« 再開した六本木三州屋 … 居酒屋「三州屋(さんしゅうや)」(六本木) | トップページ | 店情報: そば「泰明庵(たいめいあん)」(銀座) »

ずらりと並ぶ山海の幸 … 居酒屋「山忠(やまちゅう)」(麻布十番)

080809x2


 今日の2軒目は、六本木のとなり町、麻布十番に移動して、この地で30年以上営業を続けている大衆居酒屋「山忠」に入ります。

 店内は左手のL字カウンター10席程度に、右手壁際に並ぶ4人掛け3卓のテーブル席、奥には宴会もできる座敷席がある造り。土曜日、午後9時前の店内は7~8割りの入りといったところで、我われふたりは、テーブル席では1卓だけ空いていた、右手一番手前のテーブル席に座り瓶ビール(キリンラガー中瓶、600円)をもらって乾杯です。

 注文しなくても勝手に出される「お通し」という制度には賛否両論あるところですが、この店にはお通しはありません。そのかわり、カウンター上段に日替りの大皿料理がずらりと並んでいて、そこから1品目のつまみを選ぶようにすれば、すぐに料理にありつけるようになっているのです。

 そんな大皿料理の中から、丸々と美味しそうに並んでいるきぬかつぎ(480円)を注文すると、そのきぬかつぎの上半身(!?)の皮だけをクルリと取って、たっぷりと胡麻塩をトッピングしたのが、長方形皿に6個、きれいに整列して出されます。

 きぬかつぎを食べていると、無性に燗酒が飲みたくなって日本酒(一合、420円)をもらい、えび団子揚げ(500円)も注文します。同行しているここっとさんは、瓶ビールをおかわりし、手羽先焼き(1本350円)です。

 机上に置かれたメニューに載っている料理だけでも60品を越える上に、先ほどご紹介したカウンター上段の大皿料理や、さらにカウンターの上の壁や、テーブル席横の壁にずらりと並ぶ手書き短冊メニューも加えると、いったい何品あるんだろうという料理の数々。その内容は海の幸から山の幸まで幅広く、また調理法も刺身から、焼き物、揚げ物、そして鍋物やご飯物までと、これまた幅が広いのです。

 そうやって料理の幅が広いからか、店内のお客さんも、まさに老若男女色とりどりで、それぞれのグループがそれぞれの楽しみ方をしています。こういう、ごった煮的な雰囲気が、いかにも酒場らしくて大好きですねぇ。

 1時間ほどの滞在は、小計2,950円に消費税(10円未満は切り捨て)がついて3,090円(ひとりあたり1,545円)でした。どうもごちそうさま。

 このあと、さらにとなり町である白金高輪の居酒屋「大船」を目指したものの、なんと「大船」は土曜日(土日祝日)は定休日。事前のリサーチ不足でした。

 それじゃ、と渋谷にある年中無休の「とりすみ」に到着すると、なんと「本日臨時休業」。ついてないですねぇ。

 その「とりすみ」のすぐ近くに、つい最近、中目黒から移転してきたという人気の立ち飲み屋、北海道海鮮問屋「根室食堂」で軽く立ち飲んでお開きとしたのでした。

 今宵はご主人が飲み会ということで、久しぶりにおつきあいいただいたここっとさん、どうもありがとうございました。「三州屋」の鳥豆腐が家庭料理として再現できたら、ぜひご招待くださいね!

080809d 080809e 080809f
きぬかつぎ / 手羽先焼き / えび団子揚げ

店情報前回

《平成20(2008)年8月9日(土)の記録》

|

« 再開した六本木三州屋 … 居酒屋「三州屋(さんしゅうや)」(六本木) | トップページ | 店情報: そば「泰明庵(たいめいあん)」(銀座) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/42405716

この記事へのトラックバック一覧です: ずらりと並ぶ山海の幸 … 居酒屋「山忠(やまちゅう)」(麻布十番):

« 再開した六本木三州屋 … 居酒屋「三州屋(さんしゅうや)」(六本木) | トップページ | 店情報: そば「泰明庵(たいめいあん)」(銀座) »