« 店情報: 居酒屋「喜楽や(きらくや)」(横浜市・吉野町) | トップページ | 店情報: 炭火焼鳥「一火(いちか)」(横浜市・上大岡) »

吉野町で魚をたっぷり … 居酒屋「喜楽や(きらくや)」(横浜市・吉野町)

刺身盛り合せ(中)


『さすがに昨日は飲みすぎたなぁ。平日に6軒はちょっとまずいよね』

 と昨夜の怒涛の野毛飲み(前編後編)を反省しているところへ、携帯にピピピとメール。

「今日、吉野町で魚を食べませんか?」

 メールの主はG.Aさんです。G.Aさんのおすすめのお店には間違いがありません。

「行きます行きます」

 ふたつ返事で返信すると、昨日の反省もどこへやら。今夜に向けてルンルンと仕事も進みます。

 吉野町(よしのちょう)は横浜市営地下鉄ブルーラインで、関内(かんない)と上大岡(かみおおおか)のほぼ中間。どちらの駅からも3駅という位置にあります。

 その吉野町駅のすぐ近く、大通り(横須賀街道・国道16号線)を折れた先に目指す「喜楽や」があります。

 店内は左手にテーブル席が並び、右手奥の厨房の前にカウンター席もあるという造り。

 木曜日、午後7時前の店内には先客が2組ほどテーブルを囲んでいます。まわりには他に飲食店もなく、大通りからも入った場所にあるため、歩いていてふらりと入るようなお店ではありません。この店を目指してやってきたお客さんたちばかりです。

 我われは一番奥のテーブル席に陣取って、まずは瓶ビール(キリンラガービール中瓶、400円)をもらって乾杯すると、お通しとして出されたのは、ぬた。数種類の刺身が入ったぬたは、これだけで立派な一品です。これは期待できますねぇ!

 驚くのはメニューの数。カウンター上部にずらりと並んだ、わら半紙メニューは、その数およそ60品。さらにテーブル上の定番メニューにも25品ほどの料理が並んでいます。値段もポテトフライや厚揚げの400円からはじまって、ほとんどが3桁台(千円未満)で、千円を超えるメニューは天ぷらの盛合せ(1,000円)や、刺身の盛り合わせ(1~2人前の中が1,000円、2~3人前の大が1,800円)、そして皮ハギ鍋(1,000円)、寄せ鍋(1,300円)などの鍋物くらいです。

「刺身だけをガッツリと食べたいのなら大でもいいですが、他のものも食べるのなら中(ちゅう)をもらったので十分です」

 と教えてくれるG.Aさんのおすすめに従って、刺身盛り合せの中(1,000円)を注文すると、これが小さなイシダイに、キンメ、イナダ、タコ、アジ、シメサバの豪華6点盛りでボリュームたっぷり。1~2人前とのことですが、ひとりで食べたら、これだけで満腹になってしまいそうです。

 瓶ビールに続く飲み物としてG.Aさんはキープしている麦焼酎「中々(なかなか)」のボトルを出してもらって、お湯割りです。ボトルのキープ期間が1年間もあるので、安心してキープできますね。その「中々」のボトル(4合瓶)が1,500円というんだから、あまりの安さに驚きです。キープボトルを飲む場合は、氷や炭酸、お湯、ウーロン茶など(それぞれ300円)をもらって飲むことになります。

 私は日本酒をいただくことにします。普通に「お酒」と注文すると、「会津ほまれ」が1合400円、2合なら800円で出されますが、その他に、店の一番奥の壁のところに「おすすめの地酒」と書かれた黒板メニューが掲げられていて、十四代・純吟(1,000円)、鶴の友(700円)、上喜元(700円)、立山(600円)、八海山(700円)などが並んでいます。どのお酒も冷酒でもいただけるし、燗もつけてもらえるということで、鶴の友(700円)を燗でいただきます。

 続くつまみはメダイのあら煮。これは1人前しか作れないらしく、我われが注文した瞬間に(値段を覚えるひまもないうちに)壁の半紙メニューがはずされました。たぶん700円くらいだったと思うのですが、出てきたあら煮のあまりの量にびっくり! 大きなメダイ1尾分のあらがすべて入っています。頭もしっかり入っているので、大きな目玉も両側に。いやぁ、目玉の奪い合いにならなくて良かった良かった。

 この2品でお腹もすっかりできあがりますが「せっかくなのでもう1品」と選んだのが激辛・ハーフちげ鍋(500円)。「辛くなくすることもできますよ」と奥さんが声をかけてくれますが、激辛のままでいただくことに決定です。

 鍋は、厨房でできあがってから出されます。口に入れた瞬間は、それほど辛くは感じないのですが、ダシのうまみの後からジワァーッと辛さが効いてくるタイプです。

 1時間40分ほど楽しんで、お勘定は二人で5,700円(一人あたり2,850円)でした。

 店主の魚好きがヒシヒシと伝わってくる居酒屋です。

081030a 081030b 081030c
ビールとお通し(ぬた) / メダイあら煮 / 激辛・ハーフちげ鍋

店情報

《平成20(2008)年10月30日(木)の記録》

|

« 店情報: 居酒屋「喜楽や(きらくや)」(横浜市・吉野町) | トップページ | 店情報: 炭火焼鳥「一火(いちか)」(横浜市・上大岡) »

コメント

私も先日(12/4)にG.Aさんのご案内で行って参りました!

魚好きにはたまらない店ですね。

量が多いので一人ではなく、誰か誘って行きたいです。

ここはぜひまた行きたいです。happy02

投稿: さなP | 2008.12.08 08:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/43349700

この記事へのトラックバック一覧です: 吉野町で魚をたっぷり … 居酒屋「喜楽や(きらくや)」(横浜市・吉野町):

« 店情報: 居酒屋「喜楽や(きらくや)」(横浜市・吉野町) | トップページ | 店情報: 炭火焼鳥「一火(いちか)」(横浜市・上大岡) »