« 店情報: 炭火焼鳥「一火(いちか)」(横浜市・上大岡) | トップページ | 金曜日は途中下車して … 酒房「北国(きたぐに)」(中野) »

ナンコツはあえてタレ … 炭火焼鳥「一火(いちか)」(横浜市・上大岡)

ナンコツはあえてタレで


「今年は都内の酒場で飲むことが多くて、上大岡の「一火」にもまだ行けてないんですよ」

 吉野町の「喜楽や」を出たところでG.Aさんにそう申し出たところ、

「それじゃ、2軒目は「一火」に行きますか」と快く応じてくれるG.Aさん。

 「一火」は、同じく上大岡にある大人気の焼き鳥屋、「鳥佳」の2号店として、今年(2008年)4月にオープンしたばかりのお店。早いうちに行ってみたいなぁと思いつつ、すでに半年以上の月日が過ぎてしまいました。

 G.Aさんは「鳥佳」はもちろん、すでに「一火」にも何度も通っていて、すっかり常連さんです。私自身、はじめて「鳥佳」のことを知ったのは、G.Aさんの「至高のはらわた」の「鳥佳」の記事だったのでした。

 吉野町から上大岡までは地下鉄でほんの7分(しかし運賃は230円)。午後8時40分に「喜楽や」を出て、8時55分にはもう「一火」の前です。

 木曜日、午後9時前の店内はほぼ満席で、カウンターのお客さんにギュギュッと詰めあってもらって、なんとか二人、座ることができました。

 店内は入口を入ったところから、左に回りこむように細長~い造り。入口側にテーブル席があって、一番奥にカウンターや焼き台があります。

 メニューはというと、1号店の「鳥佳」とほぼ(まったく?)同じ。2号店の店長さんは、「鳥佳」でも水曜日(店主がお休みの日)に焼き台を担当していた、しんたろうさんです。

 G.Aさんがキープされている麦焼酎「一火」を、G.Aさんはウーロン割りで、私は炭酸割り(=チューハイ)でいただきます。

 串ものの注文は、いつものようにG.Aさんにお任せすると、まずはレバ生(1本150円)からスタートです。一品メニューのレバ刺し(700円)もあるのですが、今、いただいたのは串に刺したレバを、焼かずにそのまま出してもらうもの。刻みネギをたっぷりとのせてくれたものを、胡麻油でいただきます。

 そして皮(1本150円)とシロ(1本150円)をタレで。「鳥佳」でも美味しいこの2品は、しっかりと「一火」にも引き継がれてます。くるりと巻かれたシロがいいんですよねぇ。

 続いてレバ(1本150円)を若焼きの塩でいただいて、しんたろうさんと言えばのこの一品、ナンコツ(1本150円)のタレをいただきます。

 以前、しんたろうさんが「鳥佳」の焼き台にいたときに、「あえてタレにしてみました」と出してくれたのが、このナンコツのタレ焼きだったのでした。しんたろうさんの自信の一品に、黒七味をちょいと振ってかじりつきます。あぁ、うまいっ!

 最後はレバ(1本150円)の超若焼きタレで締めくくります。

 串ものがすべて、絶妙な火の通り加減なのがいいですねぇ。開店半年でもう人気店になっている理由はここにあるんですね。

 1時間半ほど楽しんで、お勘定は二人で2,160円(ひとり1,080円)でした。やぁ、おいしかった。また来ますね!

 今回もありがとうございました。どちらもいいお店でした。>G.Aさん

081030d 081030e 081030f
「一火」 / 本日の一火メニュー / チューハイ

081030g 081030h 081030i
レバ生(ゴマ油) / 皮タレ / シロタレ

081030j 081030k 081030l
レバ若焼き塩 / しんたろうさん / レバ超若焼きタレ

店情報

《平成20(2008)年10月30日(木)の記録》

|

« 店情報: 炭火焼鳥「一火(いちか)」(横浜市・上大岡) | トップページ | 金曜日は途中下車して … 酒房「北国(きたぐに)」(中野) »

コメント

先日、まったく同じコースを辿りました(笑)

一火も素晴らしいですね!

投稿: さなP | 2008.12.09 08:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/43362925

この記事へのトラックバック一覧です: ナンコツはあえてタレ … 炭火焼鳥「一火(いちか)」(横浜市・上大岡):

» キャベツはかたまりで … 炭焼「一火(いちか)」(横浜市・上大岡) [居酒屋礼賛]
「キャベツはこうして、大きくグワッと割って、このくらいのかたまりで、ゴマ油・塩にたっぷりとつけて、こうやって食べてみてください。ガブッと。そうです。どうですか? うまいでしょう? こうやって食べてくださいよ、キャベツは」  有機キャベツ特製味噌付き(320円)を前に、そうやって食べ方をレクチャーしてくれるのは、「Gaily Amaha の 未熟な舌 過敏な腸」(至高のはらわた)主宰のG.Aさんこと... [続きを読む]

受信: 2009.04.19 06:25

« 店情報: 炭火焼鳥「一火(いちか)」(横浜市・上大岡) | トップページ | 金曜日は途中下車して … 酒房「北国(きたぐに)」(中野) »