« 楽しい新年会のあとで … 立ち飲み「おかやん」(中野) | トップページ | ブーツ型グラスのなぞ … バー「クライスラー(CHRYSLER)」(横浜市・日ノ出町) »

分厚い弾力、あなご天 … 大衆酒場「栄屋(さかえや)」(横浜市・日ノ出町)

活あなご天ぷら


 祝日前日の火曜日。横浜の古い酒場を訪ねようと、飲み友達とともにやってきたのは、昭和23(1948)年創業、長者町(ちょうじゃまち)の老舗大衆酒場、「栄屋」です。

 6卓しかない店内ながら、奥のほうの2卓は荷物置場風に使われていたりすることもあって、通常(常連さん以外)はだいたい手前4卓(16名分)のテーブルに座ります。

 午後8時前のこの時間帯、先客は2組。その2組が左側のテーブルを使っているので、我われは右側の真ん中のテーブルに座り、まずは瓶ビール(キリンラガービール大瓶、610円)をもらって乾杯すると、お通しには小さな冷奴が出されます。

 ここ「栄屋」で、絶対にはずせない肴(さかな)が、穴子の天ぷら(630円)です。活きた穴子をさばきたて、揚げたてで出してくれる穴子天は、ひと切れひと切れが大きくて、しかも分厚いのが特長。天つゆにジュッとつけて、ハフハフといただくと、その弾力感に驚かされる一品なのです。

「穴子天は絶対に食べなきゃね。穴子天のための腹を残して、他のつまみを食べよう」

 とメニューを選びます。なにしろ、ひとりで来ると穴子天だけで満腹になってしまうほどのボリュームなので、今日のように二人以上で来たときじゃないと、いろいろとはつまめないのです。

 「栄屋」でおすすめなのは海の幸。今日のメニュー(黒板に手書き!)には、めじまぐろ750、殻付カキ(4個)700、カキフライ700、カキ天650、鯨さしみ700、マグロ刺900、スミイカ650、活たこ刺600、たいら貝700、ひらめ刺750など、40品ほどが並んでいます。

 いつもは、マグロ刺の900円が一番高いくらいなのですが、なんと今日は活たらば(1パイ)4,000円なんてのが並んでますねぇ! だれかの予約なのかな!?

 そんな中から、ヒラメの刺身(750円)と、ほうれん草のおひたし(300円)をもらって、飲み物は「東龍」(純米酒、550円)の燗酒に切り換えます。

 右手の手前のテーブルには、若い男性ひとり客が、しばらくして右手奥の、ちょっと狭い席にも常連さんらしき、年配の男性ひとり客が入って、祝前日らしいにぎわいになってきました。入口テーブルのおにいさんのところに運ばれていった殻付カキ(4個700円)の、なんと立派なこと!

「カキもいいねぇ。こっちもカキももらおうか?」

「殻付きもいいけど、カキ天(650円)もいいよねぇ」

「そうそう。カキ天にも引かれてたんだ。でも穴子天とかぶるからなぁ」

「カキ豆腐鍋ってのもあるよ」

 なぬ? どれどれ、と見てみると、入口近くの張り紙メニューに、とらふぐちり(4,500円)、カキ豆腐鍋(1,800円)、鳥豆腐鍋(1,700円)の三品が並んでおり、さらにその横に小さく「御一人様用小鍋(カキ豆腐鍋、鳥豆腐鍋)各900円」と書かれています。

 おぉ、いいですねぇ。たっぷりと鍋だと、それでお腹いっぱいになってしまう可能性がありますが、ひとり用の小鍋だと大丈夫そうです。

 さっそくそのひとり用のカキ豆腐鍋(900円)と、合わせて穴子天(630円)も注文すると、「おっ。穴子天いく? じゃ、こっちも穴子天ね」と周りの3テーブルからも相乗り注文が入ります。さすがは人気の名物品ですね!

 燗酒をおかわりしつつ、待つことしばし。カキ豆腐鍋が用意され、コンロにカチンと火がつけられると、追いかけるように穴子天も出てきます。実にいいタイミングですねぇ。ハフハフと穴子をいただいているうちに、カキ豆腐鍋もできあがるという寸法ですね。

 今日も絶品の穴子天をいただいて、カキ豆腐もペロリ。メニューには書いてないけれど、「雑炊はできるんですか?」と確認してみると「できますよ」ということで、最後はきっちりと雑炊でしめて、1時間半ほどの滞在は二人で5,740円(ひとり2,870円)でした。

 うぅーっ。満足じゃー。どうもごちそうさま。

090210a 090210b 090210c
「栄屋酒場」 / ビールとお通し / ほうれん草おひたし

090210d 090210e 090210f
ひらめ刺身 / カキトーフ鍋と燗酒 / 最後は雑炊

店情報前回

《平成21(2009)年2月10日(火)の記録》

|

« 楽しい新年会のあとで … 立ち飲み「おかやん」(中野) | トップページ | ブーツ型グラスのなぞ … バー「クライスラー(CHRYSLER)」(横浜市・日ノ出町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/44232792

この記事へのトラックバック一覧です: 分厚い弾力、あなご天 … 大衆酒場「栄屋(さかえや)」(横浜市・日ノ出町):

» 呑ん兵衛タウン、野毛 … FF、仙人、第一亭、栄屋、床屋 [居酒屋礼賛]
 野毛という字を“のもう”と読む人もいるくらい、横浜きっての呑ん兵衛タウンである野毛(のげ)。今日は北千住からやってきたH氏とともに野毛巡りです。  野毛に繰り出すときの待ち合わせに最適なのは、JR桜木町駅の改札前。この駅には改札口が1箇所しかなくて、しかも改札前が広いので、たとえこの町にはじめてやってきた人であっても、迷うことなく落ち合えるのです。  JR桜木町駅と野毛の町を結ぶ地下道が“野毛ち... [続きを読む]

受信: 2009.04.26 10:14

« 楽しい新年会のあとで … 立ち飲み「おかやん」(中野) | トップページ | ブーツ型グラスのなぞ … バー「クライスラー(CHRYSLER)」(横浜市・日ノ出町) »