« 〔コラム〕 やきとり(焼きとん)の歴史を探る | トップページ | 生ホッピーのおいしさ … 酒処「秀(ひで)」(立石) »

店情報: 酒処「秀(ひで)」(立石)

    081003z3
  • 店名: 酒処「秀」
  • 電話: 03-5670-8739
  • 住所: 124-0012 東京都葛飾区立石7-2-11
  • 営業: 17:00-22:30(22:00LO)、木休
  • 場所: 京成立石駅の改札を出て左に降り、線路沿いの道を青砥、京成高砂方面に、交差する道路も突っ切りながら進む。二つ目の踏み切りのところを左折して約50m、バス停の手前を左折した先、右手。(向かいはもつ焼きの「江戸っ子」)
  • メモ: びんビール(キリンクラシックラガー大)600、日本酒(大)550、日本酒(小)280、アサヒ樽詰生ビール(中)550、生ホッピー(白・黒・ハーフ&ハーフ)450、秀ハイ300、ハイボール(焼酎)280、梅肉ハイボール330、ウイスキーハイボール330、電気ブランハイボール330、レモンサワー300、グレープフルーツサワー300、クエン酸サワー300、巨峰サワー300、ラムネサワー330、梅酒サワー350、杏露酒380、ウーロンハイ300、お茶ハイ300、ウコン茶ハイ330、コーヒー酎(自家製炭火焼)300、デンキブラン250、コークハイ350、梅酒ロック280、黒霧島(芋)400、さつま五代(芋)400、百秀(芋)450、ラムネ250、コカコーラ250など。
    串かつ330、メンチかつ300、ポテトサラダ280、もつ焼き(タン、ハツ、レバ、シロ、カシラ)1本110で2本より、豚なんこつ煮280、マカロニサラダ280、ハムかつ300、ポテトフライ280、クラゲポン酢380、もずく酢380、じゃがいもとソーセージ炒め450、ニラレバ炒め430、ホールモン炒め400、大根サラダ330、スティックサラダ350、じゃがいもベーコン炒め430、コーンバター390、タコのから揚げ380、鳥ひざナンコツ揚げ380、あじフライ300、レバかつ300、中華クラゲ280、和牛スジ煮込み380、豚もつ煮込み300、チャンジャ330、豚刺(タン、ハツ、ガツ、レバ、コブクロ)各280、三点盛(豚レバ刺・タン刺・ハツ刺)480、二点盛(豚ガツ刺・コブクロ刺)320、自家製しめさば480、豚ハラミとネギ炒め390、ゴーヤのおひたし280、お口さっぱり紅しょうが0、青とうしょうゆ漬け20、マヨネーズ30など。(2008年10月調べ)

|

« 〔コラム〕 やきとり(焼きとん)の歴史を探る | トップページ | 生ホッピーのおいしさ … 酒処「秀(ひで)」(立石) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/42997827

この記事へのトラックバック一覧です: 店情報: 酒処「秀(ひで)」(立石):

» 生ホッピーのおいしさ … 酒処「秀(ひで)」(立石) [居酒屋礼賛]
 宇ち中(うちちゅう)さんと一緒に京成立石にやって来て、ぜひ行ってみたかったのが生ホッピーの飲める店、「秀」です。「秀」は「宇ち多゛」から見ると線路の反対側(北側)、「鳥房」や「おでんや」などがあるエリアの一角、もつ焼きの「江戸っ子」の向かい側にあります。  生ホッピーとは言うものの、樽の中に詰められているのは普通の瓶のホッピーと同じもの(*)で、通常はよく冷えたジョッキに、これまたよく冷えた焼酎... [続きを読む]

受信: 2008.11.09 07:22

» 生ホッピーと多くの肴 … 酒処「秀(ひで)」(立石) [居酒屋礼賛]
 「ミツワ」を出たところで、近くの「毘利軒」で飲んでいるという「酔わせて下町」のFさんとも連絡がつき、detchさん、m蔵さんご夫妻と4人で向かったのは、生ホッピーの飲める店、「秀」です。  ここには白・黒両方の生ホッピーがそろっていて、それぞれ450円。両方の生ホッピーがあるということは、ハーフ&ハーフもできるわけですね。  よく冷えた三冷(さんれい)の生ホッピーをもらって乾杯し、つまみは豚なん... [続きを読む]

受信: 2010.01.12 21:31

« 〔コラム〕 やきとり(焼きとん)の歴史を探る | トップページ | 生ホッピーのおいしさ … 酒処「秀(ひで)」(立石) »