« 怒濤の年末年始特集1 … 「秋元屋」「ピュアー」「鳥竹」「満月」「ゴテンズバー」 | トップページ | 怒濤の年末年始特集3 … 「川名」「くんちゃん」 »

怒濤の年末年始特集2 … 「御天」「川名」「竹よし」

「川名」の塩辛豆腐


 12月29日・土曜日の4軒目は、地下の「ゴテンズバー」から、地上の「御天」に上がって玉露ハイ(400円)や、甘くないシークワーサーサワー(400円)などをもらって、せん菜炒め(550円)。この1年を振り返ってみても、せん菜炒めには非常にお世話になりました。そもそも、この店以外で「せん菜」を見かけないんですよねぇ。最後はラーメン(680円)で締めます。決め手は、本来トッピング用のものを別皿で出してもらった生ニンニク(50円)。これを3人でシェアしてラーメンに入れるのですが、この少量の生ニンニクが効くこと、効くこと! テーブル上には、おろしニンニクがサービスで置かれているのですが、このおろしニンニクと生ニンニクは、まるで別物といっていいくらい効きが違うのです。満腹になってお勘定は3人で4,600円ほど(ひとり1,500円強)でした。

 12月30日・日曜日。今日、最初に向かったのは年末最終営業日の「川名」です。「川名」は店主のマラソン参加等に合わせて1週間前後の休暇が年に数回あるほかは、年末年始だろうが、お盆だろうが、ゴールデンウイークだろうが無関係に営業をしているのですが、月曜日は定休日。ちょうど明日、大晦日が月曜・定休日なのです。

 「よじかわ」(=開店時刻の午後4時に「川名」に行くこと)で店に到着すると、カウンターの一番入口近くにいるのは、新橋「ぼんそわ」の牢名主とも呼ばれているクマさんです。「今年もお世話になりました」とご挨拶しつつ、ふたりで奥の座敷席へと移ります。今日のお通し(サービス)はパイナップル。私は瓶ビール(サッポロラガー大瓶、504円)からスタートし、つまみには名物・豚煮込み(252円)をいただきます。

 そのビールを飲み切ったところで、和歌山の地酒「黒牛」(462円)に塩辛豆腐(252円)をもらいます。塩辛豆腐は、その名のとおり、冷奴の上にイカの塩辛を載せたもの。日本酒にぴったりのつまみです。

 年内最終営業日ということで、木耳(きくらげ)の入った湯豆腐や、煮こごり(マカロニ添え)なども出してくれて、そうこうしているうちに赤羽の大衆酒場「大久保」の最終営業に行っていたというjirochoさんも到着されて、マーボー春雨です。たっぷりと2時間半の滞在は、それぞれ個別会計で私の分は1,932円でした。

 「川名」を出て、3人でタクシーで向かったのは都立家政の魚料理と天ぷらの店「竹よし」。「竹よし」は、毎年12月29日が年内営業の最終日で、30日が納会なのです。本来、残りものを平らげてしまう会なのに、今日もまた納会用の新しい食材がたっぷり。常連さんたちと、みんなでワイワイと今年の終わりを締めくくったのでした。

071229d 071229e 071229f
「御天」 せん菜炒め / 別皿の生ニンニク / ラーメン

071230a 071230b 071230c
「川名」 豚煮込み / 黒牛と湯豆腐など / マーボー春雨

・「御天」(前回)/「川名」(前回)/「竹よし」(前回

《平成19(2007)年12月29日(土)~30日(日)の記録》

|

« 怒濤の年末年始特集1 … 「秋元屋」「ピュアー」「鳥竹」「満月」「ゴテンズバー」 | トップページ | 怒濤の年末年始特集3 … 「川名」「くんちゃん」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/17873225

この記事へのトラックバック一覧です: 怒濤の年末年始特集2 … 「御天」「川名」「竹よし」:

» 怒濤の年末年始特集3 … 「川名」「くんちゃん」 [居酒屋礼賛]
 1月1日・火曜日。新年明けましておめでとうございます。今年のお正月のお酒は、いただきものの「越乃寒梅・大吟醸」。特撰(吟醸)や別撰(特別本醸造)の「越乃寒梅」は飲んだことがありますが、超特撰(大吟醸)は、これがはじめてです。あくまでもすっきりと軽やかで、非常に飲みやすいお酒でした。さぁ、今年もたくさん飲むぞ!  1月2日・水曜日は、近所に住む酒友・にっきーさんと示し合わせて「よじかわ」(=4時に... [続きを読む]

受信: 2008.02.02 15:23

» 怒濤の年末年始特集4 … 「軼菁飯店」「竹よし」 [居酒屋礼賛]
 1月3日・木曜日は、パソコン通信のフォーラム時代のメンバー3人が集まって、吉祥寺の上海料理や「軼菁飯店」(いじんはんてん)で新年会です。生ビール(330円)の後は、紹興酒(ボトルで2,100円)をもらって、白身魚の醤油煮(780円)や揚げ餃子(320円)、豚耳と胡瓜の和え(400円)などをつまみながら談論風発。私自身は、はじめて来たお店ですが、この店を選んでくれたEさんによると、ここは安くておい... [続きを読む]

受信: 2008.02.02 15:59

» 〔コラム〕 今夜もハシゴ酒 (荻窪・下井草編) [居酒屋礼賛]
 金曜日の帰り道は、ほぼ毎週と言っていいくらいハシゴ酒。普段はどうしても翌日が気になって、深酒しにくいものですが、金曜日だけは例外です。「もしひどい二日酔いになったとしても、土日の休みの間になんとか回復することができそうだ」という安心感もあって、実に楽しく、しかも盛大に飲めるのです。  今日も横浜での仕事を終えて、湘南新宿ラインから中央線を経由して、荻窪へと帰ってきました。今夜はここ荻窪からハシゴ... [続きを読む]

受信: 2008.11.16 11:42

« 怒濤の年末年始特集1 … 「秋元屋」「ピュアー」「鳥竹」「満月」「ゴテンズバー」 | トップページ | 怒濤の年末年始特集3 … 「川名」「くんちゃん」 »