« そ、それは私なんです … おでん「米久(よねきゅう)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | 店情報: 家庭料理「和(かず)」(新橋) »

料理全品300円均一 … 大衆酒場「大露路(おおろじ)」(新橋)

ハムフライ


 都内での仕事が早めに終わったものの、職場(横浜)まで帰れるほど早くもなく、仕方なく(?)同行者たちと4人で新橋です。

「新橋に、よく行ってるお店があるんですよ」

 と連れて行ってくれたのは、新橋駅前、ニュー新橋ビルの地下にある魚と家庭料理の店、「和(かず)」。ところがっ! まだ午後5時前であるにもかかわらず、「和」の店内はスーツ姿のサラリーマンたちで満席で、しかもみなさん、すでにけっこう出来上がっていらっしゃる。この店、朝の9時半から年中無休でやってるそうですからねぇ。さすが新橋です。

「このすぐ近くに行ってみたいお店があるので、まずそちらに行ってみませんか?」

 そうみんなに提案して向かったのは、新橋駅西口の酒場がひしめく横丁内にある「大露路」です。ここには、実はこれまで3度くらいやって来ているのですが、いつも満員で入れたことがないのです。午後4時開店の「大露路」なので、午後5時前のこの時間帯なら、まだ大丈夫じゃないかな。

「こんにちは。4人です」

「いらっしゃいませ。どうぞどうぞ」

 と迎えてくれる店内は、先客はなし。やったーっ! はじめて入ることができた「大露路」は、口開けのお客となりました。

 まずは瓶ビール(キリンラガー大瓶、550円)をもらって乾杯。お通しにはモヤシのナムルっぽいのが出されます。

「ここは、料理は全品300円均一なので、好きなのを何品かもらいましょう。私は名物のハムフライをお願いします」

 と口火を切ると、みんなもそれぞれ鯨ベーコンや、なす油ミソ、ポテトサラダなどを注文します。鯨ベーコンも300円というのは驚きですね。

 ハムフライは、分厚い丸いハム2枚に衣をつけてカツにしたものですが、このハムが、1枚、2枚と数えるには単位が間違っているんじゃないかと思うほど分厚く切られていて、ボリューム満点。それを食べやすいように4等分に切り分けて、ウスターソースがかけられ、横には練り辛子が添えられています。

 店内はテーブル席のみで、左手に8人掛けが2卓、右手に6人掛けが2卓並び、奥のカウンターのところでも2~3人なら立ち飲み可で、合わせて30人ほどのキャパシティ。これを女性ふたり(ひとりは厨房、ひとりはホール)で切り盛りしています。

 しばらくビールを飲んだ後は、焼酎のお湯割り(300円)や酎ハイ(300円)など、それぞれ自分の好きな飲物に切りかえます。私も燗酒(300円)に切り替えると、ヤカンからとくとくとグラスに注いでくれる燗酒は、広島(呉)の「千福」です。

 5時半頃になると、だんだんと人が入ってきて、あっという間に店内は満席模様。

 料理のほうも、ギンナンや、シシャモ子を追加。軽く炙ったシシャモ子を、七味唐辛子をたっぷりとかけたマヨネーズ醤油でいただくと、お酒が進むこと進むこと。

 2時間半ほどの滞在は4人で7,600円(ひとりあたり1,900円)でした。どうもごちそうさま。

店情報前回

《平成20(2008)年2月14日(木)の記録》

|

« そ、それは私なんです … おでん「米久(よねきゅう)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | 店情報: 家庭料理「和(かず)」(新橋) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/40435796

この記事へのトラックバック一覧です: 料理全品300円均一 … 大衆酒場「大露路(おおろじ)」(新橋):

» 300円均一の人気店 … 大衆酒場「大露路(おおろじ)」(新橋) [居酒屋礼賛]
 都内での仕事を終えて、新橋の「大露路」にやってきました。ここはビール以外は食べ物も、飲み物もすべて300円均一であることが人気の大衆酒場。新橋で、この安さで飲める店は、立ち飲み以外には知りません。  午後5時を回ったばかりの時刻なのに、店内に4つあるテーブルのすべてにお客さんが座っていて、すでにワイワイと楽しげな酒場の雰囲気ができあがっています。 「おひとり? こちらにどうぞ」  女将さんらしき... [続きを読む]

受信: 2008.11.02 10:54

« そ、それは私なんです … おでん「米久(よねきゅう)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | 店情報: 家庭料理「和(かず)」(新橋) »