« 変わらぬように変える … 酒亭「武蔵屋(むさしや)」(横浜市・桜木町) | トップページ | 間髪入れず食べるべし … 炭焼「鳥佳(とりよし)」(横浜市・上大岡) »

脂がのった関サバ刺身 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政)

関サバ刺身(半人前)

 毎月恒例となってきた、夕食会翌日の「竹よし」詣で。昨日、第85回となる夕食会のメイン食材は、関サバ、関アジだったんだそうです。関サバは刺身と塩焼きで、関アジのほうはナメロウとサンガ焼きで出されたとのこと。関サバ、関アジを、刺身以外の調理法で食べるというのが、なんだか大ぜいたくですよねぇ。

 私もさっそくその関サバ刺身(900円)を半人前もらって、シメサバ(550円)も注文。飲み物は「菊正宗」(350円)を燗でいただきます。

 お通し(200円)の野菜たっぷりツミレ汁をつまみながら待つことしばし。関サバの刺身が登場します。皮の下についている脂(あぶら)の厚みがものすごい。関サバならではの身の締まりと、たっぷりの脂の部分とがいっぺんに口の中に入ってきて、とても心地いい食感です。

 そしてシメサバ。今日は開店と同時(午後5時)に店に入ったのですが、ちょうどそのときに、カウンター上で漬け込まれていたのがこのシメサバだったのです。立派なサバだったので、これも関サバかと思っていたのですが、こちらは日本海のサバなのだそうです。

 そんなわけで、意図したわけではないのですが、佐賀関のサバ刺身(関サバ)と、日本海のシメサバの食べ比べとなりました。

 日本海のサバも、関サバに負けず劣らず立派な脂ののり具合だし、身も立派。これだけ食べると、必ず「絶品!」と思えてしまう一品です。しかし、横に並んでいるのが関サバなのが、ちょっとつらいところ。こうして見ると、皮下の脂肪分や、身の締まり具合の違いがよく分かります。

 関サバのアラの部分を塩焼きにしたものを、サービスで出してくれます。アラの部分とは言え、関サバのカマのところと、尻尾のところ。一番おいしいところではありませんか! ありがとうございます。両手で分解しながら、骨際(ほねぎわ)の身をしゃぶり尽くします。

 昨日は、関サバ、関アジのほかに、アユの姿寿司や、山菜天ぷら(ふきのとう、たらのめ、うるい、こごみ)も出されたんだそうで、ちらりと見せてもらった食材バットの上には、ツヤツヤと深緑色に輝くアユも並んでいます。こういうのを見ちゃうと食べたくなりますよねぇ。さっそくそのアユを塩焼き(600円)でお願いします。

 そうこうしている内に、常連のE夏さんや荒木又右衛門さんたちもやってきて、店内もにぎやかになってきます。私もそうですが、みなさんこの店から徒歩10分くらいの圏内にお住まいなので、日曜日の夜でもフラリといらっしゃるんですよねぇ。

 E夏さんが、大好物というアジのナメロウ(700円)を注文したのを、横からちょいとつつかせてもらったりしながら、気がつくともう午後7時過ぎ。あんまり飲み過ぎると、週の頭から大変なことになるので、この辺で切り上げましょうね。

 燗酒(350円)を合計3本いただいて、今日のお勘定は2,850円でした。どうもごちそうさま!

090315a 090315b 090315c
お通しのツミレ汁 / シメサバ / 関サバ塩焼き

090315d 090315e 090315f
食材バット / アユ塩焼き / アジのナメロウ

店情報前回

《平成21(2009)年3月15日(日)の記録》

|

« 変わらぬように変える … 酒亭「武蔵屋(むさしや)」(横浜市・桜木町) | トップページ | 間髪入れず食べるべし … 炭焼「鳥佳(とりよし)」(横浜市・上大岡) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/44648384

この記事へのトラックバック一覧です: 脂がのった関サバ刺身 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政):

» 一番安くても本醸造酒 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) [居酒屋礼賛]
 日本酒は、その名のとおり、日本の伝統的なアルコール飲料なのですが、残念なことに、「うまいなぁ」と思うようなお酒を置いている酒場は、全体としては少ないのです。知らない酒場で(銘柄が明確に書かれていない)日本酒を注文すると、ほとんどの場合、はずれると思って間違いないくらいの悲しい状況です。  呑ん兵衛は、まずいお酒にはとっても敏感な人が多いように思います。ずば抜けて美味しいお酒である必要はないのです... [続きを読む]

受信: 2009.05.18 20:11

« 変わらぬように変える … 酒亭「武蔵屋(むさしや)」(横浜市・桜木町) | トップページ | 間髪入れず食べるべし … 炭焼「鳥佳(とりよし)」(横浜市・上大岡) »