« 食品添加物は使用せず … 居酒屋「まつ惣(まつそう)」(有楽町) | トップページ | 店主が一所懸命魚好き … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) »

ナスピーマン味噌炒め … 大衆割烹「ほ里乃家(ほりのや)」(鷺ノ宮)

ナスピーマン味噌炒め


 カウンターの上に、でんと置かれた立派な茄子(なす)。これはどうやって食べるんだろうと壁のメニューを確認してみると、ナスピーマン味噌炒め(420円)という一品を発見。さっそく注文すると、大きなナス丸々1本と、これまた大きなピーマンも1個が刻まれ、フライパンに入れられます。ジャーッと炒めて、味噌ダレで味をつけたらできあがり。作っているときには「こんな大きなナス、丸々1本なんて食べられるかよ」なんて思っていたのですが、いざ出てきてみると、これがまた美味いのなんの。ペロリと平らげてしまいます。

 ここは鷺ノ宮駅南口にある大衆割烹「ほ里乃家」。わが家からも近くて電車の心配がないのと、穏やかな店主夫妻の性格、その店主夫妻に引かれて集まる客層の良さ、そして何よりJ字のカウンター内で作られる料理のおいしさで、自宅に到着する前に、ついついもう1軒と寄ってしまうのです。

 今日も「ほ里乃家」に到着したのは午後11時過ぎ。瓶ビール(アサヒスーパードライ大瓶、600円)とツブ貝の刺身(450円)を注文すると、すぐに出されたお通し(200円)は、トマト、キュウリ、玉ネギのマリネです。

 カウンターの中の厨房では、店主がツブ貝を貝殻から出して、スィーッ、スィーッと刺身に引いていきます。こうやって、ひとつひとつの料理を「調理している様子を見ることができる」というのも、この店の大きな特徴なんですよねぇ。大衆割烹という位置づけながら、実際には“大衆カウンター割烹”としたほうが、この店の実態を表しているのではないかと思っています。

 金曜日の夜も、午後11時を回ると、店内に残っているのは常連さんばかり。ゆったりとした時間が流れます。

 瓶ビールに引き続いて、このところここに来ると注文することの多い抹茶ハイ(340円)をいただいて、そのつまみに注文したのが冒頭のナスピーマン味噌炒め(420円)だったのです。

 閉店時刻の午前0時を回ったところで腰を上げると、今日のお勘定は2,010円。自宅近くにこういう酒場があることに感謝しつつ、家路についたのでした。

080829a 080829b 080829c
瓶ビールとお通し / つぶ貝刺身 / 抹茶ハイ

店情報前回

《平成20(2008)年8月29日(金)の記録》

|

« 食品添加物は使用せず … 居酒屋「まつ惣(まつそう)」(有楽町) | トップページ | 店主が一所懸命魚好き … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/42625589

この記事へのトラックバック一覧です: ナスピーマン味噌炒め … 大衆割烹「ほ里乃家(ほりのや)」(鷺ノ宮):

» おでんのシーズン到来 … 大衆割烹「ほ里乃家(ほりのや)」(鷺ノ宮) [居酒屋礼賛]
 西武新宿線・鷺ノ宮(さぎのみや)駅の改札を出て、左に下りた先にある赤ちょうちんの店が、今年で創業40年となる大衆割烹「ほ里乃家」です。コの字カウンターの最後の1辺が途中で止まったようなJ字カウンター12席分程度の小ぢんまりとした店を、店主夫婦で切り盛りします。  金曜日、夜10時過ぎの店内はゆるやかに満席気味で、あっちにポツリ、こっちにポツリと、1席ずつ何個か空いたすき間のひとつに入れてもらって... [続きを読む]

受信: 2008.11.23 10:43

« 食品添加物は使用せず … 居酒屋「まつ惣(まつそう)」(有楽町) | トップページ | 店主が一所懸命魚好き … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) »