« 名物の逸品をずらりと … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野) | トップページ | 〔お知らせ〕 3月14日(土)、「ほろ酔いと~く」を開催します! »

シャキッとせん菜炒め … ラーメン「御天(ごてん)」(下井草)

せん菜炒め

 久しぶりに「御天」の「せん菜(せんさい)炒め」(550円)をもらって、玉露ハイ(400円)です。

 せん菜というのは、新種のモヤシなんだそうですが、ここ「御天」以外ではお目にかかったことがありません。

 普通のモヤシと比べると細いせん菜を、細かく刻んだチャーシューと一緒にさっと炒めて、仕上げに刻みネギをトッピング。こんな簡単な料理なのに、シャキシャキとした歯ごたえも抜群で、いくらでも食べられる一品なのです。(とは言うものの、ひとりでこれを注文すると、これだけで満腹になっちゃうだろうなぁ…。)

 ここ「御天」の正式名称は、「博多長浜とんこつラーメン 御天」。生粋の博多っ子である店主(岩佐俊孝さん)が「本当の博多の夜を東京で再現したい」という思いでオープンしたのがこのお店。博多の屋台での「飲んで、つまんで、仕上げにラーメン」が実現されています。

 ラーメンそのものも有名なので、食事だけのお客さんももちろんいらっしゃいますが、私にとっては、ここ「御天」は完全に酒場。お酒を飲まない「御天」は考えられません。

 おつまみメニューも充実していて、手羽先の煮込み(1本120円)、ざく切りキャベツ(200円)、マカロニサラダ(320円)、ポテトサラダ(350円)、タラモサラダ(400円)、おつまみザーサイ(300円)、おつまみキムチ(300円)、黒豚おろし水餃子(6個500円)、ぴり辛リブ(500円)、肉野菜炒め(600円)、ネギチャーシュー(550円)、ピータン(450円)、ピータン豆腐(600円)、あらびきソーセージ(600円)、豚キムチせん菜(800円)、軟骨ステーキ(700円)、ポークソテー(900円)や、もつ鍋(2人前1,800円)、豚キムチ鍋(2人前1,800円)などが用意されており、一品ものは持ち帰りも可能です。

 飲み物もビール、焼酎、サワー類、梅酒、日本酒、ウイスキー、ワインと、およそ酒場で出される飲み物のほとんどはそろっています。しかも、ここ井草本店の場合、地下に「GOTEN'S BAR(ゴテンズ・バー)」という焼酎バーまでありますもんね。まさに「ここに来たら飲んで行け!」と大々的に言ってもらっているようなものなのです。

 せん菜炒めで玉露ハイを飲んだら、シメはやっぱりラーメンです。安いイメージがあった「御天」のラーメンも、じわりじわりと値上がりして、今や1杯700円になりました。トッピングも生ニンニク(50円)や、のり(100円)、たまご(100円)、きくらげ(100円)、マー油(100円)、温泉たまご(150円)、せん菜(200円)、キムチ(200円)、ザーサイ(200円)、メンマ(200円)、チャーシュー(300円)、ワンタン(300円)、ピリ辛リブ(400円)などがあって、自由に組み合わせることができます。

 「御天」大常連のにっきーさんによると、トッピングのせん菜は茹でたせん菜なので、せん菜炒めのせん菜とはまた食感が違うんだそうです。「せん菜炒めを少し残しておいて、それをラーメンにトッピングするのも美味しいんですよ」と、にっきーさん。

 「宇ち多゛(うちだ)」の注文と同じように、ここ「御天」でも常連さんたちはけっこう細かい注文をされています。

「ラーメン、油抜き粉おとし。別皿で生ニンニクをください」といった具合。

 油抜きは汁(つゆ)の油分を抜くこと。粉おとしは、メンの茹で方の指定で、通常の状態から始まって、バリカタ→ハリガネ→粉おとし、と硬くなっていく最上級の状態のことです。「生麺の表面についている粉を落とす程度に、ちょっとだけ茹でる」ってことなんでしょうね。

ラーメン

 ラーメンができてくると、いつも卓上のゴマや紅ショウガに、辛子高菜(からしたかな)をちょっとだけトッピング。この辛子高菜はびっくりするほど辛いので、入れすぎ注意です!

 麺だけのおかわりである替玉(かえだま)は150円。サイドメニュー(?)としてライス(大250円、小150円)や、高菜チャーハン(800円、半分は400円)もあります。

 下井草は遠いなぁと思う方は、JR山手線・代々木駅の駅前に千駄ヶ谷店もあります。

店情報前回

《平成21(2009)年1月11日(日)の記録》

|

« 名物の逸品をずらりと … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野) | トップページ | 〔お知らせ〕 3月14日(土)、「ほろ酔いと~く」を開催します! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/43998500

この記事へのトラックバック一覧です: シャキッとせん菜炒め … ラーメン「御天(ごてん)」(下井草):

» 〔コラム〕 連休四日目はみんなで飲み会 [居酒屋礼賛]
 ゴールデンウイークになると、酒友・呑んだフルさんが「川名」にやってくるというのも、今年でもう5年ほど続く恒例行事になってきました。  今年は7連休の中日(なかび)、5月2日(日)がその日。それに合わせて集まったのは五十音順に、荒木又右衛門さん、料理研究家の伊野由布子さん、宇ち中さん、男前H氏、Qちゃん、ここっとさん、にっきーさん、ユリちゃんという面々。  「川名」の奥座敷左側の座卓を2個くっつけ... [続きを読む]

受信: 2010.05.15 13:56

« 名物の逸品をずらりと … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野) | トップページ | 〔お知らせ〕 3月14日(土)、「ほろ酔いと~く」を開催します! »