« 店情報: 洋食「センターグリル」(横浜市・桜木町) | トップページ | 夕食会の前夜&後夜祭 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) »

レバーベーコンで一献 … 洋食「センターグリル」(横浜市・桜木町)

レバーベーコン


 まだまだ平日の木曜日。仕事を終えてから、友人と落ち合って向かったのは野毛の老舗洋食屋、「センターグリル」です。

 洋光台にある「センターグリル洋光台店」には何度か行ったことがあるのですが、その本家本元である、こちら野毛の「センターグリル」は初めてです。楽しみ楽しみ。

 店の入口には、カップスープ(230円)、スパゲティランチ(750円)、浜ランチ(1,050円)、スパゲティナポリタン(700円)、特製オムライス(850円)、カツカレー(900円)、チーズハンバーグ(ライス付、950円)という、この店の名物料理の紹介と共に「お二階へどうぞ…」という言葉が書き添えられています。

 店の入口は1階にあって、本などでもよく見かける「CENTER GRILL」と書かれた、お店のシンボルマーク付きの青いファサードテントもその入口上にあるのですが、そこから入った1階店内は奥に厨房らしきところはあるもののガランとしていて、みんな奥の階段から2階に上がっていく仕組みです。

 2階に上がると、階段の左手から後方(店の正面側)、および階段の右前方に二つの空間が広がっています。

「いらっしゃいませ。お好きなところへどうぞ」

 と言われるままに、我われは先客の多い、階段左手側の空間に並ぶテーブル席のひとつに座って、まずはとりあえず瓶ビール(サッポロ黒ラベル中瓶、550円)を1本もらって乾杯します。

 プハァーッ。うまいっ。冬になっても、やっぱり最初の1杯はビールですねぇ。

 ビールを飲みながら、ゆっくりとメニューを確認しながら友人と相談し、主たる肴(さかな)はレバーベーコン(900円)にすることに決定。それを待つ間にアスパラサラダ(値段は失念)をもらうことにします。

 なぜ値段を失念しているかというと、ここ「センターグリル」はお店の公式サイトがある上に、ぐるなびにも出ているので、「あとで調べよう」と思って、あまり真剣に値段チェックをしていなかったのでした。ところが、あとで見てみると、これらのサイトにはメニューの一部しか載っていなかったのでした。残念!

 閑話休題。予想どおりあまり待つこともなく出されたアスパラサラダは、ホワイトアスパラにマヨネーズをかけたもの。甘みのなかに、ちょっと感じるアスパラのえぐみがいいんですよねぇ。こりゃワインかな。ワインはフルボトルが2,100円で、赤をもらいます。

 そのワインが出てくるよりも早く、レバーベーコンも登場です。早いなぁ。

 レバーベーコンって、どういうことなんだろう。レバーのベーコンってなに? なんて思っていたのですが、出てきてみると下味をつけて唐揚げしたレバーの横に、炒めたベーコンが添えてある、という料理でした。他にも、キャベツの千切りや、ポテトサラダ、ケチャップのスパゲティが添えられていて、けっこういいボリュームです。

 そして出てきたワインは、「センターグリル」ならではの、甲州葡萄工房の塩山(えんざん)ワイン。昭和21年の開業当初から、ずっとこのワインなんだそうです。このワインがまた美味いのです。

 最後にもう1品と、季節の牡蠣グラタンを追加。生ガキや、カキフライ、カキのバター焼きなどもいいですが、表面がカリッと焦げたチーズといっしょに、ベシャメルソースに絡めて、ハフハフいただくカキもまた最高の旨みですねぇ。

 ゆっくりと1時間半ほどの滞在は、ふたりで5,250円(ひとりあたり2,625円)でした。

 ということは、アスパラサラダと牡蠣グラタンを合わせて1,700円だったんですね。アスパラサラダが600円くらい、牡蠣グラタンが1,100円くらいといったところかな。どうもごちそうさまでした。

 このあと、久しぶりとなるバー「クラーク」で、ジントニックなどをいただきながら二次会。一次会、二次会ともに洋風に過ごした、横浜の夜でした。

081211a 081211b 081211c
アスパラサラダ / 塩山ワイン / 牡蠣グラタン

店情報

《平成20(2008)年12月11日(木)の記録》

|

« 店情報: 洋食「センターグリル」(横浜市・桜木町) | トップページ | 夕食会の前夜&後夜祭 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/43810375

この記事へのトラックバック一覧です: レバーベーコンで一献 … 洋食「センターグリル」(横浜市・桜木町):

» これが元祖ナポリタン … 米国風洋食「センターグリル」(桜木町)ほか [居酒屋礼賛]
 呉に赴任していた2年9ヶ月の間に、大衆食堂で飲むのがすっかり好きになり、横浜に来てからも大衆食堂に行く機会が増えています。  今日はちょっと趣向を変えて、洋食系の老舗大衆食堂、「センターグリル」です。  戦後すぐ、昭和21(1946)年の創業。『みなさんに愛され続ける「町の洋食屋」』がキャッチフレーズです。  1階の入口を入ると、まるで小さな喫茶店のような造りで、入口横に使われていないレジスペー... [続きを読む]

受信: 2013.09.18 22:00

« 店情報: 洋食「センターグリル」(横浜市・桜木町) | トップページ | 夕食会の前夜&後夜祭 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) »