« 名物・レバ刺しタレ塩 … もつ焼き「カッパ」(荻窪) | トップページ | カワハギはキモと共に … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) »

イカ大根がはじまった … 立ち飲み「やき屋(やきや)」(荻窪)

いか大根


 うなぎの「川勢」、もつ焼きの「カッパ」で飲んだ後、荻窪でのハシゴ酒の3軒目として向かったのは立ち飲みの「やき屋」です。

 2軒で燗酒を4杯いただいているので、いい気持ちでふらりと店内に入ると、「やき屋」もちょうどお客さんが入れかわる時間帯なのか(時刻は午後7時前)、左手のサブカウンターはもちろん、右手のメインカウンターの奥のほうにも空きがある状態です。

 入口横のレジカウンターのところに立つ女将さんが、

「大根の香りが届きましたか?」

 と笑顔で迎えてくれます。

「おっ! イカ大根がはじまったんですね!?」

 八戸直送の新鮮なイカ料理が、全品170円均一で食べられる立ち飲みの「やき屋」。その「やき屋」の冬場の名物メニューが、イカ大根(もちろん170円)なのです。いやいや。今年もそのシーズンがやってきましたか。うれしいなぁ。

 メインカウンターの一番奥のほうに立って、そのイカ大根と燗酒(北の誉、250円)を注文すると、カウンターの中のゲンさん(店長)が、いか大根の大きな鍋の中から、まずは大根を取り分けて、そのあと鍋の中を菜箸でグルグルっと探るようにしながら、一緒に煮込まれているゲソやエンペラを数切れ取り出してくれます。

 どうですか。この大根のボリューム。今日び、おでんの大根だって1個が300~400円もするお店があるのに、イカも入って170円とは素晴らしいではありませんか。

 しかも黒々と透き通るほどじっくりと煮込まれた大根の、やわらかいこと、うまいこと。イカ以上にイカの旨味が凝縮されてるんですよねぇ。あぁ、幸せ。

 あまりの幸せに、燗酒(250円)をおかわりするとともに、シメサバ(220円)を大奮発です。

 シメサバは、ここ「やき屋」の最高値(さいたかね)メニュー。袋入りで売られている市販のシメサバながら、サバ半身分すべてが出されるお値打ち品なのです。しかも、今年の初夏、他のメニューが150円(税別)から170円(税込)に値上げする前から、シメサバは220円(税別)だったので、今は税込みになった(11円)ぶんだけ値下げになった勘定になっているのでした。

 このシメサバ以外で、170円でないメニューは、ホタテ一串の200円。その他の19品は170円均一です。19品中、イカ料理は11品。それ以外の8品に、シメサバ、ホタテ一串を加えた10品がイカ以外の料理です。そうやってみると、イカ料理とそれ以外は半々くらいの比率なんですね。

 ちなみにイカ以外の料理は、たとえばウナギきも焼や、刻み穴子、もつ煮込み、みそきゅうり、つけもの、冷やっこなどです。

 1時間弱ほど立ち飲んで、今日の890円。今シーズンも美味しいイカ大根がいただけて、ひと安心です。

081108g 081108h 081108i
「やき屋」 / しめさば / いか大根の鍋

 荻窪での3軒で、それぞれ燗酒を2杯ずつ、都合6杯(5~6合程度)の燗酒をいただいたので、あとはちょっと麺類でも食べてしめようかと、やってきたのは同じ北口商店街の一角にあるラーメン店、「春木屋」です。

 午後8時前の店内は、席も空いているようなので、久しぶりに「春木屋」のラーメンを食べようかなと、ふと入口の横を見ると、目立つ黄色地に黒い文字で「無断で店内外の写真撮影、ネット画像の利用等はお断りいたします」というボードが張り出されています。

 うーむ。昔から有名なお店ですが、何かトラブルでもあったのでしょうか。店の外も撮るなっていうのは、すごいですね。ストリートビューもアウトだ。

 私のところはラーメン・サイトではないので、ここでの写真が撮れなくてもこれといって問題はないのですが、とりあえず今日は別の店にしましょう。

 荻窪駅北口商店街のある、駅北口東側から、途中にある「冨士食堂」などを観察しながら、同じ北口ながら西側に抜けると、そこにポコンと1軒だけ突き出したように存在しているのが、24時間営業の「天亀そば」です。看板には「立喰処」とあるものの、店内のカウンターには椅子がついています。

 この「天亀そば」は、値段が安くて、種類が多いのが特徴。そばは、かけそばの250円から始まって、天ぷら(かき揚げ)そばが360円、天ぷら玉子そばが410円、鴨南ばんは470円。カレーや親子丼、かつ丼などとセットになった、セットメニューも豊富です。

 今日は軽く、「石臼挽き」と書かれたもりそば(290円)をズズッとたぐって終了。この値段なのに、ちゃんとそば湯も出してくれるのがありがたいですね。どうもごちそうさま。

081108j 081108k 081108l
「冨士食堂」 / 「天亀そば」 / もりそば

・「やき屋」の店情報前回

《平成20(2008)年11月8日(土)の記録》

|

« 名物・レバ刺しタレ塩 … もつ焼き「カッパ」(荻窪) | トップページ | カワハギはキモと共に … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) »

コメント

いつも楽しく拝見しております。小生はお酒は弱いので、貴兄等酒の強い人がうらやましい限りです。荻窪の「富士食堂」懐かしいですね。
小生が学生時代に荻窪に下宿しておりまして、「富士食堂」はよく利用していました。当時は定食が2種類と単品があり、嫌いなものでない限りは両定食と大盛りごはんを戴いておりました。

投稿: 志ん朝命 | 2008.12.23 18:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/43498850

この記事へのトラックバック一覧です: イカ大根がはじまった … 立ち飲み「やき屋(やきや)」(荻窪):

» ホッピーも安いのです … 立ち飲み「やき屋(やきや)」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 昨春の瓶入りホッピーの値上げにともなって、多くの酒場でホッピーの値上げが続いています。以前はチューハイと同じくらいの値段だったホッピーが、今や生ビールと肩を並べるほど。  そんな中にあって、相変わらず安い値段を保っているのが、荻窪駅北口商店街の中にある、イカ料理がすべて170円均一という立ち飲みの「やき屋」です。イカ料理も安いのですが、ホッピーも安いのです。  ご多分に漏れず、「やき屋」も昨年の... [続きを読む]

受信: 2009.01.18 12:42

« 名物・レバ刺しタレ塩 … もつ焼き「カッパ」(荻窪) | トップページ | カワハギはキモと共に … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) »