« 〔コラム〕 「古典酒場 Vol.6」のご紹介 | トップページ | 店情報: 居酒屋「牧野(まきの)」(蔵前) »

鮮烈な食感、上ミノ刺 … もつ焼き「わかば」(本所吾妻橋)

上ミノ刺し

 「酔わせて下町」のFさんたちと、本所吾妻橋(ほんじょあづまばし)のもつ焼き屋、「わかば」にやってきました。

 25年ほど前の創業当時から、緑のちょうちんがトレードマークの「わかば」は、昨年(2008年)5月に大幅に改装し、きれいなお店になりました。

 店内は左手の焼き台の横から店の奥に向かって、10人ほど掛けられる直線カウンターが伸びています。このカウンター席、入口側から6人分、4人分と分割されていて、そのすき間を店の人たちが行き来できるようになっています。入口右手には2人掛けと4人掛けのテーブル席。その奥には小上がりの座敷席があり、4人掛けの堀ゴタツ式座卓が4卓並んでいて、全部合わせると32席という造りです。

 やわらかくジャズの流れる店内は、今日も午後5時の開店と同時にたくさんのお客さんでにぎわいます。もつ焼き屋にはつきもの(?)のような存在である、年配男性のひとり客も居るには居るのですが、土曜日ということもあってか、多いのは若いグループ客や家族連れ。これは、もつ焼き以外のメニューが充実していることや、改装したばかりのきれいな店内、そして店主夫婦を手伝う、若き二代目夫婦の存在に寄るものと思います。

 ずらりと並ぶメニューは、あれもこれも美味しそうで迷ってしまいますが、Fさんがこの店で注文するのは、毎回必ず、上ミノ刺し(600円)と、特シロ(1本150円)、カシラ(1本130円)、そしてタンおろし(450円)の4品なんだそうです。

「他のものも食べてみたいんだけど、ひとりでやって来ると、このはずせない4品を食べちゃうと、もう満腹になるんですよ。この4品のスパイラルにはまってるんです」

 Fさんは、取り引き先がこの近くにあることもあって、本所吾妻橋にはよくやってくるのだそうです。

 長方形の皿に、美しく2列に整列して出される上ミノ刺しは、見た目もツヤツヤと美味しそうです。小皿の味噌ダレをつけていただくと、その弾力感が強烈。「ミル貝の刺身のようでしょう」とFさん。この味噌ダレがまた、ニンニクがよく効いていていいですよねぇ!

 もつの刺身は、この店の人気の品でもあり、この上ミノ刺しの他にも、レバ刺し、ハツ刺し、タン刺し、シロ刺し、タマ刺し、コブクロ刺し、ガツ刺し、センマイ刺しが、それぞれ1人前400円で並んでいます。

 小鉢で出されるタンおろしは、スライスした豚タンをさっと茹でたものに、大根おろしをのせて、ポン酢醤油でいただく一品。さっぱりとした味わいで、いくらでも食べられます。このタンおろしという料理は、この店だけはなくて、この地域ではよく見かけるメニューなんだそうです。

 そして特シロとカシラのもつ焼きもやってきました。1串1串が大きいのが、ここ「わかば」の特長なんですよねぇ。

「串焼きは5分以内で食べないと劣化するんです。串のままガッと食べなきゃ。この店のように、絶妙の焼き具合で出してくれる店では、なおさら気にしないといけません」

 とFさん。串からばらして、箸でチマチマと食べるのは、本来のもつ焼きの食べ方じゃないんだと力説されます。串ものは、料理人が食べる順番を指定できる料理とも言われてますもんね。

 もつ焼きの味付けは、普通の塩・タレに加えて、この店ならではのニンニクだれがあって、Fさんのおすすめはニンニクだれ。とくに特シロは、絶対にニンニクだれが合うんだそうです。

 ところでこの特シロ。メニューには載っていない一品です。店の人によると、「ある時とない時があるので、メニューには載せてないんです」とのこと。聞いてみてあるようだったら、必食の一品です。

090228a 090228b 090228c
「わかば」 / ホッピー、酎ハイ、わかば(緑茶)割り / 煮込み

090228d 090228e 090228f
タンおろし / 特シロ(ニンニクだれ) / カシラ(ニンニクだれ)

店情報前回

《平成21(2009)年2月28日(土)の記録》

|

« 〔コラム〕 「古典酒場 Vol.6」のご紹介 | トップページ | 店情報: 居酒屋「牧野(まきの)」(蔵前) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/44501048

この記事へのトラックバック一覧です: 鮮烈な食感、上ミノ刺 … もつ焼き「わかば」(本所吾妻橋):

« 〔コラム〕 「古典酒場 Vol.6」のご紹介 | トップページ | 店情報: 居酒屋「牧野(まきの)」(蔵前) »