« セントルイス紀行 | トップページ | 店情報: 居酒屋「浅七(あさしち)」(門前仲町) »

酒盗に漬物で無双一丁 … 大衆酒場「兵六(ひょうろく)」(神保町)

三代目亭主・柴山真人氏


 アメリカでの食事も美味しかったのですが、日本に帰ってきたらまずは和風の肴(さかな)をつまみたい。何軒かの候補店が思い浮かぶ中、成田空港から京成電車に乗り、本八幡で乗り換えて都営新宿線で神保町へ。向かったのは「兵六」です。

 成田空港から都内まではけっこう遠くて、「兵六」に到着したのは午後8時前。金曜日の夜だけあって店内はほぼ満席で、ふたつあるテーブル席(4人掛け)のうち、ふたり連れが座っていたテーブルに相席させてもらって、まずはビール(キリンラガービール大瓶、750円)です。

 ッカァ~ッ。よく冷えた日本のビールの、なんとうまいことよ! ほんの数日の海外とは言え、なんだか久しぶりにビールのうまさを味わったように感じますねぇ。バドワイザーもよく冷えてたんだけど、なんか違うんだよなぁ。

 今日のお通し(サービス)は、ひじき。いきなり和風のどまん中、嬉しいですねぇ。

 つまみに兵六あげ(450円)をもらうと、カリッと炙られた薄揚げが3個。中にはそれぞれネギ、チーズ、納豆が入っていて、一緒に出される醤油の小皿にちょいとつけていただきます。

 飲み物を薩摩無双(芋焼酎湯割り、650円)に切りかえて、つまみは酒盗(350円)です。おぉっ、酒盗の旨みのすごいこと。やっぱり醗酵製品はいいなぁ。アメリカに居るときは、和食が食べたいなんてちっとも思わなかったのに、こうやって酒盗なんかをつまむと「これに勝るものはない!」と思っちゃいますねぇ。

 カウンター席にも空きができたようで、この店の大常連でもある、呑んだフルさんのとなりへと移動して、今度はらっきょ(350円)をもらいます。「うーん。和風がいい!」なんて言ってたら、呑んだフルさんに「たった1週間ほど日本を離れただけじゃない。まるで何ヶ月も行ってた人みたいなことを…(笑)」と大笑いされてしまいました。

 最後にさっぱりと、あかかぶ漬け(350円)をいただいて、本日は終了。さぁ、たっぷりと寝て時差ボケを直さなきゃ。今日のお勘定は2,850円でした。どうもごちそうさま。

080411a 080411b 080411c
「兵六」 / ビールとお通し(ひじき) / 兵六あげ

080411d 080411e 080411f
薩摩無双と酒盗 / らっきょ / あかかぶ漬け

店情報前回

《平成20(2008)年4月11日(金)の記録》

|

« セントルイス紀行 | トップページ | 店情報: 居酒屋「浅七(あさしち)」(門前仲町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/41109109

この記事へのトラックバック一覧です: 酒盗に漬物で無双一丁 … 大衆酒場「兵六(ひょうろく)」(神保町):

» 創業60年の老舗酒場 … 居酒屋「兵六(ひょうろく)」(神保町) [居酒屋礼賛]
 都内での仕事を終えて、やってきたのは神保町の「兵六」です。午後6時前の店内は、ゆるやかな人の入り。私も入口近くのカウンターの一角に腰をおろし、ビール(キリンラガー大瓶、750円)からスタートし、炒豆腐(ちゃーどうふ、550円)です。  炒豆腐は、その名のとおり一口大に切った豆腐を、豚肉や野菜とともに炒めた料理で、炒麺(ちゃーめん、900円)や餃子(550円)などとともに、この店の名物料理のひとつ... [続きを読む]

受信: 2008.06.08 10:40

« セントルイス紀行 | トップページ | 店情報: 居酒屋「浅七(あさしち)」(門前仲町) »