« 〔コラム〕 千円台で楽しむ おとなの居酒屋 | トップページ | 宴席前に寄り道ビール … 居酒屋「ねこ屋(ねこや)」(築地) »

横浜らしい定番コース … バー「スリー・マティーニ」(横浜市・元町中華街)

マティーニ


 横浜中華街の台湾料理屋「秀味園」でビール(アサヒスーパードライ中瓶、600円)を飲みながら、煮込んだ手羽先、昆布、豚耳、干豆腐(かんどうふ)、玉子を一皿に盛り合わせた、魯(ルー)と呼ばれる煮込んだつまみ(1,000円)と、台湾風腸詰(1,000円)をいただいたあと、山下公園のほうへ移動して、バー「スリー・マティーニ」です。

 3週間ほど前にも、この2軒を巡るコースを回ったばかりですが、友人がやってきたりすると、ついつい横浜らしいこのコースにたよっちゃうんですよねぇ。

 このルート以外だと、たとえば「栄楽園」からバー「ウインドジャマー」とか、「馬さんの店 龍仙」からバー「ケーブルカー」とか。いずれも中華街で中華料理をつまみに飲んで、バーで洋酒を飲んで〆るという、かつて外国人居留区があった横浜の文化をプンプンと感じられるルートなのです。(呑ん兵衛の友人が来たときには、中華街よりもむしろ野毛(のげ)のほうが喜ばれたりもしますが…。)

 「スリー・マティーニ」は、今日もL型カウンターの短辺の位置。ここが店の奥側の、ちょうどレコードプレーヤーの前あたり。店内に流れるジャズは、LPレコードの味のある音質なのです。

 今日の1杯目はジントニック(1,100円)。マスターが、精魂込めて作ってくれます。前回来たときには、ちょうどマスターがお休みだったのでお会いするのは久しぶりなのです。

 料理ももらいましょうと、選んだ1品目は自家製レーズンバター(800円)です。お皿の上に小さめに砕いた氷が置かれ、その上にスライスしたレーズンバターが6切れ。それとは別に、食パンを4分割したくらいの大きさのパンをトーストしたものが6枚添えられています。トーストしたて熱々の食パンに、氷の上の冷たいレーズンバターをのせ、食パンの熱でレーズンバターの接地面が溶け始める様子を眺めながら、シャクッと芳ばしく焼けたパンをかじると、口の中にレーズンバターの甘~い味わいとバターの風味が広がります。

 そう。ここのレーズンバターは甘い味付けになっていて、ウイスキーやバーボンなどの蒸留酒にもよく合うのです。そんなわけで、今日の2杯目はメーカーズマーク(バーボン)のソーダ割りをいただきます。

 料理の2品目は手づくりレバーペーストのカナッペ(1,000円)です。先ほどと同じ大きさのトーストされたパンに、たっぷりとレバーペーストがのせられています。黒胡椒がよく効いていて、いいですねぇ。

 ここ「スリー・マティーニ」は料理の美味しさでも定評があるのです。オイルサーディンのパン粉焼き(900円)や、特製カツサンド(1,300円)、ナポリタン(900円)などなどのメニューが並びます。

 さらにはフレッシュ・フルーツを使った季節のフルーツカクテル(各1,300円)も人気の品。以前いただいた、トマト感たっぷりのブラッディマリーも美味しかったなぁ。

 そんなフルーツカクテルにちょっと引かれつつも、最後は店名にもなっているマティーニ(1,200円)でしめて、本日は終了。ひとり3杯ずつカクテルをいただいて、今日のお勘定は二人で10,500円(ひとりあたり5,250円)でした。どうもごちそうさま。

080724a 080724b 080724c
「秀味園」の煮込んだつまみ / 台湾風腸詰 / 「スリー・マティーニ」のジントニック

080724d 080724e 080724f
バーボンソーダ / 自家製レーズンバター / 手づくりレバーペーストのカナッペ

・「秀味園」 (前回) / 「スリー・マティーニ」 (前回

《平成20(2008)年7月24日(木)の記録》

|

« 〔コラム〕 千円台で楽しむ おとなの居酒屋 | トップページ | 宴席前に寄り道ビール … 居酒屋「ねこ屋(ねこや)」(築地) »

コメント

ここのカツサンドは絶品です。口の中で肉汁が踊ります。

投稿: ふる | 2008.09.01 18:54

ふるさん
 ありがとうございます。次の機会にはぜひカツサンドを食べてみたいと思います!(^^)

投稿: 浜田信郎 | 2008.09.07 21:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/42326042

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜らしい定番コース … バー「スリー・マティーニ」(横浜市・元町中華街):

» 横浜のバーは日常の場 … バー「スリーマティーニ(THREE MARTINI)」(元町中華街) [居酒屋礼賛]
 3年ほど勤務した呉の地から、今年の1月、再び横浜勤務になりました。それを機に、東京・横浜の酒場のいいところを再確認しようと、改めて『名店』と呼ばれる酒場を重点的に回っているところです。  今日は横浜は山下町にあるオーセンティックバー、「スリーマティーニ」にやってきました。  オーナー・バーテンダーのの山下和男さんは、東京のホテルのバーに勤務したあと、平成6(1994)年に自分の店、「スリーマティ... [続きを読む]

受信: 2013.08.11 14:10

» 初の新店・初の魯肉飯 … 台湾料理「秀味園(しゅうみえん)」(元町・中華街) [居酒屋礼賛]
 昭和38(1963)年創業の台湾料理の老舗「秀味園」が、創業50年となる平成25(2013)年に全面改装した。  その情報は入っていたのだが、なかなか来れる機会がなくて、やっと今日、改装後の「秀味園」にやって来た。  おぉ、なんだか横浜中華街でよく見かける、普通の中華レストランの雰囲気になっちゃいましたねえ。  私自身は、古い大衆酒場が好きなので、「秀味園」らしい個性が打ち出されていた、前の古び... [続きを読む]

受信: 2015.09.11 10:47

« 〔コラム〕 千円台で楽しむ おとなの居酒屋 | トップページ | 宴席前に寄り道ビール … 居酒屋「ねこ屋(ねこや)」(築地) »