« レバとアブラ1本ずつ … もつ焼き「宇ち多゛(うちだ)」(立石) | トップページ | 店情報: バー「みのる」(新宿) »

若い女性のひとり客も … 焼き鳥「番番(ばんばん)」(新宿)

番番奴と焼き鳥


 都内での仕事を終えてやって来たのは、新宿歌舞伎町の地下にある焼き鳥「番番」です。なにはさておき、まずはビールを注文すると、

「生ですか? 瓶ですか?」と聞き返してくれるおにいさん。

「瓶をお願いします」と答えると、今度は、

「キリンラガーとサントリーモルツがあります」とのこと。

「キリンで!」

 そうかぁ。この店に来たのは、今日で4回目(ブログに書いたのは3回目)なんだけど、ビールをたのんだのは今日が初めてです。ビールも色々と種類があったんですね。

 瓶ビールはキリンラガー中瓶(500ml)が500円。いろんなものが安い「番番」にしては、このビール中瓶は、あまり安く感じないですよねぇ。一緒に出されるお通し(サービス)は小皿に盛られた蕗(ふき)の煮物です。

 さて、料理。看板メニューの焼き鳥と、その焼き鳥を待つ間になにか1品、すぐに出てきそうなものをもらうことにしますか。

 この店の焼き鳥は、とり焼き5種、もつ焼き7種、野菜焼き4種がすべて1本100円で、しかも1本から注文できます。

「とり焼きの5種類をそれぞれ1本ずつお願いします。ねぎ間(ま)と正肉(しょうにく)は塩で、あとはタレで。それと番番奴(ばんばんやっこ)もお願いします」

「はいよっ。バンヤいっちょーっ!」

 なるほど、番番奴(350円)の符丁は「バンヤ」なんですね。予想どおり、すぐに出された番番奴は、冷奴の上に刻みネギと、刻みキュウリがのり、ごま油がかかったピリ辛の味です。カウンター内のおにいさんによると、この番番奴もまた、この店の人気の品のひとつなんだそうです。

 焼き鳥5本のうち、注文どおり、ねぎ間と正肉は塩で出され、タレで出されたのは砂肝、皮、つくねの3本です。「えぇーっ。砂肝をタレで食べるの!?」と思う人もいるでしょう。そう。私も間違えたのです。メニューにしっかりと「砂肝(すなぎも)」と書かれいるのに、どういうわけだか「鶏肝(とりきも)」に読み違えちゃったんですね。でもま、「全部タレで焼いてください」とお願いする人もいるくらいだから、これはこれでいいか。食べてみると、タレ焼きの砂肝も、そう悪くはない。というか、これはこれで美味しいですねぇ。

 ビールを飲み終わって、白波のお湯割り(250円)を注文すると、サワーグラスにたっぷりのお湯割りが出されます。これで250円というのは、下町酒場もびっくりのコスト・パフォーマンスですねぇ! ちなみに酎ハイや梅ハイなども1杯250円です。

 サラリーマンや若い人たちが多いなか、ふらりと入ってきたのは若いおねえさん。

「レバ刺し(400円)が食べたくなって、ひとりで来ちゃいました。飲み物はワイン(勝沼ワイン、赤・白ともに350円)をお願いします」

 店員さんとの会話を聞くともなしに聞いていると、いつもお母さんと二人で食べに来る常連さんで、今日は仕事帰りにひとりで立ち寄った様子です。店内は若い女性客も多いので、女性一人でもあまり違和感がないのが大都会・新宿ならではでしょうか。

 レバ刺しも注文する人が多い人気の品のようで、さっきから来る人、来る人のほとんどが注文しています。

 さっきのおねえさんも、レバ刺しを食べ終え、すっとワインも飲み干して「ごちそうさま」と、15分ほどで席を立ちます。おぉ。粋(いき)ですねぇ。

 私もボチボチ腰を上げますか。1時間ちょっとの滞在。お勘定は1,600円でした。

店情報前回

《平成20(2008)年5月16日(金)の記録》

|

« レバとアブラ1本ずつ … もつ焼き「宇ち多゛(うちだ)」(立石) | トップページ | 店情報: バー「みのる」(新宿) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/41634894

この記事へのトラックバック一覧です: 若い女性のひとり客も … 焼き鳥「番番(ばんばん)」(新宿):

« レバとアブラ1本ずつ … もつ焼き「宇ち多゛(うちだ)」(立石) | トップページ | 店情報: バー「みのる」(新宿) »