« 一番安くても本醸造酒 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) | トップページ | 久しぶりの焼鳥盛合せ … 焼鳥割烹「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) »

〔コラム〕 野毛の定番回遊コース

「第一亭」のパタン


 「宇ち中」のuchidaholicさんが、「ある日、風になれ。」のchamiさんと一緒に野毛(のげ)にやってくるということで、今日は野毛飲みです。

 仕事が終わって、野毛の最寄り駅であるJR根岸線・桜木町(さくらぎちょう)駅に到着したのは午後6時15分ごろ。待ち合わせの7時までは、まだちょっと時間があるので、まずはバー「」でひとりゼロ次会です。

 この店の三代目である、現在の店主・塚田浩司さんと話をしながら生ビール(800円)を1杯飲むうちに、ちょうどいい時間となり、待ち合わせの「福田フライ」で、uchidaholicさん、chamiさん組と合流。

090415a ここは瓶ビール(キリンラガー大瓶、600円)をもらって、それぞれフライを2本ほどずつ。私はこのところ定番のカボチャ(140円)とクジラ(190円)を普通のソース+練り辛子でもらって、さらにノブさんの隠れメニュー、魚の肝の唐揚げ(150円)や、肉汁たっぷりのハンバーグなどをいただきます。

 chamiさんによると、「御徒町食堂」のハンバーグと似ているとのこと。「御徒町食堂」は、先日発売となった「東京ひとりめし」でも紹介されていて、ぜひ行ってみたいお店の1軒。ますます気になりますねぇ。

 45分ほど立ち飲んで、3人で2,810円(ひとり940円弱)。続いて「ホッピー仙人」に向かったものの満員で、「栄屋酒場」に入ります。

090415b 名物の穴子天ぷら(630円)は売り切れていたものの、今日の狙いはメニューにはない刺身の盛り合せ。「横浜本」の「栄屋酒場」のページに、この刺身盛り合せの写真が載っていて、ぜひたのんでみたかったのです。今日のは、マグロのトロと赤身、ヒラメの身とエンガワ、ホタルイカ、クジラ、そしてショウサイフグの盛り合せです。

 お通し(サービス)の冷奴に、燗酒(340円)を3人で4本ほどいただいて、今日のお勘定は4,060円(ひとり1,350円強)。刺身盛り合せは2,700円(900円×3人前かな?)だったんですね。

090415c もう一度「ホッピー仙人」に向かうと、今度は立ち飲みながらも入ることはできました。今日は生はなくて、私は瓶の白ホッピー(500円)と、カウンター上に置いているつまみの中から、燻製玉子(100円)をもらいます。

 店内で「酒と男と。。。」のプー子さんや、野毛の酒豪美女・ひろたろうさんとも乾杯。ひろたろうさんは、「福田フライ」でもチラリとお会いしたので、本日、2度目です。

090415d 「ホッピー仙人」で、ホッピーを1~2杯ずつ飲んで、次は「日の出理容院」です。ここでは「激務な日々」のひでさんが飲んでいました。私は角のハイボールを2杯もらって、キャッシュ・オン・デリバリーは1,200円。

 最後はプー子さん、chamiさん、uchidaholicさんと4人で「第一亭」です。紹興酒をボトル(2,000円)でもらって、定番のホルモン炒め(600円)、チート生姜炒め(600円)、シジミ醤油漬(600円)、そして有名すぎる隠れメニューのパタン(600円)で〆ると、お勘定は4人で4,400円(ひとり1,100円)。日ノ出町駅でみんなと別れて帰路につきます。

 野毛にも、横浜にも、いい酒場はもっともっとたくさんあるのですが、最近はまるで回遊魚のように同じ酒場ばかり巡っているのでした。

・「R」の前回 / それ以外の店の前回

《平成21(2009)年4月15日(水)の記録》

|

« 一番安くても本醸造酒 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) | トップページ | 久しぶりの焼鳥盛合せ … 焼鳥割烹「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) »

コメント

あの日はまさしく回遊魚でした。はまださん お時間取って下さりまして、有難うございました。
いやぁ、FFの裏メニューのこと聞いたお蔭で またハンバーグ頂くことが出来ました(^-^)そして、第一亭のパタンはハマります。バリバリニンニク覚悟の逸品です!
あー、また食べたい。

投稿: chami | 2009.05.23 17:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/45059166

この記事へのトラックバック一覧です: 〔コラム〕 野毛の定番回遊コース:

» 週末喰いまくり呑みまくり 【北浦和・北千住・野毛】 [酔ってけ!ススキノ]
北浦和に新鮮なモツを出すお店があると聞き、 お店に開店時間を確認して口開けで突入~っ。 北浦和駅西口にある「秋元」。 一応確認ですが野方「秋元屋」じゃないっすよ。 BGMにはaikoなんかがスッとかかっており 割とカジュアルなんかな~という雰囲気のあるお店で、 浦和らしくお客さんはレッズモード全開のお店なのですが 店主のシュウさんは旨い物大好きそうな恰幅。期待大っす。 ドリンクはもちろんホッピー。お通しに出てきた煮込みも 柔らかさが絶妙で、近年まれに見るレヴェルの高さっすわ。 レバ刺し。見てください... [続きを読む]

受信: 2009.05.19 07:49

» 麦イカ醤油漬けで冷酒 … 立ち飲み「福田フライ(ふくだふらい)」(横浜市・桜木町) [居酒屋礼賛]
 私が平日を過ごしている、丘の上の単身赴任寮からは、海を見ると「みなとみらい」地区が、そして山を見ると、天気のいい日にはド~ンと富士山が見えることは前にもご紹介しましたが、この季節、海側を見るとナイターの照明に照らされた横浜スタジアム越しに「みなとみらい」の夜景が見えるのです。  そんな「みなとみらい」の夜景に引かれて、今日は会社帰りにふらりと野毛(のげ)に出てきました。  どちらも最寄駅は桜木町... [続きを読む]

受信: 2009.07.05 15:10

» 営業時間は3時間のみ … バー「ホッピー仙人(ほっぴーせんにん)」(横浜市・桜木町) [居酒屋礼賛]
 今日ももちろん、「福田フライ」1軒で終わるはずはなく、2軒目は「ホッピー仙人」へ。  今日もまたホッピーを飲みながら、仙人(=店主)や、カウンターに並ぶお客さんたちとワイワイと談笑しているところに「こんばんは」と入ってきたスリムな美人はユウコマンさん。華奢な外観ながら、武蔵小杉の「文福」で、大ジョッキに注がれたホッピーを、仙人と同じ量だけ飲んだこともあるという強者(つわもの)です。  野毛には普... [続きを読む]

受信: 2009.07.05 15:13

» 今宵の〆はタンメンで … 中華料理「第一亭(だいいちてい)」(横浜市・日ノ出町) [居酒屋礼賛]
 「ホッピー仙人」を後に、3軒目はシメタン(=締めの炭水化物)を求めて、京急本線・日ノ出町駅近くの「第一亭」です。  さっくりと麺類で締める予定で店に入ったものの、「あら、いらっしゃい」なんて満面の笑みで迎えられると、「紹興酒のW(650円)を温かいのでお願いします」とついつい飲み物もたのんでしまいます。  今日の席は「火が上がるのを嫌がる人もいるんですよ」という、カウンターの一番奥側の、コンロの... [続きを読む]

受信: 2009.07.05 15:21

» 殻付ガキを純米燗酒で … 「栄屋酒場(さかえやさかば)」(横浜・日ノ出町) [居酒屋礼賛]
 寒くなってくると食べたくなるのがカキですね。  今日の「栄屋酒場」には、殻付カキ(5個、750円)のほか、カキ天(650円)もメニューに載っています。  あなご天(630円)が名物の「栄屋酒場」だけに、カキ天にも非常に引かれるものがありますが、今シーズンの初カキは、やっぱり生の殻付カキにしましょう。合わせる飲み物は純米酒「東龍」(550円)の燗です。  出てきたカキは、お皿からはみ出さんばかりの... [続きを読む]

受信: 2010.01.19 22:08

» 歴史ある横浜バー文化 … バー「日の出理容院(ひのでりよういん)」(横浜・桜木町) [居酒屋礼賛]
 「横浜の酒場では飲んだことがない」という、呉から出張中の3人とともに、野毛の酒場を巡っています。1軒目は中華とモツをいっぺんに楽しんでもらおうということで「第一亭」へ。2軒目は、3人とも飲んだことがないというホッピーへの挑戦で「ホッピー仙人」へと行ってきました。  横浜でもう1軒、行っておくべきなのはバーかな。  日本で最初のバーが横浜港近くの山下町(山下公園付近)にオープンしたのは、今から15... [続きを読む]

受信: 2011.01.11 23:43

« 一番安くても本醸造酒 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) | トップページ | 久しぶりの焼鳥盛合せ … 焼鳥割烹「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) »