« 6年目の飲み仲間たち … 宮古島郷土料理「ラッキー」(亀戸) | トップページ | 閉店間際にゆっくりと … もつ焼き「宇ち多゛(うちだ)」(立石) »

300円均一の人気店 … 大衆酒場「大露路(おおろじ)」(新橋)

サンマ塩焼と燗酒


 都内での仕事を終えて、新橋の「大露路」にやってきました。ここはビール以外は食べ物も、飲み物もすべて300円均一であることが人気の大衆酒場。新橋で、この安さで飲める店は、立ち飲み以外には知りません。

 午後5時を回ったばかりの時刻なのに、店内に4つあるテーブルのすべてにお客さんが座っていて、すでにワイワイと楽しげな酒場の雰囲気ができあがっています。

「おひとり? こちらにどうぞ」

 女将さんらしき女性が、そのうちの1卓への相席を促してくれます。

 店は、入口を入ると左手に8人掛けの長テーブルが二つ。右手に6人掛けの長テーブルが二つの全28席。ただし、この8人掛け、6人掛けは、椅子をびっちりとくっつけて並べた状態での席数なので、実際にこの人数が座ると、一人当たりのスペースは大変な狭さになります。

 今案内されたこの席も、6人掛けながら、奥にサラリーマン二人連れが座って、こちらに私が座ると、もうその間に座るのは難しいくらいの狭さしか残っていません。しかし、いつもお客さんでいっぱいのこのお店。ひとりでも多くのお客さんが入れるように、ということなんでしょうね。

 さてと。飲み物はまず瓶ビール(キリンラガー大瓶、550円)をもらいますか。料理はマグロ納豆(300円)をお願いします。

 ここの300円均一の何がすごいって、マグロ納豆もそうですが、マグロ刺身やシメサバだって300円だし、焼きうどんや焼きそばだって300円なんですからねぇ。

 お通しのモヤシ味付けをつつきながらビールを飲んでいるところへ出されたマグロ納豆は、納豆にぶつ切りのマグロを4切れのせて、たっぷりの刻みネギに、練り辛子が添えられています。醤油をかけて、グルグルとかき回していただきます。

 お。サンマの塩焼きもありますねぇ。秋だし、サンマをもらって燗酒にしますか。きっと焼くのに時間がかかるに違いないので、今からたのんでおきましょう。サンマ塩焼きももちろん300円です。

 店は女将さんらしき女性のほかに、男女それぞれ1名ずつ、計3名で、厨房も含めて切り盛りしています。

 サンマが焼きあがったところで燗酒(千福、300円)をもらうと、受け皿のないコップに、ヤカンからなみなみと燗酒を注いでくれます。なんだか野毛の「武蔵屋」を思わせます。

 あぁ。サンマもうまいっ。お腹の苦いところが、また燗酒にぴったりと合うんですよねぇ。

 1時間ほど愉しんで、今日のお勘定は1,500円でした。どうもごちそうさま。

081003a 081003b 081003c
「大露路」 / 瓶ビールとお通し / マグロ納豆

店情報前回

《平成20(2008)年10月3日(金)の記録》

|

« 6年目の飲み仲間たち … 宮古島郷土料理「ラッキー」(亀戸) | トップページ | 閉店間際にゆっくりと … もつ焼き「宇ち多゛(うちだ)」(立石) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/42941900

この記事へのトラックバック一覧です: 300円均一の人気店 … 大衆酒場「大露路(おおろじ)」(新橋):

» ハムとメンチの盛合せ … 大衆酒場「大露路(おおろじ)」(新橋) [居酒屋礼賛]
 都内での仕事を終えて、やってきたのは新橋の大衆酒場「大露路」です。店に着いたのは午後4時45分。この時間ならまだ入れるかな。(ちなみに「大露路」の開店時刻は午後4時です。)  ガラリ、と入口引き戸を開けて店内に入ると、右手に6人掛けテーブルが2卓、左手に8人掛けテーブルが2卓の、合わせて28人分の店内には、すでに手前側の左右のテーブルにはお客さんが入っており、奥側の左右2卓が空いている状態。左側... [続きを読む]

受信: 2009.03.22 06:03

« 6年目の飲み仲間たち … 宮古島郷土料理「ラッキー」(亀戸) | トップページ | 閉店間際にゆっくりと … もつ焼き「宇ち多゛(うちだ)」(立石) »