« 年末年始を飲み歩く2 … 「鳥竹」「パニパニ」「石松」「満月」 | トップページ | 年末年始を飲み歩く4 … 「川名」「竹よし」「ほ里乃家」「ペルル」「満月」 »

年末年始を飲み歩く3 … 「竹よし」「満月」「御天」「川名」

12月30日(火)

「竹よし」納会料理の一部

 毎年12月30日は「竹よし」(前回)納会の日。昔はおじさんばっかり(失礼!)だったのに、今回の納会は若い女性が多くてビックリです。

 最後の営業日だから残り物を処分するのでいいのに、「せっかくみなさんが来てくれるから」と、この日のために材料を仕込んでしまうのが「竹よし」の店主(マスター)なんですねぇ。客層が変わっても、これだけはちっとも変わりません。

 しかもなおとんさんが、ご自身は都合があって参加できないのに、自作の料理をたっぷりと抱えてきてくれて、店主の作ってくれる魚介類のみならず、各種の肴(さかな)をつまみに、地酒も進むは進むは。

 最後はこれまた恒例のjirochoさんの手締めによって、平成20(2008)年の「竹よし」をめでたく締めくくったのでした。

            ◆   ◆   ◆

「満月」アキラ君の料理

 「竹よし」からフラリと流れて2軒目は、昨日に続いて鷺ノ宮の居酒屋「満月」(前回)です。これまた昨日に引き続き、店はアキラ君(←店主の息子)ひとりで切り盛り中。さらに、今日が仕事納めのにっきーさんとも合流して、まるで昨日と同じパターンです。

 アキラ君が切り盛りすると、洋風のつまみも多くて、これもまた美味いなぁ。

            ◆   ◆   ◆

「ゴテンズバー」

 「満月」を出たのは、ちょうど日付けが変わるころ。にっきーさんとふたり、タクシーに乗り込んで、下井草は新青梅街道沿いにある、にっきーさん行きつけのお店、博多長浜とんこつラーメンの「御天(ごてん)」(前回)です。

 まずは地下の「ゴテンズバー」(前回)に潜り込んで、芋焼酎の「小さな蔵」やら「木々の目覚め」やらをお湯割りでいただいたあと、地上に上がってラーメン+生ニンニクで〆(シメ)。「御天」は大晦日の明日と、元旦の明後日の二日間お休みし、1月2日から通常営業だそうです。

            ◆   ◆   ◆

12月31日(水)

「川名」まぐろブツ

 平成20(2008)年も大晦日を迎えました。今年も年の最後を飾る酒場は、2年ぶりとなる「川名」(前回)です。なぜ2年ぶりかというと、昨年は大晦日が月曜日で、「川名」の定休日だったのです。

 カウンター席に座り、生グレープフルーツサワー(336円)とマグロぶつ(441円)を注文すると、今日のお通し(サービス)はミカンです。「川名」では必ず果物のお通しが出されるのです。出てきたマグロぶつには、アンキモが2切れ添えられています。

 チビチビとやっているとこにやって来たのは、毎週1回以上は必ず「川名」に顔を出すという、熊さんです。「いやいや、今年もお世話になりました」とご挨拶をしつつ、ふたりで奥の座敷席に移ります。

 熊さんも生グレープフルーツサワー(336円)をもらって、料理は鮭刺(441円)とほうれん草(168円)です。こうやって刺身を1品と野菜を1品注文するのが熊さんの「川名」でのパターンなんですね。

 その後は、めかぶ茶焼酎お湯割り(336円)をもらったり、黒牛(日本酒、462円)をもらったりして、午後7時まで、3時間ほどの滞在は1,743円でした。

 どうもごちそうさま。よいお年を!

|

« 年末年始を飲み歩く2 … 「鳥竹」「パニパニ」「石松」「満月」 | トップページ | 年末年始を飲み歩く4 … 「川名」「竹よし」「ほ里乃家」「ペルル」「満月」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/43938431

この記事へのトラックバック一覧です: 年末年始を飲み歩く3 … 「竹よし」「満月」「御天」「川名」:

» 年末年始を飲み歩く4 … 「川名」「竹よし」「ほ里乃家」「ペルル」「満月」 [居酒屋礼賛]
1月1日(木)  平成21(2009)年、明けましておめでとうございます。  今年も新年第1軒目の酒場は阿佐ヶ谷の「川名」です。昨日(大晦日)に続いて、二日連続ではありますが、昨日は平成20年、今日は平成21年、なんだか違う気分ですよねぇ。 「今年もよろしくお願いします」  とお店の人たちとも新年のご挨拶を交わしてから、奥の座敷へ。このところ、毎年、元日にいらっしゃる「丁稚飲酒帳」のdetchさん... [続きを読む]

受信: 2009.02.08 12:08

» シャキッとせん菜炒め … ラーメン「御天(ごてん)」(下井草) [居酒屋礼賛]
 久しぶりに「御天」の「せん菜(せんさい)炒め」(550円)をもらって、玉露ハイ(400円)です。  せん菜というのは、新種のモヤシなんだそうですが、ここ「御天」以外ではお目にかかったことがありません。  普通のモヤシと比べると細いせん菜を、細かく刻んだチャーシューと一緒にさっと炒めて、仕上げに刻みネギをトッピング。こんな簡単な料理なのに、シャキシャキとした歯ごたえも抜群で、いくらでも食べられる一... [続きを読む]

受信: 2009.02.15 11:07

» 博多長浜豚骨ラーメン … 「御天(ごてん)」(下井草)ほか [居酒屋礼賛]
「せん菜(さい)炒め(550円)ありますか?」 「あと1人前だけ残ってます」 「それください!」  「御天」に来たら、せん菜炒めは絶対にはずせない。  ここに来るといつも、このせん菜炒めをつまみに、シークワサーサワー(400円)を飲む。これが定番になっています。  せん菜というのは、細い細いもやしのこと。細かく切ったチャーシューと一緒に炒めて、刻みねぎをトッピングして出してくれます。シャキシャキと... [続きを読む]

受信: 2014.01.09 22:27

« 年末年始を飲み歩く2 … 「鳥竹」「パニパニ」「石松」「満月」 | トップページ | 年末年始を飲み歩く4 … 「川名」「竹よし」「ほ里乃家」「ペルル」「満月」 »