« なんと立派な落穂かな … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) | トップページ | 〔コラム〕 新しい単身赴任寮の食事 »

ハムとメンチの盛合せ … 大衆酒場「大露路(おおろじ)」(新橋)

ハムメン

 都内での仕事を終えて、やってきたのは新橋の大衆酒場「大露路」です。店に着いたのは午後4時45分。この時間ならまだ入れるかな。(ちなみに「大露路」の開店時刻は午後4時です。)

 ガラリ、と入口引き戸を開けて店内に入ると、右手に6人掛けテーブルが2卓、左手に8人掛けテーブルが2卓の、合わせて28人分の店内には、すでに手前側の左右のテーブルにはお客さんが入っており、奥側の左右2卓が空いている状態。左側の8人掛けにはお通しやコップが用意されていて、予約席の様子。本当に空いているのは右奥の6人掛けだけのようです。(予約もできるんですね! はじめて知りました。)

「いらっしゃいませ」と迎えてくれた女将さんが、予想どおりその右奥のテーブルを指し示してくれます。

 この店は、基本的には飲み物も食べ物もすべて300円均一。300円じゃないのはビール類だけです。そのビール類は、大瓶ビールが550円、小瓶のビールが330円、黒ビール(小瓶)が350円、そして生ビールが450円。大瓶ビール(キリンラガー、550円)をもらうと、お通しとして、小皿に盛られたマグロの煮物が出されます。

 ビールのつまみには、名物のハムフライ(300円)をもらおうかなと、女将さんに注文すると、「ハムフライは1人前が2個なんですが、そのうち1つをメンチにすることもできますよ」とのこと。さっそくそれをお願いすると、奥の厨房に向かって「ハムメンひとつね!」と注文を通す女将さん。なるほど。一皿にハムとメンチを盛り合わせたものは“ハムメン”という符丁なんですね。

 奥の厨房では、若い男女ふたりが働いています。ホールを女将さんが、厨房を若い手伝いの人たちが担当しているんですね。

 出てきたハムメンは、できたての熱々にソースがたっぷりとかけられて、いかにも美味しそう。ハムフライはあらかじめ4等分されていますが、ほぼ同じ大きさのメンチは丸のまま。何人かで行った場合には、「切ってください」とお願いすると、そのお皿の上で、女将さんがナイフで切り分けてくれます。

 ここは300円均一という値段ながら、一品一品がボリュームたっぷりで、しかも味がいいのが人気の理由。

 しかも、その300円均一の料理メニューが、まぐろさし、めんたいこ、あんきも、牛たたき、小あじ唐揚、まぐろ納豆、くじらベーコン、なまこ酢、〆さば、うど酢ミソ、わけぎぬた、焼〆さば、ピーマン肉炒め、鮭かま焼、なの花、ししゃも子、メンチ、なす油ミソ、ニラ玉、山芋千切り、あつあげ、オムレツ、ベーコンエッグ、セロリ、ゴーヤ炒め、ハムフライ、ホルモン炒め、まぐろステーキ、肉やさい炒め、串かつ、ニラレバ炒め、いか下足焼、冷しとまと、いかわたホイル焼、しいたけバタ、新じゃが煮、煮こみ、こまい、ポテトサラダ、赤魚かす漬、かきフライ、ウィンナ炒め、豚肉しょうが焼、アスパラベーコン、いかバタ、ぶり大根、おでん、はまぐり酒むし、ぎんなん、青菜煮びたし、ほっけ塩焼、さつまあげ、焼そば、焼うどん、焼ビーフンと、なんと55品も並んでいるというんだから、素晴らしいではありませんか。

 シメサバやベーコンエッグ、ニラレバ炒め、かきフライなどにも引かれながら、けっきょく注文したのは、おでん(300円)です。

 おでんの注文に合わせて、燗酒(千福、300円)をもらうと、受け皿なしのコップに、ぴったりと表面張力までお酒を注いでくれます。

 そして出てきたおでんは、300円という値段ながら、大根、コンニャク、玉子、さつま揚げ、ちくわ、焼き豆腐、昆布の、なんと7点盛り! こりゃまたすごいなぁ。

 1時間ちょっとの滞在で、今日のお勘定は1,500円。ということはお通しは50円なのかな。思いっきり満腹になって店をあとにしたのでした。

090216a 090216b 090216c
「大露路」 / お通しと大瓶ビール / 店内の短冊メニュー

090216d 090216e 090216f
ハムメンの断面 / 千福・燗酒 / おでん

店情報前回

《平成21(2009)年2月16日(月)の記録》

|

« なんと立派な落穂かな … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) | トップページ | 〔コラム〕 新しい単身赴任寮の食事 »

コメント

ハムとメンチ1つずつって、できるんですねー。知りませんでした。
斎藤酒場のミックスみたいで、いいですね(^^)

予約は、早い時間(18時半くらい)までに入れればOKのようです。
また、お通しはサービスのはず。
でも、ここでひとり呑みをしたことがないので、ひとりだと50円なのかなあ。

投稿: uchidaholic | 2009.03.19 06:36

お通しは無料で、多めに盛って戴いたりもありかな(笑)。
端数の50円は、その時々で微妙に切上げ・切捨てとなり、従って下2ケタは00円という感じですので、ビールなど×2だとピッタリになるかと。
ですが、これだけ美味しい&たっぷり戴いて、このお値段はまったく問題ないですし、いつもお勘定して帰るときは「今日もいっぱい本当にどうも有難う~」の感謝の気持ち以外にないですね~。
なお、ハム・メン以外にもお願いすれば、ハム・ポテサラ、ハム・アジフライ、ハム・串かつなど組合せはいろいろありますよ。
ま、忙しいお店なのであまりややこしいことは言わない様にはしてますね。オーダーの混み具合によりけりですが。
ハーフハーフにしてもらうよりは、ここは2、3人で行ってどんどん頼んで豪快に食べ且つ飲み、大いにしゃべって笑って楽しんで、食べる方も飲む方もそろそろ注文しなくなってきたらダラダラせずに、また次に入りたいお客さんのためにサッと勘定して帰るという感じですかね。
ちなみにお一人の場合は、配膳用のカウンターに立つテもあります。
ここへ立つとお兄ちゃんとくみちゃんの手際の良さを見ながら飲むことができますし、手の空き具合もわかるのでちょっとだけ我がまま言ったりも出来るかも知れませんが、お母さんの通る邪魔になるので、いずれにしても状況に応じて、ですね。
さらにメニューですが、内容はそう大きくは変わりませんが、季節ごとでちょこちょこ増えたりするので、毎回いろいろ新しいものを頼んでみるのも楽しみかと思います。
また、予約は原則6時まで(できれば5:50まで)に入店する場合となってますが、その日の状況で余裕があるときは、まだ大丈夫よ~、なんて言ってはくれますが、私はその間に折角お店に来て入れないで帰る人たちがいることを考えると却って申し訳ない気がして、以前どうしても、という時に1度だけお願いした以外、通常の飲みの時は予約はしていません。
なので、ここへはよっぽど早く行くか、微妙な時間の時は、まあダメもとで行って入れたら良し、すでに一杯の時は他を回って8時過ぎくらいに再トライ、またはその日はあきらめて明日とする、という感じですね。
良いお店なので、大事にして行ってます。
もし気に入られたら、また寄られてみてくださいね。

投稿: フランソワ | 2009.05.02 00:46

はじめまして(^-^)
面白そうなお店ですね♪
今度、行ってみます☆彡
(^з^)-☆

投稿: よだれ屋 | 2009.08.05 04:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/44393027

この記事へのトラックバック一覧です: ハムとメンチの盛合せ … 大衆酒場「大露路(おおろじ)」(新橋):

» 今日は新橋をひと巡り … ビアホール「ビアライゼ(BIER REISE)'98」(新橋)ほか [居酒屋礼賛]
 今日は久しぶりに新橋をひと巡り。  まずは午後4時の開店時間を目指して、生ビールのおいしいビアホールレストラン「ビアライゼ(BIER REISE)'98」に向かうと、「ビアライゼ'98」はとっても静かに開店時刻を迎え、私以外にはお客はいない状態。 「もう入ってもいいですか?」  と確認しながら、広い店内に入り、入口すぐ左手にある小さなカウンター席の真ん中あたりに腰を下ろします。  平日の午後4時... [続きを読む]

受信: 2013.07.03 23:09

« なんと立派な落穂かな … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) | トップページ | 〔コラム〕 新しい単身赴任寮の食事 »