« 常連さんと話も弾んで … 大衆酒場「いづみや」(日暮里) | トップページ | 店情報: 宮古島郷土料理「ラッキー」(亀戸) »

数量限定の新作焼き鳥 … 焼き鳥「鳥やす本店(とりやすほんてん)」(高田馬場)

燗酒と小おろし、もつ煮込み


 日暮里から、山手線でグルリとまわって、今日の2軒目は高田馬場の「鳥やす本店」です。

 金曜日、午後8時半の「鳥やす」は今日も満席。「今、お会計をされているお客さんがいらっしゃいますから、少しだけお待ちください」と店のおにいさんが声をかけてくれて、店の外で待つこと20秒ほど。すぐに店内に案内されると、すでにカウンター席の一角にお絞りと、お通しの小おろし(60円←税抜き表記。以下同じ)が置かれて、私の到着を待っている状態です。

 その席に座りつつ、おにいさんに燗酒(「富翁」本醸造、320円)と、もつ煮込み(300円)を注文します。

 この店には煮込みと、もつ煮込みという二つの煮込みメニュー(ともに300円)があり、煮込みは根菜類と手羽先の煮込み、もつ煮込みは豚の内臓(ガツ、シロなど)とコンニャクの煮込みなのです。前回、煮込みをいただいたので、今回はもつ煮込みのほうにしてみたのですが、個人的には前回の煮込みのほうが好みかな。

 煮込みを食べながら、焼きあがるのに時間のかかる焼き鳥を注文します。ここの焼き鳥は、鶏の焼き鳥で、単品での注文は2本以上ずつとなります。数種類を一度に注文するときも、やっぱり1種2本以上ずつなんだそうです。うーむ。このルールがあると、ひとりではいろんな焼き鳥は食べられないですねぇ。

 どれにするかちょっと悩んで、正肉(1本70円)と皮(1本70円)、そしてぼんにく(1本90円)を、それぞれ2本ずつもらうことにします。

 ぼんにくというのは、数量限定の新作焼き鳥で、「ぼんちりとにんにくのはさみ焼き」を省略したもの。新作と言いながら、実は、20数年前の一時期、この店で出されていたメニューの復刻版なんだそうです。

 焼き鳥が焼きあがってくるのにあわせて、飲み物はチューハイ(350円)を注文します。そのチューハイのメニューに「梅干入りできます」という注記が入っているので、その梅干入りを注文してみると、普通のチューハイとは別に、小皿に2個の梅干を出してくれます。あらら。この梅干をつまみにチューハイが飲めちゃうかも。この梅干、あとでお勘定から逆算してみたところ200円のようです。

 注文の際に、あえて味付け(タレ、塩の別)を指定せずに注文してみたところ、正肉と皮はタレで、ぼんにくは塩で出されます。ただし、丸いお皿に一緒盛り。塩味のぼんにくは、他の4本のタレ焼きとは直角になるように置いて、味が混ざり合わないような配慮はしてくれているものの、食べているうちにやっぱり混ざってしまうのが残念です。

 1時間ほどの滞在は、1,780円でした。ごちそうさま。

080926d 080926e 080926f
もつ煮込み / 焼き鳥 / チューハイ(梅干入り)

店情報前回

《平成20(2008)年9月26日(金)の記録》

|

« 常連さんと話も弾んで … 大衆酒場「いづみや」(日暮里) | トップページ | 店情報: 宮古島郷土料理「ラッキー」(亀戸) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/42915252

この記事へのトラックバック一覧です: 数量限定の新作焼き鳥 … 焼き鳥「鳥やす本店(とりやすほんてん)」(高田馬場):

» マニアな本の打ち合せ … 焼き鳥「鳥やす本店(とりやすほんてん)」(高田馬場) [居酒屋礼賛]
 ホピオシリーズ第3弾の進捗確認を兼ねた打ち合せで、高田馬場にやってきました。  ホピオシリーズの“ホピオ”というのは、“ホッピー親父”の略。『ホッピー好きな親父が行くような大衆酒場を紹介するガイドブックを作ろう』というコンセプトです。  その第1弾は一昨年(2010年)2月に発売した「もつマニア」で、第2弾が昨年(2011年)7月発売の「さかなマニア」。そして現在進行形の第3弾が、今日のテーマと... [続きを読む]

受信: 2012.08.24 07:00

« 常連さんと話も弾んで … 大衆酒場「いづみや」(日暮里) | トップページ | 店情報: 宮古島郷土料理「ラッキー」(亀戸) »