« 店情報: 居酒屋「ねこ屋(ねこや)」(築地) | トップページ | セントルイス紀行 »

まりみるさんが女将に … 居酒屋「ねこ屋(ねこや)」(築地)

「ねこ屋」女将


 「まりみるのおいしい生活日記」の、まりみるさんが、今年3月、築地に「ねこ屋」という、日本酒・本格焼酎・和リキュールと家庭料理のお店を開かれました。本当は、開店早々に伺いたかったのですが、会社の出張などと重なったこともあり、今日になってやっと来れたような次第です。

 店は地下鉄・築地駅から隅田川方面に歩いて10分ほどの、古い住宅街の中にあって、非常に落ち着いた立地条件です。

 「ねこ屋」と書かれた小さな行灯(あんどん)に導かれるように、家と家との隙間の路地を入ると、右手に大きく「ねこ屋」と書かれた白い提灯があり、そこから2階へと続く階段を上ると、そこが「ねこ屋」の入口です。

 店内に入ると、すぐそこが4人掛けの小さなカウンター席で、その内部が厨房です。

 「あっ」と、やわらかい笑顔で迎えてくれる美人女将のまりみるさん。開店、おめでとうございます。

 カウンターの奥で靴を脱いで、奥の座敷席へ。座敷席には2人掛けの黒いテーブル席が5卓(ふたつくっつけて4人用が2つに、2人用が1つ)ほど置かれていて、ゆったりとした造り。今日は呑んだフルさん、宇ち中さんと3人になる予定なので、奥の座敷席に座らせていただきます。

 まりみるさんのブログを拝見すると、赤を基調とした店内の様子が載っていて、かなり派手なのかなぁ、と思っていたのですが、実際の営業中には照明のトーンをぐんと落としていることもあって、非常に落ち着いた雰囲気です。

 待つ間もなく、すぐに宇ち中さんもやってきて、まずは生ビール(550円)をもらって乾杯すると、今日のお通し(400円)は小鉢に盛られた自家製のウニ塩辛です。

 さっそくひと口いただくと、うわぁーっ、旨味がものすごいっ。さすが、まりみるさん。ご自身も日本酒好きだし、料理好きなので、お酒に合うつまみもお手のものですねぇ。ちょっとだけいただいて、残りは日本酒用に取って置くことにしました。

 呑んだフルさんも到着し、肴は「限定3食 生本まぐろの刺身とあぶり まぐろ三昧」(1,200円)に「ハムごろごろポテトサラダ」(400円)、「焼そら豆」(500円)を注文します。

 料理のメニューは全部で十数品で、「まぐろ三昧」をのぞくと、400~600円ほど。品数は多くないものの、呑ん兵衛好みのする品々がそろっています。白いご飯(300円)もあるところが嬉しいではありませんか。

 予定のメンバーがそろったころで日本酒に移ります。日本酒も純米吟醸酒を中心に女将が厳選した十数種類ほどが、それぞれ700~850円。焼酎も十数種類ほどに、和リキュール(梅酒、すだち酒、柚子酒など)十種弱が、それぞれ600~700円。

 今日は3人いるので、瓶売りの発泡酒をもらうことに決定。最初は高知の「美丈夫うすにごり 純米吟醸生酒」(500ml、2,300円)を注文すると、「このお酒は、なかなか大変なんですよ」と言いながら、女将が静かに抜栓してくれます。抜栓の仕方を誤ると、半分くらい噴き出しちゃったりしますもんねぇ。

「これも食べてみてください」

 と女将が出してくれたのは「自家製 枝豆たっぷり ねこさつま揚げ」(500円)。これがなんと、ねこの形をしていて、目にあたる部分が卸ししょうがと刻みネギになっているのです。あはは。かわいい、かわいい。

 3人で飲むと500mlもあっと言う間で、次なる日本酒はこれまた瓶売りの「獺祭(だっさい)にごり酒 純米吟醸50%」(720ml、2,750円)です。ちなみに、瓶売りの日本酒は、先ほどの「美丈夫」と、この「獺祭」の2種類のみです。

「このお酒は、さっきのよりも、もっと暴れるんですよ」

 女将のまりみるさんは、ボウルの上に「獺祭」の瓶をのせ、さっきよりもより慎重に栓を緩めていきます。ブシューーンッ。それでも噴き出す力強いにごり酒が、宇ち中さんを直撃です。さすが宇ち中さん。日本酒にまで好かれますねぇ!

 料理のほうは「さっと焼いた えいひれ」(400円)と「ずわいかに身入り にら玉」(600円)を追加です。

 店は、基本的に女将ひとりが切り盛りしますが、忙しい時はご主人や妹さんも手伝いにいらっしゃるのだそうです。6~7人以上のお客さんになると、ひとりでは大変ですもんね。

 午後7時から11時前まで、4時間近くもゆっくりとさせてもらって、3人で10,500円(ひとり3,500円)でした。どうもごちそうさま。やぁ、美味しかった。

080401a 080401b 080401c
お通しのウニ塩辛 / ハムごろごろポテトサラダ / まぐろ三昧

080401d 080401e 080401f
焼そら豆 / 美丈夫うすにごり / ねこさつま揚げ

080401g 080401h 080401i
獺祭にごり酒 / えいひれ / ずわいかに身入り にら玉

店情報

《平成20(2008)年4月1日(火)の記録》

|

« 店情報: 居酒屋「ねこ屋(ねこや)」(築地) | トップページ | セントルイス紀行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/41103931

この記事へのトラックバック一覧です: まりみるさんが女将に … 居酒屋「ねこ屋(ねこや)」(築地):

» まりみるさんのお店がついに開店・・・築地 『ねこ屋』 [アル中ハイマー日記]
しばらくご無沙汰しているが、知りあいに素敵な女性がいる。忙しい仕事をこなしながら料理上手でお酒好き。時々彼女のブログを拝見していたのだが、ある日いつものようにクリックしてびっくり。なんと、ご自分で居酒屋さんを開業するらしい。酒場好きで下町酒場を中心に飲み...... [続きを読む]

受信: 2008.05.17 15:12

» まりみるさんのねこ屋初訪 [宇ち中]
2008/04/01 きれいな写真で各地の酒場や美味しそうな料理を紹介されているページ、「まりみるのおいしい生活日記」のまりみるさんが、念願のお店「ねこ屋」を開店されてから1ヶ月ちょっと経ったこの頃、近々行きたいなと思っていたところにはまださんから「ねこ屋に行きますが、一緒にどうですか?」とお誘いをいただきます。ふたつ返事でご一緒させていただくことに。お店は築地の、勝どき橋近くの聖路加ガーデンに近いところに。てくてくと歩いてお店への到着は18:55頃。 通りに面したところに、ぽつんと目印の灯り... [続きを読む]

受信: 2008.05.25 06:29

» 美人姉妹の切り盛りで … 居酒屋「ねこ屋(ねこや)」(築地) [居酒屋礼賛]
 八丁堀までやって来たら、ぜひ向かいたいのが築地の「ねこ屋」。八丁堀と築地とは、地下鉄ひと駅区間なので歩いてもすぐに到着します。  店の外にある急な鉄の階段を2階に上るとそこが「ねこ屋」の入口。「こんばんは」と入った店内は、今日は予約の団体客(といっても8人ほど)が座敷に入っているらしく、奥の座敷にはすでにお客さんがいるものの、店の入口近くにあるカウンター席には空きがある状態。一番入口に近い席に座... [続きを読む]

受信: 2008.07.27 11:14

« 店情報: 居酒屋「ねこ屋(ねこや)」(築地) | トップページ | セントルイス紀行 »