« 上へ上へと持ちあげて … 鳥料理「鳥房(とりふさ)」(立石) | トップページ | 都内屈指の立ち飲み屋 … 割烹くずし「徳多和良(とくだわら)」(北千住) »

ハワイアンな大衆酒場 … 炭火焼「モアナ(Moana)」(関屋)

モアナ


 立石の「鳥房」を出て、タクシーでやってきたのは京成・関屋駅と東武・牛田駅にはさまれたところにある「モアナ」です。モアナ(Moana)というのはハワイの地名で、「海」という意味の言葉でもあるんだそうです。そんな名前を店名にした「モアナ」も、外観はすっかりハワイアン。我われのようなオッチャンが入ってもいいの、って感じなのです。

 ところが、中に入ってメニューを見ると、空気は一変。ホッピーや、下町ハイボールなどの飲み物をはじめ、レバー焼き、タン焼き、タンモト焼き、ハツ焼き、カシラ焼き、ハラミ焼き、ナンコツ焼き、和牛シビレ焼き、和牛シロモツ焼きなどの炭火焼類、さらにはレバ刺し、タン刺し、ハツ刺し、テッポウ刺しといった刺身類や、和牛モツ煮込み、和牛スジ煮込み、和牛スジ煮コゴリといった、もつ好き垂涎のメニューが、それぞれ300~400円くらいでずらりと並んでいるのです。

 まずはホッピー(400円)を注文すると、キンキンに冷えたジョッキにキンミヤ焼酎を入れ、まっさかさまにして注がれる瓶入りホッピー。これが“モアナ風ホッピー”と呼ばれる独特の作り方です。しかも2ジョッキ並べて片手で作るのが面白いですねぇ。

 実は「モアナ」の店主(マスター)は、かつてフレアと呼ばれる、まるでジャグリングをするかのようなやり方でカクテルを作るバーテンダーだったんだそうで、2瓶のホッピーを逆さにしてカクテルを作るくらいはお手のものなのです。その場でクルクルと空き瓶を回して見せてくれます。なるほど、だからカクテル系の飲み物も多いんですね!

 料理のほうは、カレーキャベツ(400円)にSPAM焼き(300円)、ミミガーのピリ辛醤油(300円)と、「酔わせて下町」のFさんおすすめの品々が並びます。

 ユニークなのはカレーキャベツ。これは、お皿にザク切りのキャベツを盛り、その上にカレーをかけたもので、文字どおりカレーライスのライスの代わりがキャベツになったものなのです。カレーそのものが美味しいということもあるんでしょうが、「鳥房」の唐揚げで満腹なはずなのに、このカレーキャベツが進むこと進むこと!

 前にきたとき(2年ほど前)は、もっと小さいお店だったのにと思っていたら、実はこの店、その後、前の店のとなりの店を買い取って、そちらに移ったので大きくなったんだそうです。後継者難などで閉店を余儀なくされる酒場もあるなか、こうやって店が大きくなったり、新たに開店したりする酒場があるのはうれしいですね。

モアナ風ハワイアンチチ 飲み物も、奇跡のフルーツ・カムカムソーダ割り(400円)や、Fさんおすすめのモアナ風ハワイアンチチ(500円)などをいただいていると、「これも食べてみて」と店主が出してくれたのは、お皿にのった大きな羊羹(ようかん)のようなもの。これは和牛スジ煮コゴリ(一人前は300円)なんだそうです。

「それじゃ、これも食べてみて!」

 と、その和牛スジ煮コゴリに負けじとFさんが追加注文したのは「丸ごと酢イカ」(150円)。文字どおり丸ごとの酢イカが串に刺さっていて、エイヤッと食いちぎりながらいただきます。

 まだまだおすすめの品がたくさんあるというなか、本日最後にいただいたのは「カレー白モツ」(500円)です。長円形のお皿の片側に炒めたて熱々の白モツ炒めが盛られ、中央にはたっぷりと刻みネギ、そしてもう片側にはカレーがつがれていて、3色がくっきりと分かれています。これをグリグリとかき回して、まんべんなく混ざり合ったところでいただくと、プリッとしたモツ炒めの食感と、カレーのスパイシーさが一度に口の中に飛び込んできます。うーん。もつカレー煮込みのような味を想像してたのですが、もつ、ネギ、カレー、それぞれの味わいがしっかりしていて鮮烈ですねぇ!

「ちょっとずつだけど、最後に飲んでいって」

 と店主が出してくれたのはモアナ・スープ(一人前は200円)は、これだけでも酒の肴(さかな)になりそうな一品です。

 すでに満腹のはずなのに、またまたたっぷりと飲んで食べて、お勘定は5人で7千円(ひとり1,400円)ほどでした。どうもごちそうさま!

080419a3 080419b3 080419c3
カレーキャベツ / 丸ごと酢イカ / カレー白モツ

店情報前回

《平成20(2008)年4月19日(土)の記録》

|

« 上へ上へと持ちあげて … 鳥料理「鳥房(とりふさ)」(立石) | トップページ | 都内屈指の立ち飲み屋 … 割烹くずし「徳多和良(とくだわら)」(北千住) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/41273431

この記事へのトラックバック一覧です: ハワイアンな大衆酒場 … 炭火焼「モアナ(Moana)」(関屋):

» 絶品、カレー白もつ焼 … 炭火焼き「モアナ(MOANA)」(京成関屋) [居酒屋礼賛]
 京成立石の「江戸っ子」を出て、「4人だからタクシーで行こう!」とビューンと向かった先は、ハワイアンなモツの店、「モアナ」です。  ハワイアンとモツという、まるで合わないような二つの要素のコラボレーションを実現させちゃったところがすごいところ。他には絶対にないタイプのもつ焼き屋として人気を博しているのです。  土曜日、午後5時半の「モアナ」はゆるやかに5~6割程度の入り。我われは右手のテーブル席(... [続きを読む]

受信: 2009.03.15 08:27

« 上へ上へと持ちあげて … 鳥料理「鳥房(とりふさ)」(立石) | トップページ | 都内屈指の立ち飲み屋 … 割烹くずし「徳多和良(とくだわら)」(北千住) »