« 開店前から店内で待ち … もつ焼き「江戸っ子(えどっこ)」(京成立石) | トップページ | 〔コラム〕 春は悲しい別れの季節 … 「武蔵屋」(横浜市・野毛) »

絶品、カレー白もつ焼 … 炭火焼き「モアナ(MOANA)」(京成関屋)

カレーシロモツ焼き

 京成立石の「江戸っ子」を出て、「4人だからタクシーで行こう!」とビューンと向かった先は、ハワイアンなモツの店、「モアナ」です。

 ハワイアンとモツという、まるで合わないような二つの要素のコラボレーションを実現させちゃったところがすごいところ。他には絶対にないタイプのもつ焼き屋として人気を博しているのです。

 土曜日、午後5時半の「モアナ」はゆるやかに5~6割程度の入り。我われは右手のテーブル席(4人掛け)に座り、まずは飲み物から注文します。

 ここ「モアナ」は、マスターが元々バーテンダーさんだったこともあってか、ハワイアンなものを含めて、オリジナルっぽいカクテルも多いのです。大常連である「酔わせて下町」のFさんと私はホッピー(450円)を、この店がはじめてのというお二人はハワイアンチチ・モアナ風(550円)とワイキキハイボール(450円)を注文します。

「ここはカレーが美味しいんですよ。マスター、カレーシロモツ焼き(550円)とナンコツスライス(350円)ね」と注文してくれるFさん。ふっと考えて、

「カレーキャベツ(450円)とカレールー(350円)もください」とカレーシリーズで攻め込みます。

 まず出てきたのはカレーキャベツ(450円)。これはカレーライスのごはんの代わりがキャベツになったもの。キャベツは千切りとザク切りの中間くらいの大きさにカットされていて、ルーとよく絡みます。うまいなぁ、これは。

 その昔、静岡(清水)の「金の字」という、もつカレーが名物のお店で、残ったカレールーをキャベツですくって食べる美味しさにすっかり感動したFさん。その話をここ「モアナ」のマスターにしたところ、メニューに取り入れてくれたのだそうです。

 カレーシロモツ焼き(550円)の登場に、はじめて来たお二人から「わぁっ!」という声が上がります。長円形の皿の片側にはシロモツ、その反対側にカレー。そして両者の間には刻みネギの土手が築かれています。このシロモツを、ちょいとカレールーに絡めながらいただくのです。んー。カレー煮込みもいいけれど、こうやって別々に調理したシロモツとカレールーを、食べるときに絡めながらいただくのもまた鮮烈です。

 そしてカレールー(350円)。小鉢に盛られたカレールーにトッピングされているのは天かす(揚げ玉)でしょうか。とろりとしたカレールーに、サクッとした食感を加えています。こうやってルーだけをいただいてみると、その辛さが絶妙で、コクがあることがよくわかります。食べるにつれて、徐々に辛さを感じてくるタイプ。Fさんは、これだけでガンガン酒を飲むことも多いんだそうです。

 ナンコツスライス(350円)には刻みネギがたっぷりとトッピングされて、ピリ辛ポン酢がかけられています。これまた350円とは思えない量ですが、ピリ辛ポン酢の味もよくて、いくらでも食べられます。

「他にもなにかおすすめをお願いします」

 とマスターにお願いしたところ、出してくれたのが和牛シビレ焼き(450円)とレバー焼き(450円)の2品です。ここのもつ焼きは、串焼きではなくて、バラで焼いたものを皿に盛って出してくれるもの。串焼きに換算すると3串強くらいの量なんだそうです。

 もつ焼きの味付けは塩、タレ、特製ミソ、ピリ辛醤油という4つの味が選べますが、和牛シビレ焼きの味付けはピリ辛醤油味。この店のピリ辛味は特徴的ですねぇ。

 レバー焼きは塩焼きのようですが、レアな仕上がりで、胡椒がよく効いていて、とてもいい。こういうのをいただくと、見かけはハワイアンだけどやっぱりもつ焼き屋だあなぁ、と思いますねぇ。しかし他のもつ焼き屋さんとは明らかに雰囲気が違っていて、この店であれば、若い女性だけで来やすいのではないかと思います。それでいて、もつは本格的に美味しいというところが、この店の人気の理由なんでしょうね。

 Fさんは、ひとりでもこの店によくいらっしゃるのだそうです。たしかに、ひとりでもぜひ来てみたいお店です。

090214d 090214e 090214f
ホッピー、ワイキキ、チチ / カレーキャベツ / カレールー

090214g 090214h 090214i
ナンコツスライス / 和牛シビレ焼き / レバー焼き

店情報前回

《平成21(2009)年2月14日(土)の記録》

|

« 開店前から店内で待ち … もつ焼き「江戸っ子(えどっこ)」(京成立石) | トップページ | 〔コラム〕 春は悲しい別れの季節 … 「武蔵屋」(横浜市・野毛) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/44327988

この記事へのトラックバック一覧です: 絶品、カレー白もつ焼 … 炭火焼き「モアナ(MOANA)」(京成関屋):

» 居酒屋礼賛 [わたし、ブログ評論家です。]
ブログ主は「居酒屋研究家」の肩書きを持つ浜田信郎さん。「ブログ評論家」と同じくらい怪しげな肩書きだ。 「居酒屋研究家」は浜田さんのアフターファイブの顔で、昼間は造船会社に勤務するごく普通のサラリーマン。 これはまったく勝手な想像だが、浜田さんはうだつの... [続きを読む]

受信: 2009.03.23 21:05

» カレー味のモツ煮こみ … 炭火焼「モアナ(Moana)」(京成関屋) [居酒屋礼賛]
「新しいメニューができたんですよ」  と店主が指し示してくれる黒板を見ると、そこには「モツ煮込み(カレー味)」(450円)の文字。  もともと和牛モツ煮込み(450円)や和牛スジ煮込み(450円)などの煮込み系メニューも、カレールー(350円)やカレーシロモツ焼き(550円)などのカレー系メニューも人気があった「モアナ」のこと。両者をうまく組み合せたカレー味のモツ煮込みができるのは、ごくごく自然な... [続きを読む]

受信: 2009.06.15 21:16

« 開店前から店内で待ち … もつ焼き「江戸っ子(えどっこ)」(京成立石) | トップページ | 〔コラム〕 春は悲しい別れの季節 … 「武蔵屋」(横浜市・野毛) »