« 〔コラム〕 東京 居酒屋名店三昧 | トップページ | 満を持してのもつ焼き … もつ焼き「ホルモン」(沼袋) »

店名変更になりました … 東北料理「みちのくらさん」(西荻窪)

新じゃがのみそ煮、山形・玉こんにゃく、たけのこ炊き合わせ


 「ひとり呑み-大衆酒場の楽しみ」の仕上げに向けた打ち合わせを、WAVE出版編集のNさんと阿佐ヶ谷の「川名」で行ったあと、二次会としてやってきたのは西荻窪駅南口のすぐ近くにある、東北料理をベースにした創作料理のお店、「みちのくらさん」です。

 「みちのくらさん」は、もともと「くらのすけ」としてオープンしたのですが、同名のチェーン店が商標を登録しているということで、店名を「みちのくらさん」に変更したのだそうです。

 開店してまだ5ヶ月くらいしかたっていないので、今、店名変更しても大きなダメージはないだろうと思いますが、看板の書き直しなど、想定外の出費を強いられるのが残念ですね。

 宮城の「阿部勘 特別本醸造」(正一合、650円)を燗でもらって、お通し代わりの本日の大皿料理(3品で750円)は、新じゃがのみそ煮、たけのこ炊き合わせ、山形・玉こんにゃく、仙台・長なす、仙台・笹かまぼこ、きくらげとゴボウの旨煮、あぶりししゃも、焼みその中から、頭の三品を選びます。

 筍(たけのこ)の炊き合わせの中に入っている、プリッとした脂状のものは「セシカラ」という、宮崎特産の豚の皮なのだそうです。豚の皮とはいっても、ラードを取るために煎ったあとの「煎じ殻(せんじがら)」で、それが「セシカラ」という名前の由来になったとも言われているそうです。

 燗酒(阿部勘・特別本醸造)をおかわりしつつ、次にもらったのは「自家製ハム(コンポーク)」(550円)と、「仙台麩(ふ)の卵とじ」(550円)です。

 自家製ハム(コンポーク)は、豚肉のかたまりにじっくりと火を通して作ったものだそうで、拍子木状にカットして、ポテトサラダを添えて出してくれます。

 仙台麩の卵とじのほうは、大きな仙台麩を4切れ、キャベツとともに煮汁で煮て、最後に玉子でとじた一品。前回、ほかのお客さんが食べてるのを見て、次に来たときはぜひ食べようと思っていたメニューです。熱々のフワフワがいいですねぇ。

 さらに燗酒をおかわりし、次にもらったのは珍味・ハムユイ(450円)です。これは香港魚のアンチョビなんだそうで、お酒が進みます。

 そして栃木県の川田農園から届けられる野菜で作った「農園便り」のお新香は、キュウリとキャベツ。これもまたお酒が進みます。

 その後、Nさんの友人がやっているという、これまた西荻窪駅近くのバル「ガティータ」でワインなどを軽くいただいて終了。このバーも、地元のみなさんたちでけっこう人気があるようで、それほど大きくない店内はお客さんたちでいっぱい。飲み物が450~700円程度で、食べ物もオリーブ2種(アンチョビ、パプリカ)の350円から始まって、新じゃがのポテトサラダやトルティージャ(スペイン風オムレツ)が400円など、400~600円台のものが多くて安く感じます。ここもまた今度、じっくりと来てみたいお店です。

080531a 080531b 080531c
自家製ハム(コンポーク) / 仙台麩の卵とじ / ハムユイ

080531d 080531e 080531f
お新香 / 「ガティータ」の外観 / 店内の様子

・「みちのくらさん」の店情報前回

《平成20(2008)年5月31日(土)の記録》

|

« 〔コラム〕 東京 居酒屋名店三昧 | トップページ | 満を持してのもつ焼き … もつ焼き「ホルモン」(沼袋) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/41826176

この記事へのトラックバック一覧です: 店名変更になりました … 東北料理「みちのくらさん」(西荻窪):

» みちのくの銘酒と料理 … 食酒「みちのくらさん」(西荻窪) [居酒屋礼賛]
 「古典酒場」の倉嶋編集長と行く、本日の3軒目は、再び西荻窪駅南口に戻って、食酒「みちのくらさん」です。  ここは“みちのく(東北)”6県のうまい銘酒と料理のお店。  平成19(2007)年末創業と、比較的新しいお店ですが、店主が身体を壊されてしばらくお休みされていたんだそうです。 「昨日(8月1日)から再開したところなんです」と店主。  いやいや。まったく知らず、たいへん失礼いたしました。でも、... [続きを読む]

受信: 2011.10.05 22:33

« 〔コラム〕 東京 居酒屋名店三昧 | トップページ | 満を持してのもつ焼き … もつ焼き「ホルモン」(沼袋) »