« 店情報: 田舎洋食「いせ屋(いせや)」(呉) | トップページ | 店情報: もつ焼き「のんき」(堀切菖蒲園) »

〔コラム〕チャップ・豚・チュウ … 田舎洋食「いせ屋(いせや)」(呉)

チャップ・豚・チュウ


 呉(くれ、広島県)の中通りにある田舎洋食「いせ屋」にやってきました。

 創業者の故・加納勇太郎さんは、日本海軍の装甲巡洋艦「浅間」のコック長を務めた後、大正10(1921)年に、ここで洋食屋をはじめたのだそうです。

 広島方面の食情報に詳しい“快食.com”にある「いせ屋」の記事によると、『店内に飾られた額によると、明治45年(1912年!)にビアホールとして開業したのが最初とのことなので、広島県内に現存する洋食店の中では最古、飲食店としても有数の歴史を持つ店だ。』とのこと。

 もともとの名物は“わらじカツ”の愛称を持つビーフカツレツ(1,100円)。直径30センチの皿が隠れるほど大きくて、客が「まるで、わらじのような…」と驚いたことから“わらじカツ”と呼ばれるようになったのだそうです。(昭和49(1974)年4月に毎日新聞呉支局から出版された「呉うまいもん」より。)

 私が、この店に足しげく通っていたころ(今から20~25年前。昭和58~63年ごろ)の名物はカツ丼(1,100円)でした。これは平皿に盛ったご飯の上に、ひと口大にカットしたビーフカツレツをのせ、たっぷりのドミグラスソースがかけられます。最後にグリーンピースが何粒かトッピングされて、見た目はハヤシライスのよう。これがこの店のカツ丼なのです。

 店のメニューにはハヤシライス(700円)もあって、これは食べたことも見たこともありませんが、おそらくカツ丼のビーフカツレツを抜いたものなんだろうと思います。

 そして最近は、“肉じゃがの元祖は呉!?”ということで、海軍さんの肉じゃが(400円)や、店の表にも“海軍カレー有ります”と張り出されている海軍さんのカレー(700円)なども名物になっているようです。

 がしかし! 私がこの店で注文するのは、以前通っていたときの大好物であるポークチャップ(800円)です。これに豚汁(300円)と中ご飯(180円)をもらって定食にするのです。

 この注文をすると、店の奥の厨房に向かって「チャップ・豚・チュウ(中ご飯のこと)です~」と注文が通されます。この符丁も久しぶりに聞きましたねぇ。ちっとも変わってないのが嬉しいです。

 なにしろドミグラスソースがおいしいので、それをたっぷりとまぶしたポークチャップもまたおいしいんですよねぇ。豚汁もコクのある濃厚な味わいで、注文する人が多い一品です。メニューには書かれていませんが、普通のみそ汁椀で出される豚汁(小)という、小サイズもあるようです。

 田舎洋食という看板ながら、この店のメニューには、おひたし、大根おろし、冷やっこ、湯豆腐、きゅうりもみ、味付け海苔といった和風のサイドメニュー(各200円)もあり、酒類も日本酒とビールのみ。

 夜やってくると、これらの肴をつまみながら、菊正宗(600円)の燗酒をチビチビやっているお客さんも多いのです。ただし、この店の営業時間は夜8時半までなので、早い時間に行かないとダメですけどね。

090518a 090518b 090518c
ポークチャップ / 豚汁 / 中ご飯

090518d 090518e 090518f
のれん / テーブル席 / 座敷席

店情報前回

《平成21(2009)年5月18日(月)の記録》

|

« 店情報: 田舎洋食「いせ屋(いせや)」(呉) | トップページ | 店情報: もつ焼き「のんき」(堀切菖蒲園) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/45102202

この記事へのトラックバック一覧です: 〔コラム〕チャップ・豚・チュウ … 田舎洋食「いせ屋(いせや)」(呉):

» 〔この一品〕 呉「いせ屋」の特製カツ丼 [居酒屋礼賛]
 呉市中通(なかどおり)にある田舎洋食の「いせ屋」の創業は大正10(1921)年。来年で創業90年を迎えます。  この店の創業者は、日露戦争でも活躍した装甲巡洋艦「浅間」でコックを務めたあと、この店を開店。現在でも、昔懐かしい和風の洋食メニューが並びます。  そんな「いせ屋」の大きな名物が特製カツ丼(1,100円)。丸皿につがれたご飯を覆いつくすビーフカツは芳ばしくてやわらか。まったくと言っていい... [続きを読む]

受信: 2010.08.16 16:15

« 店情報: 田舎洋食「いせ屋(いせや)」(呉) | トップページ | 店情報: もつ焼き「のんき」(堀切菖蒲園) »