« いつまでも最年少なり … 酒房「北国(きたぐに)」(中野) | トップページ | 絶品、カレー白もつ焼 … 炭火焼き「モアナ(MOANA)」(京成関屋) »

開店前から店内で待ち … もつ焼き「江戸っ子(えどっこ)」(京成立石)

煮込み

 バレンタインデーの土曜日、「酔わせて下町」のFさんたちとともに、男ばかり4人で「江戸っ子」の口開けを目指します。

 午後4時に京成立石の駅で待ち合わせて、店に到着したのは4時10分ごろ。店は4時半の開店ながら、すでに入口の引き戸は開けられていて、外で待っていたお客さんたちが店内に入って開店時刻を待っている状態。

 我われ4人も、L字(左右逆)とU字が組み合わさったようなカウンターの、U字のほうの入口近くに腰を下ろすと、すぐ左側のカウンターでは、宇ち中(うちちゅう)さんや、歩く酒場データベース・Kさんご夫妻も開店を待っています。3人は「宇ち多゛」の後に、この店にいらっしゃったんだそうです。

 カウンターの中や、奥の厨房では店の人たちが、あっちに行ったり、こっちに来たりしながら、忙しく開店準備をしているところ。

 しばらくすると準備も整ったのか、まずは飲み物から注文を取ってくれます。ここ「江戸っ子」と言えば、なんといっても当店特製ハイボール(320円)、通称「ボール」ですね。すでにほぼ満席となった店内では、ほとんどのお客さんがボールを注文しています。うっすらと黄色いこの飲み物こそが、まさに元祖下町のチューハイなのです。

 そしてつまみも解禁になると、Fさんおすすめの煮込み(320円)を注文します。

「この店に来ると、いつもボールと煮込み。あとは焼き物を1皿注文して、ボールをもう1~2杯おかわりして終了かな。煮込みもボリュームがあるし、焼き物も1皿4本だから、それでもう十分なんですよね」

 この店の大常連さんでもあるFさんがそう話してくれているところへ煮込みもやってきました。小さな丼ほどもある小鉢に盛られた煮込みは、モツと豆腐に、トッピングの刻みネギだけというシンプルさ。

「野菜など、モツ以外のものを入れると味がにごるから。信州白味噌を使った上品な味付けがいいでしょう。汁まで飲み干せる。この汁が熱いうちに、耳酢みそ(320円)を酢みそ抜きでもらって、ここに入れて食べるとまたうまいんですよ。豚耳のコラーゲンがとろけるようで…」

 と言いながら、さっそくその耳のみも注文してくれるFさん。

 ひとしきり煮込みを食べたところで、ボール(320円)をおかわりして、今度は焼き物です。

「つくねの塩を1皿と、カシラとナンコツを混ぜてタレで」

 と注文してくれるFさん。焼き物は1皿4本で320円(つまり1本80円!)ながら、物によっては1皿に、2本ずつ2種類を盛り込んでくれるのです。レバ、シロ、カシラ、ナンコツ、アブラは、それぞれ2本ずつ組み合せ可能です。タンとハツとも組み合せができます。やきとり、つくね、テッポーの3種は組み合せができません。

「なんで組み合せができたり、できなかったりするの?」

「それぞれ焼きあがる時間が違うんでしょうね。同じタイミングで焼けるもの同士が組み合せ可能になってるんだと思いますよ」とFさん。な~るほどね。

 今回注文した「カシラとナンコツのタレ」が、Fさんの好物で、おすすめの品なんだそうです。味は甘ダレ、辛ダレ、塩焼きの3種があって、普通にタレとたのむと甘ダレで出されます。カシラ、ナンコツと甘ダレがとてもよく合います。

 この店は午後4時半から9時までの4時間半の営業時間。8時を過ぎると空(す)いてくるんだけど、ネタはほとんどなくなっているんだそうです。そんなときは『あるものを』とお願いすれば、できるものを組み合せて出してくれるんだそうです。

 たしかに、まだ5時なのに、すでに店の外には空席待ちの行列ができています。我われもそろそろ次の人たちに場所を譲りますか。どうもごちそうさま。

090214a 090214b 090214c
「江戸っ子」 / つくね塩 / カシラとナンコツのタレ

店情報前回

《平成21(2009)年2月14日(土)の記録》

|

« いつまでも最年少なり … 酒房「北国(きたぐに)」(中野) | トップページ | 絶品、カレー白もつ焼 … 炭火焼き「モアナ(MOANA)」(京成関屋) »

コメント

こんにちは。

東京は人酔いしてしまうので
苦手なのですが、
久し振りに行ってみたくなりました。

『江戸っ子』さん、美味しそうです。
雰囲気もよさげ。

> 我われもそろそろ次の人たちに場所を譲りますか。
いいですね。
こういう気持ち。


投稿: 桜ん坊 | 2009.03.12 09:54

古くから愛読させて頂いていますが初めて書き込みます。
まず、この度は1千万ヒットおめでとうございます。
それも私も大好きな「江戸っ子」での達成の様で、何やら
自分の事の様に嬉しくなり、書き込んでしまいました。
別の趣味では有りますが、同じニフティーのフォーラム
出身者として、これも何だか嬉しくもあります。
今後とも、お身体を大切に、楽しい記事をお願いします。
コメント失礼いたしました。

投稿: BDR529 | 2009.03.12 17:06

先日、土曜日に行きましたが最低です。あれが営業をしている店ですか? 常連が並ばずによい席を確保。店側のばばあも相乗りで新参者には素っ気ない態度。焼き物も常連にはセットされていて分からない客が時間を置いて頼んだら一時間だと。ふざけんな!やる気あるならレイアウトを変えて焼台を増やせ!効率悪い店なんだから亀有を見習え!やらないなら江戸っ子の看板下ろせ! だれにだれた店は淘汰される。 久々に頭にきたよ店で!あれで続けているんだらか店も常連もアホを通り越している。呆れて焼き物も食べずに帰ったよ二度と行かない、あや揺るところに宣伝しておくよ。あの対応。

投稿: 山岸だ! | 2009.06.18 09:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/44317143

この記事へのトラックバック一覧です: 開店前から店内で待ち … もつ焼き「江戸っ子(えどっこ)」(京成立石):

» ボール煮込み豆もやし … もつ焼き「江戸っ子(えどっこ)」(立石) [居酒屋礼賛]
 「宇ち多゛」を出て、宇ち中さんと一緒に向かった2軒めは、『立石の関所』こと、「江戸っ子」である。  ここに来るのはなんと7年ぶり。  立石に来ると、どうしても「宇ち多゛」に寄ってしまうので、同じ系統(=もつ焼き屋)である、ここ「江戸っ子」や「ミツワ」に、なかなか来ることができずにいるのでした。  平日(水曜日)の午後8時というこの時間帯ながら、「江戸っ子」は満席で、入口前には5人ほどの行列ができ... [続きを読む]

受信: 2016.05.21 22:33

« いつまでも最年少なり … 酒房「北国(きたぐに)」(中野) | トップページ | 絶品、カレー白もつ焼 … 炭火焼き「モアナ(MOANA)」(京成関屋) »