« 〔コラム〕 テクテクと徒歩の旅(浅草から八広へ) | トップページ | タンシタはタン下の肉 … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野) »

菊正宗の樽酒でくさや … 通人の酒席「ふくべ」(日本橋)

菊正宗の樽酒でくさや


 ダイヤモンド社の総合ビジネス情報サイト「ダイヤモンド・オンライン」の連載、「1000円台で楽しむ おとなの居酒屋」の取材で、東京駅八重洲口にある通人の酒席「ふくべ」にやってきました。

 この店は昭和14(1939)年に酒屋から居酒屋に転身したという老舗。今のように全国各地の地酒が飲まれるようになる前から、日本各地のお酒をそろえてきた、日本酒の店でもあります。

 昨年の春にも、ぜひ「1000円台で楽しむ おとなの居酒屋」に載せたいと思ってやってきたのですが、そのときは「菊正宗」の樽酒を2本と冷奴に、くさやをいただいて、お勘定はちょうど2千円。残念ながら千円台では納まらなかったのでした。

 なにしろ、この店の品書きには値段が書かれていないので、事前に計算しながら飲むことがむずかしいのです。

 その後、雑誌等に載っている情報などを調査してみたところ、お新香は冷奴よりも50円安い様子。ということは前回と同じ組み合わせで、冷奴のところをお新香に変更すれば、1,950円となって、千円台で飲むことができそうです。

 よーし。これで行こう。

 満を持して、まずは菊正宗の樽酒を燗でもらって、くさやを注文します。すぐに出されるお通しは定番の昆布の佃煮。これをチマチマとつまみながら、くさやの焼き上がりを待ちます。

 そのうちに厨房から漂ってくるくさやの香り。出されたくさやは、四角いお皿にたっぷりと山盛りです。これだけでお酒の3本や4本はすぐに飲めそうなくらいの量なんですよねぇ。

 東京に出てきて、最初にくさやを食べたときには「うわっ!」とビックリするような臭いだったのですが、その味わいを知るにつれて、その匂いが漂ってきただけで「うまそう!」と思うようになってきたのでした。不思議ですよねぇ。

 噛みしめるほどに味わいが深くて、日本酒にぴったりのつまみなのがくさやなのです。

 燗酒2本くらいだと、これだけで十分なくらいの肴の量なのですが、やっぱり2品と2杯で千円台という路線を目指したいので、燗酒をおかわりするとともに、当初の予定どおりお新香も注文します。

 すぐに小鉢で出されたお新香は、カブ、ナス、キュウリという、ヌカ漬けの3品盛り。老舗酒場ならではの美味さです。

 金曜日の店内は満席状態で、私もカウンター一番奥の、樽の前にやっと入れてもらったような次第。来るお客さん、来るお客さんが「ごめんなさい、満席なんです」と断られています。大人気の酒場なんですねぇ。

 1時間ちょっとの滞在。「今回は千円台で納まっただろう」と自信満々でお勘定をお願いします。

「ありがとうございます。2,150円です」

 ガビーン。この店も、昨年の春以降、値上がりしていたんですね。残念ながら、今回も千円台で飲むことはできませんでした。お酒も肴も美味しかったし、十分にリーズナブルな値段なんだけど、狙いがはずれてちょっとガックリ……。

店情報前回

《平成21(2009)年1月23日(金)の記録》

|

« 〔コラム〕 テクテクと徒歩の旅(浅草から八広へ) | トップページ | タンシタはタン下の肉 … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/44075359

この記事へのトラックバック一覧です: 菊正宗の樽酒でくさや … 通人の酒席「ふくべ」(日本橋):

» くさやをつまみに菊正宗 … 通人の酒席「ふくべ」(日本橋) [居酒屋礼賛]
 都内での仕事を終えて、やってきたのは東京駅八重洲口にある老舗酒場、「ふくべ」です。  昭和14(1939)年に、酒屋から居酒屋に転身した「ふくべ」は、昔から全国各地の日本酒が飲めることで有名。「取扱銘酒一覧表」と書かれた飲み物メニューには、白雪(灘、甘)、白鶴(灘、普通)、大関(灘、普通)、剣菱(灘、中辛)、菊正宗(灘、辛)、桜正宗(灘、中辛)、白鷹(灘、辛)、榮川(福島、中辛)、一ノ倉(宮城、... [続きを読む]

受信: 2009.12.21 22:20

« 〔コラム〕 テクテクと徒歩の旅(浅草から八広へ) | トップページ | タンシタはタン下の肉 … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野) »