« 横浜ならではの2軒め … バー「クライスラー(CHRYSLER)」(横浜市・日ノ出町) | トップページ | とりもつ鍋で燗酒2本 … 居酒屋「鍵屋(かぎや)」(鶯谷) »

店情報: 居酒屋「鍵屋(かぎや)」(鶯谷)

    081107z
  • 店名: 鍵屋酒場
  • 電話: 03-3872-2227
  • 住所: 110-0003 東京都台東区根岸3-6-23-18
  • 営業: 17:00-22:00(21:30LO)、日祝休
  • 場所: JR鶯谷駅南口から凌雲橋を渡り、さらに言問通りを横断して左へ。古本屋の手前の路地を右折し、すぐ次の角を左折した先、右手。駅から5分ほど。
  • メモ: 安政3(1856)年に酒問屋として創業。昭和初期からその一角で酒が飲めるようになり、戦後、昭和24(1949)年から本格的に居酒屋となった。言問通りの拡張で立ち退きを余儀なくされ、創業時からあ続いていた古い建物は江戸東京たてもの園に移築・保存された。現在の店は昭和48年からの営業。店舗は大正時代の建物を元にしたもので、楓(かえで)の丸太をスパッと半分に割った重厚なカウンターと、店の奥の百日紅(さるすべり)の柱に、店の風格を感じる。
    〔飲物〕櫻正宗、大関、菊正宗、各正一合530。瓶ビール(大)610・(小)530、冷酒910。(2013年3月調べ、2017年2月変わらず)
    〔料理〕とり皮やき560、とりもつやき570、合鴨塩やき610、うなぎくりからやき1本520、冷奴560、煮奴610、とりもつなべ730、とり皮なべ730、味噌おでん570、たたみいわし680、大根おろし470、ところてん450、お新香500、さらしくじら780、もずく570、かまぼこ570、玉子焼(土曜日)570、湯どうふ(秋冬のみ)770、にこごり(秋冬のみ)660。(2017年2月調べ)
    〔料理〕とり皮やき520、とりもつやき540、合鴨塩やき 580、うなぎ くりからやき1本490、冷奴520、煮奴580、とりもつなべ690、とり皮なべ690、味噌おでん540、たたみいわし640、大根おろし440、ところてん420、お新香470、さらしくじら740、もずく540、かまぼこ540、玉子焼(土曜日)540、湯どうふ(秋冬のみ)730、にこごり(秋冬のみ)620。(2013年3月調べ)
  • HTML版(2003年以前): (02.12.16)(00.11.19)(00.10.26)

|

« 横浜ならではの2軒め … バー「クライスラー(CHRYSLER)」(横浜市・日ノ出町) | トップページ | とりもつ鍋で燗酒2本 … 居酒屋「鍵屋(かぎや)」(鶯谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/43441694

この記事へのトラックバック一覧です: 店情報: 居酒屋「鍵屋(かぎや)」(鶯谷):

» とりもつ鍋で燗酒2本 … 居酒屋「鍵屋(かぎや)」(鶯谷) [居酒屋礼賛]
 金曜日。横浜からの帰り道に、京浜東北線1本で鶯谷(うぐいすだに)までやってきました。向かうのは東京を代表する老舗居酒屋の1軒、「鍵屋」です。  「鍵屋」は、江戸時代、安政3(1856)年に酒問屋として創業し、今年で創業152年です。昭和初期から店の一角でお酒が飲ますようになり、終戦後の昭和24(1949)年から本格的な居酒屋になりました。  道路の拡張により、昭和45(1970)年頃に立ち退きを... [続きを読む]

受信: 2008.12.21 09:59

» サイデンさんは隔週で … 居酒屋「鍵屋(かぎや)」(鶯谷) [居酒屋礼賛]
 鶯谷駅の東側、言問通りを渡った先、台東区根岸にあるのが、昭和24(1949)年に居酒屋として創業した老舗「鍵屋」です。  開店30分後(午後5時半)の「鍵屋」は、L字カウンター長辺に4人ほど先客が座っている状態。私は空いていた短辺のところに腰を下ろします。前回とまったく同じ席ですねぇ。ここはカウンターの中にある焼き台の目の前で、焼き物の注文が入ると店主が目の前に来る場所です。  まずは菊正宗の燗... [続きを読む]

受信: 2009.01.11 10:54

» 湯どうふは秋・冬のみ … 酒「鍵屋(かぎや)」(鶯谷) [居酒屋礼賛]
 台東区根岸の老舗酒場「鍵屋」。ここの湯どうふ(730円)は、秋・冬だけに出されるメニューです。「どうして?」と店主に尋ねてみたところ、 「昔から鱈(たら)が出始めたらお出しするようにしてるんですよ。だいたい10月頃から、翌年の4月頃まででしょうか」  と教えてくれました。小鍋で出される湯どうふの中身は、豆腐と鱈(たら)、そして春菊(しゅんぎく)というシンプルなもの。これをポン酢醤油でいただきます... [続きを読む]

受信: 2010.06.23 08:15

» 東京名店めぐり4軒目 … 「鍵屋(かぎや)」(鶯谷) [居酒屋礼賛]
 宇ち中さん、丁稚さんと向かう本日の4軒目は、台東区根岸にある老舗酒場、「鍵屋」です。  「鍵屋」は、幕末の安政3(1856)年に酒問屋として創業し、昭和初期からその一角でお酒が飲めるようになりました。戦後、昭和24(1949)年に本格的な居酒屋に転身。現在の店は大正時代の建物を元にしたもので、楓(かえで)の丸太をスパッと半分に割った重厚なカウンターと、店の奥の百日紅(さるすべり)の柱に、店の風格... [続きを読む]

受信: 2011.07.27 23:47

» とりもつなべで菊正宗 … 「鍵屋(かぎや)」(鶯谷) [居酒屋礼賛]
 2年ぶりの「鍵屋」は満席に近い状態。しかしながら、カウンターの中央部にちょうどひとり分の空席があって、そこに入れてもらうことができました。  すぐに出されるお通し(サービス)は、小さな器のところてん。 「菊正宗(530円)と、とりもつなべ(690円)をお願いします」  と注文すると、奥の厨房に『とりもつなべ』の注文が通され、カウンター内の銅製の燗づけ器で、菊正宗の燗がつけられます。  酒問屋とし... [続きを読む]

受信: 2013.03.24 10:55

» 煮やっこで飲む櫻正宗 … 酒「鍵屋(かぎや)」(鶯谷) [居酒屋礼賛]
 横浜の勤務先から、都内の自宅へと帰る道すがら、鶯谷駅で途中下車して「鍵屋」です。  京浜東北線に乗り込めば、横浜、川崎、品川、新橋、神田、上野、赤羽、さらには浦和、大宮方面まで、乗り換えることなしに行くことができるので、この沿線で飲んで帰るのが金曜日の夜の楽しみになっているのでした。  金曜日、午後8時前の「鍵屋」は、予想どおり満席に近い状態ながら、前回同様、カウンター中央部の、ちょうど燗づけ器... [続きを読む]

受信: 2013.05.04 15:07

» 前回とまったく同じだ … 酒「鍵屋(かぎや)」(鶯谷) [居酒屋礼賛]
 最寄り駅で言うと鶯谷(うぐいすだに)なんだけど、「鍵屋」はやっぱり『根岸の鍵屋』と言うほうがあってるような気がするなあ。住所が台東区根岸だから『根岸の鍵屋』なんですね。  同じことが横浜の「武蔵屋」にも言えて、最寄り駅は桜木町(さくらぎちょう)なんだけど、横浜市中区野毛町にあるから『野毛の武蔵屋』。このほうがピタリとおさまります。  牛にこみ「大坂屋」を出て門前仲町(もんぜんなかちょう)から、茅... [続きを読む]

受信: 2013.06.12 22:30

» とりもつなべで菊正宗 … 「鍵屋(かぎや)」(鶯谷) [居酒屋礼賛]
 根岸の「鍵屋」にやって来ると、たいてい「とりもつなべ」(690円)を注文する。  これは、とりもつ(心臓、肝臓、砂肝)の他、豆腐、麩、玉ねぎ、細切りのこんにゃくなどを、割り下で煮こんだもの。ひとり用の小さなアルミ鍋で出され、好みで刻みネギをトッピングする。  鶏レバのコク、砂肝の弾力ある食感。そして醤油と砂糖の甘辛い汁(つゆ)。  これが燗酒に爆発的に合うんだなあ。  その燗酒(530円)。菊正... [続きを読む]

受信: 2014.01.25 10:53

» 春は櫻正宗、秋なら菊 … 「鍵屋(かぎや)」(鶯谷) [居酒屋礼賛]
 東京を代表する老舗酒場の1軒、「鍵屋」。  酒屋としての創業は安政3(1856)年というから、実に創業160年。昭和24(1949)年に酒場に転向してからでも、そろそろ70年になろうかという歴史をもっている。  そんな老舗酒場の雰囲気に浸りながら、昔ながらの酒と肴を楽しむのが、この酒場のやり方だ。  「昔ながら」というのはどういうことか。  たとえば酒は、3銘柄の日本酒(正一合530円)と、冷酒... [続きを読む]

受信: 2017.03.12 21:26

« 横浜ならではの2軒め … バー「クライスラー(CHRYSLER)」(横浜市・日ノ出町) | トップページ | とりもつ鍋で燗酒2本 … 居酒屋「鍵屋(かぎや)」(鶯谷) »