« 〔コラム〕 匿名希望(?)の人気店 | トップページ | 甘さが特徴、牛煮込み … 大衆酒場「大山酒場(おおやまさかば)」(大井町) »

新登場・珍味三種盛り … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政)

コノワタとホヤ酢


「珍味にも少し力を入れてみようと思うんですよ」

 そう語る店主が出してくれたのは、新たに登場したメニュー・珍味三種盛り(600円)のお試し版。三種をちょっとずつお皿に出してくれます。その三種は、海鼠腸(このわた)、海鞘(ほや)酢、そしてなんとキャビアです。その他にも苦うるか(鮎の内臓の塩辛)や、定番のイカ塩辛などが用意してあるということで、日本酒好きにはたまりません。

 今日なんて、お通し(200円)からしてフグの皮ですからねぇ。最初の1本だけビール(アサヒスーパードライ中瓶、500円)をいただいて、すぐに冷酒(高清水300ml瓶、600円)に切り替えたのでした。

 日曜日の今日は、口開け(午後5時)から、アサリの酒蒸し(550円)を注文して、ひとりチビチビと飲み始めたところ、そのアサリのできあがりを待っている間に店主が珍味三種盛りのサンプルを出してくれたのでした。サンプルとはいえ、もともと少量でお酒が進む珍味だけに、これでもう十分なほどお酒が飲める量です。

 アサリの酒蒸しもできあがりました。たっぷりと出汁(だし)が張られたアサリの酒蒸しは、アサリの身もそうですが、汁(つゆ)がまた、それ自体で酒の肴(さかな)になる逸品。大常連のTさんが、夏場になるとよくアサリの酒蒸しを注文されるのですが、さもありなん、という味わいです。

 この季節、貝類が多くて、今日もメニューには平貝(700円)、北寄貝(500円)、赤貝の肝の塩胡椒炒め(500円)などが並びます。貝以外にはホヤ(600円)、活けじめヒラメ(900円)、真鯛(800円)、カレイえんがわ(650円)、カツオ(600円)、ハモ天ぷら(800円)、クジラ竜田揚げ(650円)、イワシすり身・野菜汁(600円)、鮎塩焼(550円)、メバル姿煮(700円)、タイ・イサキの卵煮(600円)などなどといったラインナップ。いつもメニューを眺めながら、どれにしようかと悩むのです。

 しばらくしてやって来たのは近くに住むEさん。続いて入ってきた男性ひとり客は、なんと仙台(宮城県)から、東京で飲むために新幹線でやってきたのだそうで、先ほどまで「川名」にいて、こちらに回って来られたんだそうです。

「大宮経由で新幹線で帰れば2時間かからないくらいですから、近いものですよ」

 そんな話を伺っているところに入ってきた男性ひとり客は、以前もこの店でお会いした青森の男性。今回もまた、明日からの都内での仕事のために、前泊でこちらにいらっしゃったとのこと。Eさんも実は岩手のご出身ということで、店内はにわかに東北密度が高くなってきました。

 料理は自家製のイカ塩辛(350円)の五日目のものをもらって、お酒は静岡の「磯自慢」(別撰・本醸造、1合550円)です。

 塩辛は二日目のものと、五日目のものとがあるのですが、二日目よりも五日目のほうが色が薄い(白っぽい)のです。これは今日に限ったことではなくて、つねに熟成が長いほうが色が薄いのです。熟成すればするほど、色が薄くなっていくというのも面白いですよね。逆のイメージをもってました。

 軽く飲むつもりが、みなさんとの話も盛り上がって、気がつけばもう9時過ぎ。いやぁ、4時間も長っ尻してしまいましたか。今日のお勘定は3,300円。どうもごちそうさまでした。

080622a 080622b 080622c
フグ皮ポン酢 / アサリ酒蒸し / 自家製イカ塩辛(五日目)

店情報前回

《平成20(2008)年6月22日(日)の記録》

|

« 〔コラム〕 匿名希望(?)の人気店 | トップページ | 甘さが特徴、牛煮込み … 大衆酒場「大山酒場(おおやまさかば)」(大井町) »

コメント

居酒屋礼賛さん ご無沙汰しています。最近ブログを始めて
愛媛料理などを辿っていると貴ブログにきました。
旨い肴、お酒の話題が豊富でいいですね。珍味三種盛りで
日本酒が飲みたくなりました。シギー

投稿: シギー | 2008.08.04 15:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/42050234

この記事へのトラックバック一覧です: 新登場・珍味三種盛り … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政):

» 店主が一所懸命魚好き … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) [居酒屋礼賛]
 ときどき食べたくなるのが「竹よし」のスタミナ六品(600円)。マグロに、山芋、ネギ、オクラ、納豆、生玉子(黄身だけ)の5品を加えた一鉢で、これをグリグリとかき混ぜて、ズズズゥ~ッとすすり込むと、日本酒が進むこと進むこと。  「竹よし」など、近所のお店はしょっちゅう来てるので、このブログにはすべては記録していないのですが、前回、スタミナ六品をいただいたときの写真が、黄身が崩れた写真になっているので... [続きを読む]

受信: 2008.10.05 10:35

« 〔コラム〕 匿名希望(?)の人気店 | トップページ | 甘さが特徴、牛煮込み … 大衆酒場「大山酒場(おおやまさかば)」(大井町) »