« 店主自ら大衆酒場好き … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方) | トップページ | そ、それは私なんです … おでん「米久(よねきゅう)」(阿佐ヶ谷) »

一人、一人と集まって … 「竹よし」(都立家政)~「さぬき亭」(野方)

「さぬき亭」の焼きうどん


 「秋元屋」をあとに、トコトコと1駅分(約10分ほど)歩いて「竹よし」にやってきました。日曜日は、夕食の前(午後4~6時ごろ)に自宅近くの酒場で軽く飲んでから、家族での夕食に臨むことが多いのですが、今日は日曜日ながら三連休の中日(なかび)。明日も休みなので、腰を据えて飲むことができるのです。

 同じような考えの人も多いのか、午後6時過ぎの「竹よし」店内は、左手に2卓あるテーブル席は空いているものの、右手の6~7席分ほどのカウンターには、すでに5人の先客がいる状況です。

 空いているカウンターのまん中の席に座り、まずは燗酒(菊正宗、350円)をもらうと、今日のお通し(200円)は刻んだ野菜が入った具入り玉子焼です。

 1軒目として「竹よし」にやってくると、肴(さかな)は刺身からスタートすることが多いのですが、今日はすでに「秋元屋」で煮込みやもつ焼きをつまんできての2軒目。いきなり、コッテリ系でも大丈夫かな。

 そんなことを思いながらメニューを眺めていると、先客のひとりから天ぷら盛り合せ(1,000円)の注文が入ります。ふむふむ。久しぶりに天ぷらもいいですねぇ。油を温めたついでに、私も天ぷらをいただきますか。

「私は、山菜天ぷらの盛り合せをお願いします」

 山菜天ぷら盛り合せ(700円)は、たらの芽、ふきのとう、こごみ、うるいの4種を盛り合せたもの。この季節ならではの天ぷらですね。

 天ぷらを待っているところへ、ガラリと引き戸が開いて入ってきたのは、なんとjirocho親分ではありませんか。カウンターは私を含めて6人で、すでに緩やかに満席状態なので、jirochoさんは後ろのテーブル席に座り、私もテーブル席に移動しようとしたところへ、またまたガラリと引き戸が開いて、やってきたのは腹黒屋さんです。

 うーむ。打ち合わせたわけでもないのに、それぞれひとり客としてやってきて、店の中で合流するというのがおもしろいですねぇ。

 しかしながら、この合流は偶然とは言えないかもしれません。実は昨日、土曜日が「竹よし」の夕食会の日。今月の夕食会のテーマはスッポンで、スッポン鍋や雑炊に舌鼓を打ったのだそうです。その食材が残っているかもしれないという期待感で、私も含めて、みんなが続々とやって来た、というのがこの合流の舞台裏なのです。

 残念ながら、スッポンは夕食会の中で完食だったのだそうで残っていませんでしたが、サブの食材として出された活ジメのスズキは、少しだけなら残っているのだそうです。

「それじゃ、そのスズキの刺身(650円)をください」

「こっちは、スズキのカマ焼き」

 そうこうしているうちに、Hさんご夫妻もやって来て、テーブル席あたりはちょっとした宴会状態です。

 こうなると、そのまま終わるはずもなく、午後10時半頃にお勘定を済ませ(私の分は3,700円)、野方の手打ちうどん酒房「さぬき亭」へと流れます。

 最後のシメも兼ねて、つまみには焼きうどん(650円)をもらって、みんな(4人)で湯割りの芋焼酎です。

 jirochoさんも、腹黒屋さんも、Hさんも、それぞれ独り呑みも得意な酒場好きなので、いろんなお店に行かれています。なにしろ呑ん兵衛同士の口コミ情報ほど正しい情報はありませんので、こういう機会は重要ですよねぇ。

 日付けが変わるころまで、ゆっくりと楽しんでお勘定は4人で6,200円(ひとり1,550円)でした。どうもごちそうさま。

・「竹よし」の店情報前回) / 「さぬき亭」の店情報前回

《平成20(2008)年2月10日(日)の記録》

|

« 店主自ら大衆酒場好き … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方) | トップページ | そ、それは私なんです … おでん「米久(よねきゅう)」(阿佐ヶ谷) »

コメント

今日(もう昨日ですけど)竹よしでちょうど皆さんが日曜に偶然集まったってお話をマスターからお聞きしました。タイムリーな日記にちょっと嬉しくなってコメント書いちゃいました。sun

投稿: 炎嵐 | 2008.03.08 00:57

>炎嵐さま
 昨日(3/8土)が今月の食事会だったんですね。
 食事会の翌日の今日(3/9日)もまた、みなさん集まるのかなぁ。。(^^)

投稿: hamada | 2008.03.09 14:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/40371298

この記事へのトラックバック一覧です: 一人、一人と集まって … 「竹よし」(都立家政)~「さぬき亭」(野方):

» 開店第1号のお客さま … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) [居酒屋礼賛]
 日曜日、夕食前のちょい飲み散歩は「竹よし」です。午後5時をちょっと回ったところで店に到着すると、右手カウンター席(6~7名分)の一番奥で、すでに大常連のTさんが飲み始めています。私もそのすぐ手前の席に腰をおろし、いつものように瓶ビール(アサヒスーパードライ中瓶、500円)からスタートすると、お通し(200円)には数の子(カツオ節と和えて、三つ葉をのせたもの)が出されます。  「竹よし」は、昨日、... [続きを読む]

受信: 2008.04.05 21:08

» 近所の酒場をハシゴ酒(4) … 「路傍」「アルフォンソ」「さぬき亭」 [居酒屋礼賛]
4軒目:樽酒「路傍(ろぼう)」(中野)  「川二郎」を出て路地を抜けると、その角にあるのが樽酒の「路傍」です。「石松」への行きがけ(午後8時半頃)にもちょいとのぞいてみたのですが、そのときは店内がいっぱいで入れなかったのでした。10時過ぎのこの時間帯は大丈夫。先客はJ字カウンターの手前側にふたりです。  そのふたりの左側、ちょうどJ字に曲がった先端のあたりに腰を下ろすと、ちょうど目の前が小さな炉。... [続きを読む]

受信: 2008.09.07 08:17

« 店主自ら大衆酒場好き … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方) | トップページ | そ、それは私なんです … おでん「米久(よねきゅう)」(阿佐ヶ谷) »