« ここも朝から飲める店 … おでん「平澤かまぼこ(ひらさわかまぼこ)」(王子) | トップページ | 分厚い弾力、あなご天 … 大衆酒場「栄屋(さかえや)」(横浜市・日ノ出町) »

楽しい新年会のあとで … 立ち飲み「おかやん」(中野)

「おかやん」


 昼間の王子でのひとり呑みを終えて、夕方からは居酒屋界の姉御・ゆこねぇさんが開いてくれた新年会で、西大島の「力士」です。

 集まったのは前回と同様に、旅チャンネルの「全国居酒屋紀行」がきっかけでご一緒させていただくようになった、いわゆる“太田チルドレン”の面々15名です。もちろん今回も「全国居酒屋紀行」シリーズのすべてを担当されている、居酒屋のオヤジさんも出席されています。

 ちゃんこ鍋が名物の「力士」ながら、今日はアンコウ鍋を出してくれて舌鼓。刺身の盛り合わせも豪華で、お酒(日本酒)もグイグイと進みます。

090207d1 090207d2 090207d3
「力士」 / 刺身盛り合せ / あんこう鍋

 「力士」の後は、みんなで都電の線路跡地の公園をトコトコと歩いて、亀戸の宮古島郷土料理「ラッキー」へ。島ラッキョ(400円)やゴーヤチャンプル(600円)、宮古風焼きそば(700円)などをいただきながら、今度は泡盛(菊之露30度)を水割りでクイクイと。今回もまた非常に楽しい新年会でした。いつも幹事役をやっていただき、ありがとうございます。>ゆこねぇさん

090207e1 090207e2 090207e3
「ラッキー」 / 島らっきょ / ゴーヤチャンプル

 新年会の後は、自宅が近いにっきーさんと一緒に総武線で中野へ。「シメにもう1軒行きましょうか!」と向かったのは、中野駅北口にある立ち飲みの「おかやん」です。

 以前、「東西南北・並び立つ名酒場たち」というコラムにも書かせていただいたとおり、東の「徳多和良」(北千住)を彷彿とさせるような和風料理を、立ち飲み屋らしい安い値段で出してくれるお店です。昨年(2008年)4月にオープンして、まだ1年も経っていないのですが、いつも満員の人気店なのです。

 今日のメニューも300円、400円、500円の三つの価格帯。300円ものは、カンパチあら煮、ふぐ一夜干し、わた入りするめ丸干し、たたみイワシ、明太子おろし、海老みそ、酒盗など。400円ものは、ホタテ刺、ヤリイカ刺、しめ鯖、あんきもポン酢、海鮮納豆、牛豚もつ味噌煮込みなど。そして500円ものは、めじまぐろ刺、くじらベーコン、えんがわ網焼の3品というラインナップ。300円ものが一番多くて、500円ものは数品のみという構成も「徳多和良」のメニューと似てますよね。

 さらに、ここ「おかやん」には、おでんもあるのです。おでんは玉子、こんぶ、なると、ちくわ、ちくわぶ、コンニャク、ごぼ天、いか天、下仁田ねぎがそれぞれ100円で、大根、つみれ、魚すじ、がんも、焼とうふ、たこボールがそれぞれ150円。そのほかに、つぶ貝250、牛すじ300があり、盛り合わせ(3~4品で400円)もできるようです。

 にっきーさんは前割りの芋焼酎(400円)をロックで、私は燗でもらって乾杯し、つまみはおでんの盛り合わせ(400円)と、えんがわ網焼(500円)をもらいます。えんがわ網焼の、しっかりとした弾力感なのに脂がたっぷりとのっているところが、焼酎に実によく合うではありませんか。

 日付が変わる頃まで1時間ほど立ち飲んで、お勘定は二人で1,700円。午前中から飲み始めた長い一日を終えたのでした。

090207f1 090207f2 090207f3
前割り芋焼酎 / おでん盛り合せ / えんがわ網焼

・「おかやん」の店情報前回

《平成21(2009)年2月7日(土)の記録》

|

« ここも朝から飲める店 … おでん「平澤かまぼこ(ひらさわかまぼこ)」(王子) | トップページ | 分厚い弾力、あなご天 … 大衆酒場「栄屋(さかえや)」(横浜市・日ノ出町) »

コメント

新年会には、お忙しい中おいでいただきありがとうございました。
いつもながら、皆さんに助けていただいて、「自分が楽しむ幹事さん」ですみません。
今回もまた、ほんとうに楽しかったです。
また、「みんなのオフ会」やりましょう。

投稿: ゆこねぇ | 2009.03.06 22:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/44214191

この記事へのトラックバック一覧です: 楽しい新年会のあとで … 立ち飲み「おかやん」(中野):

» 人気の2軒をハシゴ酒 … 「おかやん」~「パニパニ」(中野) [居酒屋礼賛]
 年内の仕事を終えたのは12月28日(水)。同じ職場の面々たちと「五鉄」(1次会)→「レジェンド」(2次会)と飲み倒して仕事納め。これが呉の職場の毎年恒例の行事です。  翌29日(木)から1週間の年末年始休暇に入りました。午前中に単身赴任社宅の大掃除や洗濯などをバタバタと済ませて、午後1時の呉駅始発の電車で広島へ。広島駅1番線ホームの「駅うどん」で昼食として天ぷらうどん(340円)を食べて、新幹線... [続きを読む]

受信: 2012.02.05 15:24

« ここも朝から飲める店 … おでん「平澤かまぼこ(ひらさわかまぼこ)」(王子) | トップページ | 分厚い弾力、あなご天 … 大衆酒場「栄屋(さかえや)」(横浜市・日ノ出町) »