« かぶおろぬきおひたし … 大衆酒場「坂戸屋(さかとや)」(横須賀中央) | トップページ | 冬は温たかヌクッピー … ホッピーバー「ホッピー仙人(ほっぴーせんにん)」(横浜・桜木町) »

ハフハフと手羽唐揚げ … 居酒屋「天国(てんくに)」(横須賀中央)

手羽唐揚


 横須賀での2軒目は、すでに行ったことがあるお店でゆっくりとくつろごうと、「坂戸屋」からも、ほど近いところにある「鳥好」に向かいますが、午後7時前の店内は、店の外から見ただけでそれとわかるほど、お客さんでいっぱい。念のため入口引き戸を開けて見たものの、カウンター内の店主が「ごめん。今、いっぱい」と申しわけなさそうに顔をゆがめます。「また来ます」と軽く手をあげて店を出て、来た道を戻りながら、次の候補の検討です。

 うーん。「鳥好」でホッピーを飲みながら、まず鳥皮みそ煮(1串60円、3串から)をつついて、続いてはササミの天ぷら(350円)、お腹に余裕があれば鳥ももの唐揚げ(450円)か、すなぎもの唐揚げ(400円)でもいってみようか、というプランが心の中でできあがっていたので、なかなか切り換えがむずかしいなぁ。

 そうだ。同じ唐揚げつながりということで「天国」に行ってみよう。「鳥好」の唐揚げは、食べたことはないんだけど、見た目は自由が丘の「とよ田」や、大船の「小山」と同様に、衣をつけずにそのまま揚げる、素揚げっぽい感じでした。こちら「天国」は、衣をつけてあげる普通の唐揚げなのですが、その鶏肉が、素揚げのものと同じくらい大きいのです。

 縦に、うんと長いJ字というか、コの字カウンターの一辺だけが奥に向かってぐんと突き出した感じの店内は、こちらもこの時間帯、お客さんがいっぱい。しかし、J字一番手前の、テレビのすぐ前あたりが空いています。広い店内で、この辺りの席だけが、振り返らないとテレビが見えないので、人気がないようなのです。しかも、この席に座ると、テレビを見ているお客さんたちは、みなさん自分のほうを見ている感じになりますからねぇ。居心地があまりよくないのです。でも、ここしか空いてないんじゃ仕方がない。今日は、この席で飲みましょう。

「なんにしますかー?」

 いかにもアルバイトといった感じの、若い女性が、とっても事務的に注文を取ってくれます。

「手羽唐揚げ。それと、あったかいお酒と、キュウリのお新香ください」

「はい。熱燗(あつかん)ですねー」

 燗酒は、横に置いている燗酒器(一升瓶を逆さに差し込んでいる機械)から、ジャーッと注ぐタイプで、お酒の銘柄は「百万石」。徳利1本が300円です。

 鶏の唐揚げには、手羽唐揚げと、もも肉唐揚げの2種類があって、どちらも570円。個人的には軟骨なども多くて、いろんな食感が楽しめる手羽のほうが好きなんですよねぇ。

 その唐揚げは、肉が大きいこともあって、できあがるのに時間がかかります。それをお新香と燗酒で待とうという考えです。お新香は180円で、キュウリかナス、カブが選べます。キュウリ、ナスなら丸1本、カブも丸1個を切ってくれるのが嬉しいですね。

 そのキュウリのお新香をポリポリ、燗酒をチビチビとやりながらメニューを確認していると、地酒のところにある「八海山」がなんと400円。おそらく6~7勺くらいの量なんでしょうが、それでもこの普通の燗酒1合が300円であるのと比べると安いかもなぁ。

 できあがった手羽唐揚げを持って来てくれたおねえさんに、さっそく確認してみます。

「すみません。この八海山も燗酒にできるんですか?」

「ちょっと待ってください。聞いてきます」

 と店の奥に向かったおねえさん、しばらくして帰ってくると、

「できるけど、(横の燗付け器を指差しながら)この機械は使えないので、昔みたいにお湯で温めないといけなくて、少し時間がかかるそうです」

 なんと! もちろん、そうやって湯煎で燗をつけてもらったほうが、いいに決まってる。

「時間がかかってもいいですから、八海山を燗でお願いします」

 できたて熱々の手羽唐揚げをハフハフとほお張っているところへ、八海山の燗酒も出てきました。先ほどと同じく1合の徳利。レシートには「酒」(300円)のところと、「八海山」(400円)のところの両方にチェックが付けられます。なるほど、この燗酒1合で700円ってことなんですね。

 どうしても齧りきれない大きな骨だけをのぞいて、骨までバリバリといただいて、最後の仕上げに燗酒をグビリ。あぁ、こういう日本酒ばかりだといいのになぁ。

 目の前にあるレシートには「サ」という項目があって、あらかじめ100円となっています。お通しは出ないお店なので、この100円はサービス料、もしくは席料といったところなんでしょうね。

 1時間ちょっとの滞在は、1,850円でした。

071226d 071226e 071226f
満員だった「鳥好」 / 「天国」 / お新香と燗酒

店情報前回

《平成19(2007)年12月26日(水)の記録》

|

« かぶおろぬきおひたし … 大衆酒場「坂戸屋(さかとや)」(横須賀中央) | トップページ | 冬は温たかヌクッピー … ホッピーバー「ホッピー仙人(ほっぴーせんにん)」(横浜・桜木町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/17809873

この記事へのトラックバック一覧です: ハフハフと手羽唐揚げ … 居酒屋「天国(てんくに)」(横須賀中央):

» これが名物、手羽唐揚 … 大衆酒場「天国(てんくに)」(横須賀中央) [居酒屋礼賛]
 横須賀「天国(てんくに)」の名物は「手羽の唐揚」(570円)。  メニューには「鶏もも唐揚」(570円)もあるんだけど、「手羽の唐揚」のほうに『名物』という表記が付いています。  そして今日も、その「手羽の唐揚」と、氷入りのホッピー(420円)を注文。  この店に来るのは3回目ですが、毎回、必ず「手羽の唐揚」を注文しているのでした。  前回来たのは、平成19(2007)年のこと。今から6年も前で... [続きを読む]

受信: 2013.10.01 23:59

« かぶおろぬきおひたし … 大衆酒場「坂戸屋(さかとや)」(横須賀中央) | トップページ | 冬は温たかヌクッピー … ホッピーバー「ホッピー仙人(ほっぴーせんにん)」(横浜・桜木町) »