« サイデンさんは隔週で … 居酒屋「鍵屋(かぎや)」(鶯谷) | トップページ | ハシゴしてスッポン鍋 … 大衆酒場「まるます家(まるますや)」(赤羽) »

ひとり用のアンコウ鍋 … 大衆酒場「ふくろ」(池袋)

あんこう鍋


 鍋の季節が始まると、やって来ないわけにはいかないのが、池袋で朝7時から開いている大衆酒場、「ふくろ」です。1~2階がカウンター席ということもあって、ここの鍋物は基本的に1人前。しかも種類が多いのです。

 今年の「ふくろ」の鍋物は、アンコウ鍋(700円)、よせ鍋(800円)、カキ鍋(650円)、キムチ鍋(650円)、サケ白子鍋(650円)、つみれ鍋(600円)、たらちり(600円)、はま鍋(600円)、湯豆腐(450円)、カキ柳川鍋(650円)と、去年と比べても、アンコウ鍋や、サケ白子鍋、カキ柳川鍋などが増えていますが、残念ながら昨年あったカニ鍋はないなぁ。去年、今年のレベルではなくて、もしかすると日々の仕入れによって、少しずつ並ぶメニューにも変化があるのかもしれませんね。

 今日は初めてお目にかかるアンコウ鍋をいただくことにします。それにしてもアンコウ鍋が700円というのは安すぎじゃない!?

 瓶ビール(アサヒスーパードライ大瓶、450円)を飲み、お通し(200円)のキノコの酢の物をつついているところへ、アンコウ鍋が出てきました。

 まずは小さなコンロが出され、その上に鍋を置いたおねえさんが、横のほうから見ながら鍋の水平を若干調整し、固形燃料にカチンと着火してくれます。

 今日、店に着いたのは午後4時半。三連休の中日(なかび)の日曜日ということもあって、お客さんは多めですが、普段は4時からオープンする2~3階が、休日は3時オープンなので、この時間帯になると2~3階にもお客さんが分散していて、入れないほどではありません。ちなみに1階はカウンターのみ。2階はカウンター席+テーブル席。そして3階はテーブル席+座敷席という造りになっています。お勘定はフロアごとに行いますが、料理はすべて地下の厨房で作られたものが、料理専用エレベータで各フロアに運ばれる仕組みで、品書きも値段も、どのフロアでも同じです。

 しかも池袋駅西口から徒歩2分以内というこの立地条件で、大瓶ビールが450円、日本酒1合が260円、焼酎なんて1合が190円というんだから驚くではありませんか。料理だって、お通しや納豆の200円から始まって、お新香やマカロニサラダ、野菜コロッケが350円。白子天ぷらが400円。いか刺身やマグロぬただって450円というんだからすばらしいでしょう! 目の前でクツクツと煮えはじめたアンコウ鍋の700円などは、この店のメニューの中では最高級品のひとつです。

 そのアンコウ鍋。豆腐や白菜、エノキ茸、春菊などが入った上に、アンコウの身、皮がのって、一番てっぺんにアンキモが一切れのっかっていて、煮えるとともに全体がじわりと沈み込んでいきます。

 さてさて。アンキモは火が通りすぎないうちにいただきますか。おっと、その前に、燗酒(260円)を1本もらいましょう。アンコウを食べるときは、やっぱり日本酒ですよね。

 その日本酒は、1合瓶入りの「大関」が燗づけられていて、その瓶のまま出されます。

 アンコウ鍋は味噌あじ。これをハフハフといただきつつ、合いの手に燗酒をちびりちびりといただくと、あぁ、今年も鍋の美味しい季節になったなぁ、と改めて感じます。

 汁(つゆ)までしっかりと飲み干して、1時間ほどの滞在は1,610円でした。どうもごちそうさま。

081123a 081123b 081123c
「ふくろ」 / 瓶ビールとお通し / カウンターの様子

081123d 081123e 081123f
鍋もできあがり / まずはアンキモから / 燗酒が合う

店情報前回

《平成20(2008)年11月23日(日)の記録》

|

« サイデンさんは隔週で … 居酒屋「鍵屋(かぎや)」(鶯谷) | トップページ | ハシゴしてスッポン鍋 … 大衆酒場「まるます家(まるますや)」(赤羽) »

コメント

んん?
八日の半額デイが待てなかったですか?
もしかして半額廃止?
あと、もし西武池袋線に興味がありましたら「東京ウエスト」を検索してみて下さい。

投稿: 桜台 | 2009.01.07 22:05

8日の夜「半額デイ」、知らずに入りました。というのは、東上線で帰ろうとしたら事故で電車ストップ。時間つぶしに入ったら「半額デイ」だったというわけ。もちろん満員で、やっとカウンター角の入り口からの寒風直撃席。はま鍋・タン塩焼きで冷酒2本で1220円でした。はま鍋うまかった。ただ、朝から大忙しだったようで、お姐さんはバテバテのようでした。

投稿: いけちゃん | 2009.01.09 10:13

あんこう鍋いいですね。
これぐらいのボリュームならそんなもんかな。

是非、ゆっくり、じっくりあんこう鍋を食べられるところに
行きたいですね。

投稿: jiro | 2009.01.15 23:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/43622933

この記事へのトラックバック一覧です: ひとり用のアンコウ鍋 … 大衆酒場「ふくろ」(池袋):

» 手づかみでえんどう豆 … 酒場「ふくろ」(池袋) [居酒屋礼賛]
 池袋にある大衆酒場「ふくろ」(公式サイト)にやってきました。  池袋駅西口から徒歩1分ほどのところにある「ふくろ」は、昭和28(1953)年ごろにバラック建ての大衆酒場として創業。創業60年近い老舗酒場で、現在は3階建てのビル全体が1軒の大衆酒場として営業中です。  その営業時間が午前7時から深夜0時まで(なんと17時間営業)というのもうれしいところ。朝から呑兵衛たちが集います。  今日は所用を... [続きを読む]

受信: 2012.06.24 10:27

« サイデンさんは隔週で … 居酒屋「鍵屋(かぎや)」(鶯谷) | トップページ | ハシゴしてスッポン鍋 … 大衆酒場「まるます家(まるますや)」(赤羽) »