« 〔コラム〕 真夏に食べる韓国水炊 … 「ハンマリ家」(浜松町) | トップページ | 店情報: 愛媛の地酒「蔵元屋(くらもとや)」(松山) »

昭和28年創業の老舗 … おでん「あわもり」(呉市・広)

「あわもり」


 出張で呉(くれ、広島県)にやってきました。呉に来たならぜひとも寄って帰りたいのが広(ひろ)交差点近くにある、おでんの「あわもり」です。店名のとおり、元は泡盛の取扱店だったのだそうですが、昭和28(1953)年におでん屋に転向して、もう55年。「広交差点のおでん屋」として押しも押されもせぬ老舗になっています。

 店内は、奥に向かって長いL字カウンターのみ20席ほどで、一番手前と真ん中におでん鍋がありますが、今のところ使っているのは一番手前側の鍋、ひとつだけ。常連さんたちは、まずそのおでん鍋の周りから座り始めるのです。今日も、私より前に入った二人は、一人目がおでん鍋の正面に、二人目が1席空けて右側に陣取っています。私も、一人目のお客さんから1席空けて、今度は左側に座り、まずはビール(キリンラガー大瓶、500円)をもらって喉を潤します。こう暑いと、やはりまずはビールじゃないと始まらないですよねぇ。

 先に入ったお客さんが「キモとカワと…」と注文するものの「カワがこれからできるところだからちょっと待ってね」と、おかみさん。いつもは開店と同時にカワもスタンバイOKになっているのですが、今日は昼間に商店街の集まりがあったので、ちょっと準備が遅れているのだそうです。私も、この店の名物であるカワねらいだったのですが、それは2巡目以降になりそうですね。1巡目はキモとスジをもらいます。

 この店のおでんは、1品がすべて90円。キモは豚のレバーを串に刺したもので、スジはその名のとおり筋肉の部分です。スジは硬いのと軟らかいの(よく煮たの)が選べ、硬いほうをもらうとバリバリとけっこうな歯応えです。

 おでん屋さんに行くと、通常は最初に豆腐などのお腹にたまるものをいただいて、そのあと、つまみっぽいおでんにしたりするのですが、この店の場合、ついキモやスジ、カワなどの名物から入ってしまうんですよねぇ。2巡目で厚揚げをもらってお腹を満たし、3巡目で、アイガモとカワをもらいます。

 アイガモは、合鴨のつくね団子と櫛切りの玉ねぎを串に刺したもの。カワは豚の皮を一口大にカットして串に刺したものです。

 飲み物のほうも、この店の名物である泡盛(160円)の梅割りに切り換えると、「氷もいりますか?」と、おかみさんが聞いてくれます。いつもは生(き)でいただくのですが、今日はあまりにも暑いので氷をもらいますか。小さいグラスに注がれた梅割り泡盛とは別に、氷をいっぱい入れた新しいビールグラスが出されます。

 金曜日とはいえ、早い夕方からやってくるのは、ご近所に住む年配常連客ばかりらしく、店主も、おかみさんも、そしてもちろんお客さんたちも、すっかりくつろぎモードで楽しんでいます。やっぱりこういう大衆酒場は、口開けのこの時間帯が愉快ですね。

 最後に玉子をもらって、1時間ほどの滞在は、おでん6本にビール(大)と泡盛で、1,200円でした。どうもごちそうさま。

 私にとって、ぜひ自宅の近くに越してきてもらいたい酒場の筆頭が、このお店です。東京に支店を出してくれないかなぁ……。

080718a 080718b 080718c
スジとキモ / 厚揚げ / カワ

080718d 080718e 080718f
アイガモ / 泡盛をロックで / 玉子

店情報前回

《平成20(2008)年7月18日(金)の記録》

|

« 〔コラム〕 真夏に食べる韓国水炊 … 「ハンマリ家」(浜松町) | トップページ | 店情報: 愛媛の地酒「蔵元屋(くらもとや)」(松山) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/42256422

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和28年創業の老舗 … おでん「あわもり」(呉市・広):

» おでんと泡盛で半世紀 … おでん「あわもり」(呉市・広) [居酒屋礼賛]
 大学を卒業して、現在の会社に就職し、最初に赴任したのが広島県は呉の町。今から25年ほど前のことでした。  呉は、目の前の瀬戸内海からの海の幸、背後の中国山地からの山の幸、そして酒都とも呼ばれる西条や、竹原などの酒所も近くに控えている上に、昔から海軍さんや造船所の職工さん大勢いたこともあって酒場の数も多く、呑ん兵衛にとってはとてもありがたい町なのです。(お金もけっこうかかりますが。。。(泣))  ... [続きを読む]

受信: 2009.07.14 21:08

« 〔コラム〕 真夏に食べる韓国水炊 … 「ハンマリ家」(浜松町) | トップページ | 店情報: 愛媛の地酒「蔵元屋(くらもとや)」(松山) »