いてもらうと、このタレがかなり醤油味が効いたもので、ガツなどにも合いそうです。

 焼き物が一段落したのか、店主もちょいと一服。そこで、「阿佐ヶ谷ホルモン」時代の話を伺ってみることにしました。昔、阿佐ヶ谷駅北口に「阿佐ヶ谷ホルモン」というもつ焼き屋があり、ここ「金ちゃん」の店主や、沼袋「ホルモン」の先代、すでに閉店しましたが鷺ノ宮「鳥芳」の女将などが修業した先として知られているのです。現在の「川名」の常連さんの中にも、「阿佐ヶ谷ホルモン」の常連さんだった人が多いのです。

「学生時代にバイトを始めて、6年くらい働いたかなぁ。そのあと、昭和39(1964)年に、この店を開いたんだよ」

 と店主。沼袋「ホルモン」の先代や、「鳥芳」の女将のことも、「同じ釜のメシを食ったからねぇ」と懐かしそうです。

 とそこへ向こうのお兄さんが、イカとナンコツを注文。なんと、この店にもイカのナンコツがあるのかと、私もイカ、ゲソ、ナンコツ(各80円)を注文すると、出てきたナンコツは、イカのナンコツではなくて、普通に豚の軟骨でした。あらら。私の勘違いだったんですね。残念。

 1時間半ほどの滞在は2,230円でした。どうもごちそうさま。

 それにしても、この店にはじめて来てから、もう6年半。今日、はじめて店主と会話を交わしました。

071221a 071221b 071221c
「金ちゃん」 / カシラ、ハツ、タン(塩) / お新香と燗酒

071221d 071221e 071221f
焼き鳥、レバ、シロ(タレ) / 燗酒おかわり / ナンコツ、ゲソ、イカ(塩)

店情報前回

《平成19(2007)年12月21日(金)の記録》

|

« ふわりふわりと酒場浴 … バー「クライスラー(CHRYSLER)」(横浜・日ノ出町) | トップページ | 地元に戻ってハシゴ酒 … 「ペルル」~「満月」~「御天」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/17695348

この記事へのトラックバック一覧です: 焼き台の店主と初会話 … もつ焼き「金ちゃん(きんちゃん)」(練馬):

» 値段も品ぞろえも不変 … もつ焼き「金ちゃん(きんちゃん)」(練馬) [居酒屋礼賛]
 ゴールデンウィーク中の土曜日。久しぶりにやってきたのは練馬のもつ焼き「金ちゃん」です。店に着いたのは午後6時過ぎ。さぁ、どうだ。入れるかな。  竿(さお)がたわむほど大きなのれんをくぐって、駅から遠い側の、カウンター席しかないほうの入口から店内に入ると、ちょうどカウンターの中央部に2人分くらいの空きがあり、そのひとつに座ります。  店内は焼き台を挟むように、それぞれ10人ずつくらい掛けられる2本... [続きを読む]

受信: 2009.06.21 10:54

« ふわりふわりと酒場浴 … バー「クライスラー(CHRYSLER)」(横浜・日ノ出町) | トップページ | 地元に戻ってハシゴ酒 … 「ペルル」~「満月」~「御天」 »