« 〔コラム〕 野毛の定番回遊コース | トップページ | 店情報: 田舎洋食「いせ屋(いせや)」(呉) »

久しぶりの焼鳥盛合せ … 焼鳥割烹「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷)

チキンセット(塩)


 店の看板は焼鳥割烹(やきとりかっぽう)なのに、最近は来るたびに魚介類を注文することが多くて、看板メニューの焼き鳥を注文してませんでしたねぇ。今日は久しぶりにチキンセット(504円)をいただきますか。

 チキンセットは、ねぎま、鳥レバ、鳥皮、若鳥、砂肝という、鶏の串焼き5種5本を1皿に盛り合せたメニュー。塩味とタレ味が選べ、注文を受けてから、生の状態から焼き上げてくれます。

 「川名」の創業は昭和46(1971)年6月。今年の6月で創業38年となります。

 もともと精肉業からスタートした「川名」。創業当時からのメニューが焼き鳥です。現在の焼き鳥メニューは、自家製のつくね(115円)から始まって、ねぎま(105円)、若鳥(105円)、すなぎも(105円)、鳥皮(84円)、鳥レバ(105円)、ハツ(105円)、豚レバ(105円)、カシラ(105円)、ナンコツ(105円)、タン(105円)、白もつ(84円)、豚バラ串(126円)、豚トロ串(126円)、鳥にんにく串(105円)、豚にんにく串(105円)、鳥中おち串(126円)、鳥なん骨串(105円)、手羽中串(168円)、皮にんにく串(168円)、ハラスサーモン串(168円)、合鴨団子串(168円)など、20種類強。鶏肉も、豚肉もそろっているところが特徴です。

 それぞれ1本から注文できて、お土産として持ち帰ることもできます。店頭でお土産用を注文した場合は、あらかじめ焼き上げられて、大皿に並べられている焼き鳥を、汁が漏れない袋で持たせてくれます。これを電子レンジでチンしていただくのです。

 盛り合せの焼き鳥メニューは、今回注文したチキンセットのほかに、豚の串焼き6種6本(たん、はつ、かしら、白もつ、なんこつ、豚レバ)のニュートンセット(609円)があって、こちらも塩焼き、タレ焼きが選べます。

 ちなみに、チキンセット、ニュートンセットともに、単品を組み合せて同じものを注文する場合と同じ値段です。一言で注文できるので、注文が楽、というところがメリットでしょうか。

 さて、金曜日の今日は、横浜での新入社員歓迎会のあと、阿佐ヶ谷へと帰ってきて、「川名」に入ったのは、午後10時過ぎ。

 この時間帯でも、やはりお客さんは多くて、かろうじて空いていた、カウンターの1席に腰を下ろし、生グレープフルーツサワー(336円)でスタートすると、お通し(サービス)はオレンジ(1切れ)とモヤシの塩漬けが出されます。

 手書きのホワイトボードメニューは、売り切れると消されていきます。この時間、すでにボード左側の魚介類などのところは半分くらいが消えた状態です。残っているのは鮭刺(399円)、甘えび刺(399円)、さんま炭焼(294円)、さば炭焼(294円)、山芋納豆(294円)、ゴーヤサラダ(294円)などなど。カクテキ(168円)や、柚子コンニャク(189円)、くんせい玉子(294円)なんてメニューもありますねぇ。姫やっこ(189円)って何だろう?

 チキンセットを食べ終わったあとは、氷なしの黒ホッピー(336円)をもらって、ホワイトボードメニューの赤かぶ漬(168円)を注文すると、出てきた赤かぶ漬は、小皿にたっぷりと山盛りです! これはすごい。

 今日もまた午後11時過ぎまでくつろいで、お勘定は1,344円でした。どうもごちそうさま!

店情報前回

《平成21(2009)年4月17日(金)の記録》

|

« 〔コラム〕 野毛の定番回遊コース | トップページ | 店情報: 田舎洋食「いせ屋(いせや)」(呉) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/45077334

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの焼鳥盛合せ … 焼鳥割烹「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷):

» 今が旬、カツオたたき … 焼鳥割烹「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) [居酒屋礼賛]
 日曜日の今日は、午後4時の開店に合わせて「川名」です。  「川名」は、明日、6月22日(月)から7月1日(水)まで、10日間のアーリーサマーバケーションに入るので、その前にたっぷりと「川名」を充電しておかなきゃね。  家を出るのがちょっと遅れたため、「川名」に到着したのは開店10分後。すでに7席分のカウンターの両端に1名ずつと、壁際に3卓並んだテーブル席(4人掛け)のうち2卓にも、それぞれ2名ず... [続きを読む]

受信: 2009.08.07 20:14

« 〔コラム〕 野毛の定番回遊コース | トップページ | 店情報: 田舎洋食「いせ屋(いせや)」(呉) »