« ほろ苦、くわい唐揚げ … 大衆割烹「ほ里乃家(ほりのや)」(鷺ノ宮) | トップページ | 豚ぷらつまみに一級酒 … 大衆酒場「佐原屋(さわらや)」(御徒町) »

寒ブリづくしの夕食会 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政)

ブリしゃぶ


 毎月、第二土曜日は、近所の魚料理屋「竹よし」の夕食会の日。予約制・会費制(飲物込みで5千円)で、月々のテーマ食材が楽しめるのです。

 今年第1回目、通算第72回目となる今回のテーマは「日本海の寒ブリ」。京都・舞鶴港近くで獲れた7.2キロの寒ブリが手に入ったのだそうです。ちなみに寒ブリというのは、冬場(11~1月ごろ)に日本海沿岸で獲れた天然物のブリのことを言います。通常は沖合いにいるブリが、この時期は時化(しけ)を避けるために沿岸に近づいて来るんだそうです。

 ブリは、もともと脂の多い魚なのですが、北海道・東北方面でたくさんの餌を食べてきた寒ブリとなると、ぷっくりと太って、脂も、のりのり状態。刺身を醤油皿に浸けると、醤油の表面を、サッとアブラの膜が走るほどの脂ののりです。

 今日は、ブリの刺身ももちろんですが、これをブリしゃぶでもいただきます。その脂の多さから、鮮度のいいものでないと、シャブシャブにすると身が崩れてしまうんだそうです。クラクラと煮立ったお湯に、ブリの切り身をちょいと浸すと、美しいピンクだった身の表面が、パッと白く変わります。これを紅葉おろしの入ったポン酢醤油でいただくと、刺身よりもさっぱりとした食感が味わえる上に、ちょっと温められたことで、よりブリの旨味を感じやすくなって、もう箸が止まりません。

 お酒はもちろん日本酒。「酔鯨・純米吟醸」や「吉田蔵・大吟醸」などを、燗をつけてもらっていただきます。

 生(刺身)や、サッと火を通した(シャブシャブ)ブリもさることながら、きっちりと調理したブリ大根や、ブリ照り焼きも、さすがは定番の美味しさ。特に今日のブリは、照り焼きが爆発的にうまいのです!

 他にもブリなますや、赤ナマコ(酢の物)などで、燗酒をいただきながら、参加者のみさなんの自己紹介などで盛り上がっているうちに、気がつくともう午後9時過ぎ。今回もまた、たっぷりと4時間を越える夕食会でした。

 次回夕食会は2月9日(土)17:00からの予定です。

080112a 080112b 080112c
第72回夕食会 / ブリ大根の大鍋 / 生野菜(玉ねぎ、ミョウガ、鰹節)

080112d 080112e 080112f
ブリ刺身 / ブリなます / 赤ナマコ(酢の物)

080112g 080112h 080112i
ブリ大根 / ブリ照り焼き / ブリしゃぶ

店情報前回

《平成20(2008)年1月12日(土)の記録》

|

« ほろ苦、くわい唐揚げ … 大衆割烹「ほ里乃家(ほりのや)」(鷺ノ宮) | トップページ | 豚ぷらつまみに一級酒 … 大衆酒場「佐原屋(さわらや)」(御徒町) »

コメント

先日はどうもでした。
「照り焼きが爆発的にうまい」は全く同感です。私もこの日のNo.1は照り焼きだったような気がします。

投稿: 炎嵐 | 2008.02.05 00:38

>炎嵐さま
 コメントありがとうございます。ほろりと崩れる身のやわらかさに、噛みしめるとジュワッと広がるブリの脂。本当に最高の照り焼きでした。火の通り具合がちょうど良かったこともあるんでしょうねぇ。あぁ、もう一度食べたい。

投稿: hamada | 2008.02.11 15:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/17933911

この記事へのトラックバック一覧です: 寒ブリづくしの夕食会 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政):

» 一人、一人と集まって … 「竹よし」(都立家政)~「さぬき亭」(野方) [居酒屋礼賛]
 「秋元屋」をあとに、トコトコと1駅分(約10分ほど)歩いて「竹よし」にやってきました。日曜日は、夕食の前(午後4~6時ごろ)に自宅近くの酒場で軽く飲んでから、家族での夕食に臨むことが多いのですが、今日は日曜日ながら三連休の中日(なかび)。明日も休みなので、腰を据えて飲むことができるのです。  同じような考えの人も多いのか、午後6時過ぎの「竹よし」店内は、左手に2卓あるテーブル席は空いているものの... [続きを読む]

受信: 2008.03.09 12:03

« ほろ苦、くわい唐揚げ … 大衆割烹「ほ里乃家(ほりのや)」(鷺ノ宮) | トップページ | 豚ぷらつまみに一級酒 … 大衆酒場「佐原屋(さわらや)」(御徒町) »