« 近所の酒場をハシゴ酒(3) … 「北国」「石松」「川二郎」 | トップページ | 〔コラム〕 せんべろな酒場、せんべろな飲り方 »

近所の酒場をハシゴ酒(4) … 「路傍」「アルフォンソ」「さぬき亭」

4軒目:樽酒「路傍(ろぼう)」(中野)

樽酒とナスの煮浸し


 「川二郎」を出て路地を抜けると、その角にあるのが樽酒の「路傍」です。「石松」への行きがけ(午後8時半頃)にもちょいとのぞいてみたのですが、そのときは店内がいっぱいで入れなかったのでした。10時過ぎのこの時間帯は大丈夫。先客はJ字カウンターの手前側にふたりです。

 そのふたりの左側、ちょうどJ字に曲がった先端のあたりに腰を下ろすと、ちょうど目の前が小さな炉。この店ではこの炉で魚や野菜を炙ったりしてくれるのです。

 いつものように「千福(せんぷく)」の樽酒(800円)をもらうと、今日のお通し(500円)はナスの煮浸しです。夏らしくていいですねぇ。

 「路傍」の創業は昭和36(1961)年。現在の店主のお母さんがはじめられたのだそうです。非常に特徴的なのは、肴(さかな)が昔からあるような素朴なものばかりということ。豆腐や厚揚げなどのほか、目の前のカウンター上にはずらりと素材である野菜類が並び、注文を受けてから肴に仕上げていってくれるのです。この店の料理を食べていると、なんだか健康になっていくような感じがするほど。淡麗な味わいの「千福」がよく合います。

 店主ご夫妻や、お客さんたちと1時間ほど楽しんで、今日は1,300円。今度はまたじっくりとやってきますね。どうもごちそうさま。

・「路傍」の店情報前回

            ◆   ◆   ◆

5軒目:バー「アルフォンソ(Alfonso)」(阿佐ヶ谷)

メーカーズマークのソーダ割り


 中野からJR中央線で2駅。阿佐ヶ谷にやってきました。この阿佐ヶ谷駅の北側・荻窪寄りガード沿いに、小ぢんまりとした隠れ家のようなバー、「アルフォンソ」があります。

 カウンター6席ほどと、後ろの壁に造りつけの補助席があるだけの小さな店内は先客は3名。それぞれ男性ひとり客です。私もカウンターの一番奥の席に座り、メーカーズマークをソーダ割り(700円)でいただきます。

 薄暗い照明に、静かな雰囲気。そして控えめで優しいマスターの笑顔。ここで飲んでいるとゆっくりと癒(いや)されて、これぞまさに酒場浴といった感じです。華々しく目立つ店ではないのですが、阿佐ヶ谷が誇る名店の1軒だと思います。

 お勘定はチャージ(チャーム付き300円)がついて1,000円でした。

・「アルフォンソ」の店情報前回

            ◆   ◆   ◆

6軒目:手打うどん酒房「さぬき亭」(野方)

焼きうどん


 「アルフォンソ」をあとに、最後はやっぱり炭水化物でシメようというということで、今日の6軒目としてやってきたのは野方(のがた)にある手打うどん酒房「さぬき亭」です。「さぬき亭」は午前1時までの営業なので、ひとしきり飲んだあとにも立ち寄ることができるお店なのです。

 まずは生ビールをもらうと、今日のお通しはアジの南蛮漬け。この時点で、さっそく焼きうどん(650円)も注文しておきます。

 「さぬき亭」という店名のとおり、この店のうどんは讃岐うどん。焼きうどんも手打ちの讃岐麺で作られるのです。もちろん普通の、もり(500円)、かけ(500円)、ぶっかけ(500円)、醤油ぶっかけ(500円)、釜玉(かまたま、550円)といったうどんもあるのですが、私はつまみとしても食べられる、この店の焼きうどんが大好きなのです。他の讃岐うどん屋ではあまり見かけないメニューですしね。

 焼きうどんができあがったところで、飲み物は芋焼酎「一刻者(いっこもん)」をロックでもらいます。

 閉店時刻を少し回ることまで楽しんで、今日のお勘定は2,000円でした。どうもごちそうさま。

 そんなわけで、地元近くの酒場6軒をぐるりとめぐり、トータル7時間、8,700円(1軒あたり1,450円)ほどのハシゴ酒でした。やぁ、よく飲んだ。

・「さぬき亭」の店情報前回

《平成20(2008)年7月28日(月)の記録》

|

« 近所の酒場をハシゴ酒(3) … 「北国」「石松」「川二郎」 | トップページ | 〔コラム〕 せんべろな酒場、せんべろな飲り方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/42341028

この記事へのトラックバック一覧です: 近所の酒場をハシゴ酒(4) … 「路傍」「アルフォンソ」「さぬき亭」:

» 魚が食べたい気分です … 手打うどん酒房「さぬき亭(さぬきてい)」(野方) [居酒屋礼賛]
 野方の手打うどん酒房「さぬき亭」にやってきました。  店に着いたのは午後8時半。入口すぐのカウンター席では、この店でよくお会いする常連さんが飲んでいます。そのお客さんにあいさつしながら、カウンターの奥側の席に座ります。奥のテーブル席(2卓)のうち1つにも2人連れのお客さんが入っています。  まずは瓶ビール(アサヒスーパードライ中瓶、550円)をもらって、仕事終わりの1杯をグイッと飲み干すと、すぐ... [続きを読む]

受信: 2008.12.28 10:23

» 炙ってうまいエリンギ … 樽酒「路傍(ろぼう)」(中野) [居酒屋礼賛]
 渋谷を後に、路線バス(京王バス:渋64系統)で中野へ。  時間的には、山手線で新宿まで行って、同じホーム向かい側の中央線各駅停車に乗り換えて中野に出るのが圧倒的に早い。しかしながら、渋谷駅前始発の路線バスにゆっくりと座って乗って、終点の中野駅前までの町の様子をながめながら、心地好いほろ酔い加減でうつらうつらしながら運ばれるという、この小さなバス旅行も捨てがたいのです。  赤羽駅~野方駅経由~高円... [続きを読む]

受信: 2009.11.24 22:47

» ウイスキー黒ホッピー … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野)ほか [居酒屋礼賛]
 池袋の老舗大型大衆酒場「ふくろ」をあとに、本日の2軒目は、中野のもつ焼き「石松」です。  実は、さっき「ふくろ」で飲んでいたとき、酒友・にっきーさんから「中野の『石松』に、秋元さんがいらっしゃってます!」というメールをいただいたのです。  「石松」は東京西部エリアのもつ焼きの名店の1軒。他には野方「秋元屋」や、そこから独立したお弟子さんの店々をはじめ、荻窪「カッパ」、沼袋「ホルモン」、祐天寺「ば... [続きを読む]

受信: 2012.06.25 09:14

« 近所の酒場をハシゴ酒(3) … 「北国」「石松」「川二郎」 | トップページ | 〔コラム〕 せんべろな酒場、せんべろな飲り方 »