« 今日は2階でミニ宴会 … 大衆酒場「金盃 森井本店(きんぱい もりいほんてん)」(神戸・三宮) | トップページ | 店情報: やきとり「いづ屋(いづや)」(横浜・上大岡) »

帰省して、瀬戸のメバルに舌鼓

メバルの煮付け


 せっかく神戸までやって来たので、週末はちょいと足を伸ばして愛媛に帰省です。今回は広島、神戸の順に出張に来ましたので、愛媛に向かうには少し後戻りすることになっちゃいますが、東京から帰省することを考えると近いもんです。逆順(神戸、広島の順)だと、もっと帰省しやすかったのですが、いたしかたありませんよねぇ。

 今回は、火曜日以降、ずっとホテル暮らしだったし、ゆっくりできるのが1日(土曜日)だけしかないこともあって、どこにも出かけず、実家でのーんびりとくつろぐことにしました。

 父母が用意してくれてたお酒は、地元、雪雀酒造の純米吟醸酒「風恋(ふうれん)」。これを燗酒でいただきます。

 この燗酒に合わせていただいた、瀬戸内海の海の幸をダイジェストでご紹介します。

 メバルの煮付け。メバルは春告魚とも表記されるほど、春を代表する魚のひとつです。こちらでは薄口醤油で味をつけるので、魚そのものの色がよりわかりやすいですね。「2尾も食べられないよ」と言いながら食べ始めたのですが、結果的にはペロリと2尾でした。

 ヒラメ。わが家の魚はいつも、手押し車でやってくる行商のおばちゃんから買うのですが、そのおばちゃんが「今日は、ええヒラメが入っとるよ」と進めてくれた逸品だったのだそうです。その半身分をまず刺身としていただくと、素晴らしい身の弾力感がうれしいですねぇ。残りの半身は、鯛めしならぬ、平目めしとして、炊き込みご飯でいただきます。

080301a 080301b 080301c
ヒラメ刺身 / ヒラメめし / 焼き穴子

 穴子もまた、子供のころからよく食べていた、このあたりの味のひとつ。対岸の広島(宮島)の穴子ごはんが有名ですが、こちらの穴子も負けてません。正月のお雑煮のダシも、干した穴子でとるくらい、このあたりでは身近な食材のひとつなのです。中骨もカリッと焼いて、骨せんべいとしていただきます。

 タコも瀬戸内海ならではの味のひとつ。小さいタコ(イイダコ)を、さっと茹でて、酢みそをちょっと付けて食べるというシンプルな食べ方なのに、箸が止まらなくなるほど進んでしまうのです。頭の中に入ってる卵がまた美味しいんですよねぇ。プリッと丸い袋の中に、まるで米粒のような卵がぎっしりと詰まっています。これがご飯にも似ているから、飯(いい)ダコと呼ばれるんですね。

080301d 080301e 080301f
茹でダコ / タコの天ぷら / タコのおでん

 タコは天ぷらとしてもいただきます。比較的大きめにカットしたものを、そのまま天ぷらにすることもあるのですが、今回は茹でたイイダコを小さく切ったものを、かき揚げにしてくれました。添えられているのはゴボウのかき揚げと、アスパラのかき揚げ。野菜はすべて、裏庭の菜園で取れ立てのもので、これがまた甘みがあっていいですねぇ。

 山のようにあったタコは、これでもまだ食べきれず、最後はおでんとしていただきます。おでんの具としてタコ(イイダコ)が入っているのも、このあたりでは割りと当たり前の光景です。

 あ。念のために書き添えておきますが、これらすべてを1食で食べたわけではなくて、帰省した金曜日の夜から、実家を出発する日曜日の朝食まで、都合5回の食事でいただいたものです。

 「風恋」は、すべての食事のお伴としていただいて、きっちりと飲みきって自宅をあとにしたのでした。あぁ、美味しかった。

前回

《平成20(2008)年3月1日(土)の記録》

|

« 今日は2階でミニ宴会 … 大衆酒場「金盃 森井本店(きんぱい もりいほんてん)」(神戸・三宮) | トップページ | 店情報: やきとり「いづ屋(いづや)」(横浜・上大岡) »

コメント

メバル 穴子 タコと瀬戸内海の幸満載ですねー
実家に帰りたくなりました。

投稿: ゆう | 2008.03.24 14:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/40606341

この記事へのトラックバック一覧です: 帰省して、瀬戸のメバルに舌鼓:

« 今日は2階でミニ宴会 … 大衆酒場「金盃 森井本店(きんぱい もりいほんてん)」(神戸・三宮) | トップページ | 店情報: やきとり「いづ屋(いづや)」(横浜・上大岡) »