« 店情報: 大衆酒場「金盃 森井本店(きんぱい もりいほんてん)」(神戸・三宮) | トップページ | 今日は2階でミニ宴会 … 大衆酒場「金盃 森井本店(きんぱい もりいほんてん)」(神戸・三宮) »

太田さんの放浪原点? … 大衆酒場「金盃 森井本店(きんぱい もりいほんてん)」(神戸・三宮)

生ずし盛合せ


 「八島 東店」を出て、目の前の道路の向かい側にあるのが、太田和彦(おおた・かずひこ)さんが「私がこの『ニッポン居酒屋放浪記』で最初に書き、日本中の居酒屋を歩いてみようと思うきっかけになった店だ」と書かれている大衆酒場、「金盃 森井本店」です。

 白いのれんの右端に、「良心的な大衆酒場」と自分で書いてるのがおもしろいなぁ。こういう風に自己申告されると、なんだか胡散(うさん)臭く感じるお店もあるのですが、この店の場合、そののれんの上に木の地肌に、金色の文字で「森井本店」と(右から左へと)書かれた、歴史を感じさせる扁額(へんがく)がデーンと掲げられているので、「うーむ。昔から良心的だったに違いない」なんて、妙に納得させられるところがあります。良心的な商売を続けてこなければ、長く生き残る店にはなりませんもんね。

 入口引き戸を開けて店内に入ると、L字カウンターの店内には、先客は3組6人ほど。それぞれが二人連れというのも、正しいカウンター席の使い方ですね。後で聞いたところでは2階にテーブル席と座敷席があり、多人数のグループは最初から2階へ上がるんだそうです。

 店名のとおり、ここはもともとは灘(なだ)の金盃酒造の宣伝酒場だそうですので、カウンターのまん中あたりに座って、まずはその金盃(1合290円)を燗酒でいただくと、お通し(250円)にはキンピラが出されます。

 大正7(1918)年創業というこのお店は、今年で創業90年。ただし、みなさんもご存知のとおり、この辺りは平成7(1995)年1月17日の震災で大きな打撃を受け、「金盃 森井本店」も建て替えを余儀なくされたのだそうです。だから、昔の店から引き継いだ扁額や、店内の絵などからは、老舗の様子が伺えるのですが、それ以外は新しい、今風のお店になっているのでした。昭和20(1945)年にも、一度建て替えているそうなので、この新しいお店も、これからの歳月を重ねることによって、また老舗らしさが出てくることでしょう。

 さて料理。関西の酒場に来ると、忘れてはならないのが“生(き)ずし”です。関東風に言うとシメサバなんですが、生ずしの場合はサバだけじゃなくて、他の魚も〆るようです。この店のメニューに載っているのは、サバの生ずし(530円)と、タイの生ずし(630円)、それとその両者を盛り合わせた生ずし盛合せ(680円)です。明石(あかし)の鯛も有名なので、ここはひとつ盛り合わせでいってみますか。

 横長いお皿に、左はタイ、右はサバと盛り付けられた生ずしは、見た目もとても美しい。刺身を食べるのと同じように、一切れとってワサビをつけ、醤油でいただきます。サバのほうは普通のシメサバと同じ感じですが、タイは皮もついたままなのが珍しい。刺身の松皮造りともまた違った食感が楽しめます。

 メニューを眺めながら飲んでいると、この店にも「玉ひも」というのが載っています。先ほどの「八島 東店」のメニューにも「玉ひも」とあって、『なんだろうなぁ?』と思ってたのでした。

「玉ひもって、どんな料理なんですか?」

 さっそくカウンター内の店主らしき男性に確認してみると、

「鶏の玉子なんですけど、まだ体の中にある状態のもの、つまり体内卵と、そのまわりのモツの部分なんですよ」

 と言いながら、大きな器に盛られた玉ひもを見せてくれます。ほぉほぉ。こりゃ、内臓好きは絶対たのまないといけない一品でしょう。さっそく一人前お願いすると、

「煮たの(320円)と、串に刺して焼いたの(2本350円)がありますが、この煮たのでいいですか?」

 と店主。さっき見せてもらった煮たのをいただきますか。

玉ひも うちの親戚に養鶏場をやっている家があったこともあって、体内卵をはじめとする鶏モツは子供のころから慣れ親しんだ味で、今でも大好物。それが神戸で「玉ひも」と呼ばれているとは知らなかったなぁ。関西地方では、比較的一般的な呼び方なんでしょうか。

 東京の酒場にもこの「玉ひも」みたいなのがあるといいんだけど、あまりお目にかかったことがないんですよねぇ。荻窪タウンセブンの地下の鶏肉屋さんで、お惣菜として売ってるので、それを買って帰って、わが家でつまみにするくらいです。

 燗酒をもう1合(290円)もらって、2時間ほどの滞在は1,830円でした。どうもごちそうさま。

店情報

《平成20(2008)年2月27日(水)の記録》

|

« 店情報: 大衆酒場「金盃 森井本店(きんぱい もりいほんてん)」(神戸・三宮) | トップページ | 今日は2階でミニ宴会 … 大衆酒場「金盃 森井本店(きんぱい もりいほんてん)」(神戸・三宮) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/40556173

この記事へのトラックバック一覧です: 太田さんの放浪原点? … 大衆酒場「金盃 森井本店(きんぱい もりいほんてん)」(神戸・三宮):

» 今日は2階でミニ宴会 … 大衆酒場「金盃 森井本店(きんぱい もりいほんてん)」(神戸・三宮) [居酒屋礼賛]
「みんな(8人)で飲みに行けるところ、どっか知らないかな?」  うーむ。神戸でそう聞かれてもなぁ。待てよ。そういえば昨日行った「金盃」の2階にテーブル席や座敷席があるって言ってたな。みんなで「金盃」に行ってみますか。  そんなわけで、神戸での初日の仕事を終えて、今日は仕事仲間たちとみんなで「金盃」です。 「こんばんは」と店に入ると、店主が「いらっしゃい。お2階へどうぞ」と笑顔で迎えてくれます。大人... [続きを読む]

受信: 2008.03.23 10:10

« 店情報: 大衆酒場「金盃 森井本店(きんぱい もりいほんてん)」(神戸・三宮) | トップページ | 今日は2階でミニ宴会 … 大衆酒場「金盃 森井本店(きんぱい もりいほんてん)」(神戸・三宮) »