« ひょうたん型おでん鍋 … おでん「こなから」(御茶ノ水) | トップページ | 店情報: 立ち飲み「増家(ますや)」(八丁堀) »

たっぷりとカクテルを … バー「日登美(ひとみ)」(落合)

バーボンソーダ


 おでんの「こなから」を出て、東(江戸川区)方面に帰るCさんを御茶ノ水駅で見送って、同じ西(中野区)方面に住むEさんとふたりでやって来たのはカクテルラウンジ「日登美」です。Eさんは、この店の近くに住んでいながら来たことがなかったのだそうで、「それじゃ、ぜひ」と帰り道にお誘いしたような次第です。

 土曜日、午後10時過ぎの店内は、5割程度(先客が4人)の入り。我われ二人も、空いていたカウンターの奥のほうに腰をおろし、私はスティンガーをハードシェイクで、Eさんは「少し甘めのショートカクテルを」というオーダーで、スティンガーと同じブランデーベースのショートカクテルを作ってもらって乾杯です。

 店内に女性客が多いこともあって、今日もマスター得意の駄洒落(だじゃれ)が炸裂しています。

 2杯目に、これまた同じブランデーベースのサイドカーをもらうと、Eさんは「今度はロングで」という注文で、アクアヴィットをベースにした、この店のオリジナルカクテル、レッドバイキングです。

「マスターの駄洒落は毎度のことなんだけど、もっと興がのってくると、マジック(手品)も披露してくれるんですよ」

 なんて話していたら、マスターが惜しみなくそのマジックも繰り出してくれます。

 Eさんの3杯目はアマレットの入ったロック、私は火が出るような辛いウォッカで作るブラッディ・シザーズで酔いを覚醒したつもりになりながら、実はより酔っ払って、4杯目のマティーニに突入します。「アマレットの味が好きなんですよ」というEさんの4杯目はアマレットのロングカクテル。

 ここに来る道すがら「最後はマティーニでしめることが多いんですよね」なんて話しながら来たので、

「マティーニを注文したってことは、もう終わりですか?」とEさん。

「いやいや。そんなことはありません。もう1杯いきましょう!」

 そう言いながら注文した5杯目はメーカーズマークのソーダ割り。最後に緩やかなロングカクテルに逃げちゃいましたねぇ。それに対してEさんの5杯目は、ビシリと強いショートカクテル、XYZ。

「ショートカクテルは、すぐに飲み干さなきゃダメなのよ」

 と言いながら、キューッとXYZを空けるEさん。強いですねぇ!

 日付けが変わるころまで楽しんで、お勘定はふたりで9,300円(ひとりあたり4,650円)。この店はショートカクテルは800円、ロングカクテルは900円です。

 駅前までEさんを見送って、5杯のカクテルにへろへろになりながら家路についたのでした。

店情報前回

《平成20(2008)年6月14日(土)の記録》

|

« ひょうたん型おでん鍋 … おでん「こなから」(御茶ノ水) | トップページ | 店情報: 立ち飲み「増家(ますや)」(八丁堀) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/41932492

この記事へのトラックバック一覧です: たっぷりとカクテルを … バー「日登美(ひとみ)」(落合):

» 今年4月で創業35年 … カクテルラウンジ「日登美(ひとみ)」(新井薬師前) [居酒屋礼賛]
 5年ぶりにやってきたカクテルラウンジ「日登美」。もともと、とても古いビルで営業していたのですが、廃墟化がますます進んでいる様子。  「日登美」が入っている建物は、1階に店が3軒。2階はアパートになっているようで、両側に2軒だったのかな。でも今は「日登美」以外の場所はすべて空き家。その「日登美」もファサードテントは破れ、表の電灯看板もつぎはぎだらけ。  知らない人が見たら、この店が『食べログ』で上... [続きを読む]

受信: 2013.03.28 22:42

« ひょうたん型おでん鍋 … おでん「こなから」(御茶ノ水) | トップページ | 店情報: 立ち飲み「増家(ますや)」(八丁堀) »