« 店情報: バー「みのる」(新宿) | トップページ | 〔コラム〕 目からうろこの生ビールセミナー »

ゆるやかな空気の中で … バー「みのる」(新宿)

山芋千切りとハイボール


 新宿歌舞伎町の焼き鳥「番番」を出て、今日の2軒目は新宿駅の北側ガード横の、やきとり横丁にある昭和36(1961)年創業の老舗バー「みのる」です。

 青っぽい外観のビルの上部(1~2階の中間あたり)には「みのる」と書かれた緑色の電灯看板がともり、1階の入口上部にも「みのる」と書かれたファサードテントがあるものの、そこには地下へと続く階段があるのみ。よーく見ると、入口の左側にメニューが張ってあって、その内容でバーであることに気が付くのですが、それ以外には、ここがバーであることがわかるものはありません。

 階段を下りると左側にフロアが広がり、そのフロアを大きなU字のカウンターが取り囲みます。全体では20人以上座れるでしょうか。U字の真ん中にボトルを置くための大きな棚があって、U字の両側の視界を遮(さえぎ)ります。入口右手の壁際にはテーブル席が2卓並んでいます。

 店内はいかにもバーテンダーらしい、きちんとした身なりの年配男性3人が切り盛り中。

 金曜日、午後7時前の店内は、まだ大勢のお客さんでにぎわう前の状況らしく、先客は合わせて5人ほど。むしろガランとしてるといってもいい状態です。

 そんなカウンター席の一角に腰をおろし、ハイボール(角、430円)を注文します。

 すぐに出されたお通しは、なんと小鉢に盛られた山芋の千切りです。さっと醤油をかけて、刻み海苔をトッピングし、横にはワサビも添えられています。先日も「食事中に楽しむウイスキー」というコラムに書いたとおり、サントリーのウイスキー(特に「角瓶」)は、こういう和風の肴(さかな)に合わせて飲んでもあまり違和感がない、という大きな特徴を持ったウイスキーのように思います。

 以前、濱の酒場通・iiさんに、横浜は山手(やまて)のバー「コモ(Como)」という、ほとんどのお客さんが角のハイボールを飲んでいるバーに連れて行ってもらったときも、つまみには筑前煮や酢ダコが出されましたもんねぇ。

 ところで、この角瓶というウイスキー。ボトルのどこにも角とか角瓶とは書かれていないのです。ラベルには「Suntory Whisky since 1937」と書かれているだけ。「角瓶」というのは、実は愛称で、戦後、その愛称が定着してきたので、それが製品名になったのだそうです。

ピーナッツ その角のハイボール(430円)をおかわりし、つまみにはピーナッツ(500円)をもらいます。

 店内のお客さんも年配の常連さんが多いようで、キープしたボトルで飲み物を作ってもらっているようです。ボトルキープの場合は、角瓶やアーリータイムズ(バーボン)が、それぞれ4,800円。1本のボトルからはシングル(30ml)が24杯作れますので、キープした場合には1杯あたりの単価が200円相当になるんですね。

 二人連れで来ているお客さんも話をしているし、すぐ近くに座っている男性も、店の人と談笑しているのですが、うるさいなんてことは全くなくて、店全体としては静かに、ゆるーく時間が流れている雰囲気です。この空気が、50年近く続く老舗バーのなせる技なんでしょうねぇ。

 ゆっくりと1時間ちょっとくつろいで、お勘定は2,050円でした。どうもごちそうさま。

店情報

《平成20(2008)年5月16日(金)の記録》

|

« 店情報: バー「みのる」(新宿) | トップページ | 〔コラム〕 目からうろこの生ビールセミナー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/41634913

この記事へのトラックバック一覧です: ゆるやかな空気の中で … バー「みのる」(新宿):

» 知る人ぞ知る老舗バー … バー「みのる」(新宿) [居酒屋礼賛]
 高田馬場駅で解散して、京王線で帰宅されるNさんと二人で新宿へ。 「最後にもう1軒寄って帰りますか!」  と向かったのは、新宿西口思い出横丁の地下にあるバー、「みのる」です。こんなところにバーがあるなんて、4年ほど前まで知りませんでした。知る人ぞ知る、昭和36(1961)年にトリスバーとして創業した老舗バーです。  思い出横丁には、この店以外には地下の店はないんじゃないかなぁ。  こんなに新宿駅か... [続きを読む]

受信: 2012.08.28 23:41

« 店情報: バー「みのる」(新宿) | トップページ | 〔コラム〕 目からうろこの生ビールセミナー »