« 久しぶりの焼鳥盛合せ … 焼鳥割烹「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | 〔コラム〕チャップ・豚・チュウ … 田舎洋食「いせ屋(いせや)」(呉) »

店情報: 田舎洋食「いせ屋(いせや)」(呉)

    090518z
  • 店名: いせ屋食堂
  • 電話: 0823-21-3817
  • 住所: 737-0046 広島県呉市中通4-12-16
  • 営業: 09:00-20:30、木休(祝日の場合は翌日休)
  • 場所: JR呉駅を出て、まっすぐ正面に見える大通り(今西通り)を直進すること約600m(徒歩11分ほど)、法務局西入口信号交差点を右折する。そこからさらに道成りに直進すること約550m(徒歩10分ほど)。途中で堺川を渡り、イズミの横をとおり、れんが通りを横切ったら、30mほど先、左手。駅からの全行程は1.1キロ、徒歩約21分。呉駅から広(ひろ)方面行きの路線バスに乗った場合は、本通三丁目バス停下車。
  • メモ: 洋食屋としては大正10(1921)年創業。この店を創業した加納勇太郎さん(故人)は、“日露戦争大勝祝賀”の明治天皇お召し艦「浅間」のコック長。カウンター3席、テーブル3卓12席、座敷2卓8席。
    〔洋食〕いせ屋特製・カツ丼1,200、カツカレー1,200、海軍さんのカレー750、ハヤシライス750、オムライス800、チキンライス750、ヤキメシ750。〔一品料理〕ビーフステーキ2,200、ビーフカツレツ1,200、ビーフシチュー1,200、タンシチュー1,200、トンテキ900、トンカツ900、ポークチャップ900、オムレツ800、海軍さんの肉じゃが450、おひたし220、大根おろし220、冷やっこ220、湯とうふ220、きゅうりもみ220、味付け海苔220。〔汁物〕豚汁330、サツマ汁330、味噌汁220。〔ご飯〕大220、中200、小180。〔丼もの〕親子丼750、他人丼750、玉子丼750。〔うどん〕うどん350、きつねうどん380、玉子うどん400、肉うどん550、カレーうどん550。〔飲み物〕菊正宗650、白牡丹320、キリン瓶ビール大750、アサヒ瓶ビール小550、キリンレモン220、オレンジジュース220、コカコーラ220。〔お土産用・自家製漬物〕大根1本220、胡瓜1本130。(2014年11月調べ)

    いせ屋特製・カツ丼1,100、カツカレー1,100、海軍さんのカレー700、ハヤシライス700、オムライス730、チキンライス700、ヤキメシ700。〔一品料理〕ビーフステーキ2,000、ビーフカツレツ1,100、ビーフシチュー1,100、タンシチュー1,100、トンテキ800、トンカツ800、ポークチャップ800、オムレツ730、海軍さんの肉じゃが400、おひたし200、大根おろし200、冷やっこ200、湯豆腐200、きゅうりもみ200、味付け海苔200。〔汁物〕豚汁300、サツマ汁300、味噌汁200。〔ご飯〕大200、中180、小160。〔丼もの〕親子丼700、他人丼700、玉子丼700。〔うどん〕うどん300、きつねうどん330、玉子うどん350、肉うどん500、カレーうどん500。〔飲み物〕菊正宗600、白牡丹300、キリンビール大700、アサヒビール小500、キリンレモン200、オレンジジュース200、コカコーラ200。〔お土産用・自家製漬物〕大根1本200、胡瓜1本100。(2009年5月調べ)
  • HTML版(2003年以前): (01.08.25)(99.08.09)

|

« 久しぶりの焼鳥盛合せ … 焼鳥割烹「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | 〔コラム〕チャップ・豚・チュウ … 田舎洋食「いせ屋(いせや)」(呉) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/45102169

この記事へのトラックバック一覧です: 店情報: 田舎洋食「いせ屋(いせや)」(呉):

» 〔コラム〕チャップ・豚・チュウ … 田舎洋食「いせ屋(いせや)」(呉) [居酒屋礼賛]
 呉(くれ、広島県)の中通りにある田舎洋食「いせ屋」にやってきました。  創業者の故・加納勇太郎さんは、日本海軍の装甲巡洋艦「浅間」のコック長を務めた後、大正10(1921)年に、ここで洋食屋をはじめたのだそうです。  広島方面の食情報に詳しい“快食.com”にある「いせ屋」の記事によると、『店内に飾られた額によると、明治45年(1912年!)にビアホールとして開業したのが最初とのことなので、広島... [続きを読む]

受信: 2009.05.23 14:57

» 〔この一品〕 呉「いせ屋」の特製カツ丼 [居酒屋礼賛]
 呉市中通(なかどおり)にある田舎洋食の「いせ屋」の創業は大正10(1921)年。来年で創業90年を迎えます。  この店の創業者は、日露戦争でも活躍した装甲巡洋艦「浅間」でコックを務めたあと、この店を開店。現在でも、昔懐かしい和風の洋食メニューが並びます。  そんな「いせ屋」の大きな名物が特製カツ丼(1,100円)。丸皿につがれたご飯を覆いつくすビーフカツは芳ばしくてやわらか。まったくと言っていい... [続きを読む]

受信: 2010.08.16 16:12

» ポークチャップを肴に … 田舎洋食「いせ屋(いせや)」(呉) [居酒屋礼賛]
 そろそろ「月刊くれえばん」に連載中の「呉酒場礼賛」の原稿締切日が近づいてきました。昨日は、あまりの暑さに朝から外食して、昼からは冷たい生ビールを飲んでたりしたので、原稿はまったく進んでいません。  これじゃ終わらないので、今日は朝から自室(単身赴任寮)に缶詰めになって原稿を仕上げることにして、朝食から自炊。といっても、みそ汁を作って、パックご飯をレンジで温め、ハムステーキと目玉焼きにミニトマトを... [続きを読む]

受信: 2011.09.13 08:00

» トンカツで飲んで〆は … 田舎洋食「いせ屋(いせや)」(呉) [居酒屋礼賛]
 単身赴任の自炊生活でのタンパク質は、豆腐や納豆などの大豆系の食材で摂(と)ることがほどんどで、肉や魚を食べることは希(まれ)なのですが、こう暑い日が続くと、がっつりと肉料理で力をつけたい。  で、やってきたのが大正10(1921)年創業の洋食店、「いせ屋」です。  ここに来ると、ポークチャップ(800円)を食べることが多いのですが、今日はトンカツ(800円)をもらってみることにします。  キリン... [続きを読む]

受信: 2011.09.18 11:54

» 荷風をまねて丼で燗酒 … 田舎洋食「いせ屋(いせや)」(呉) [居酒屋礼賛]
 作家・永井荷風(ながい・かふう、1879~1959)は、その晩年、78歳のとき(1957年)に市川市八幡町に転居し、80歳(1959年)の3月、歩行困難になってからは自宅近くの「大黒家」という食堂で食事をとる以外は家に引きこもり、同年4月30日に亡くなりました。  その「大黒家」で、いつも注文していたのがカツ丼(並)と上新香、そして燗酒を1合。亡くなる前の日まで、これらを食べていたんだそうです。... [続きを読む]

受信: 2011.09.20 23:54

» 呉観光のお勧めコース … 田舎洋食「いせ屋(いせや)」(呉) [居酒屋礼賛]
 松山からやって来た母と、東京からやって来た妻(といっても呉出身)と3人で、朝から呉観光に出かけます。  土日祝日に呉を観光するならば、絶対におすすめなのが『くれたん・市バス限定エリア1日乗車券』(400円)を購入すること。  この券を買っておけば、呉探訪ループバス『くれたん』(1乗車150円)に乗り放題で乗れるし、市内中心部(市街地から音戸の瀬戸あたりまで)の路線バス(1乗車150円から)も乗り... [続きを読む]

受信: 2012.12.27 18:08

» 牛カツカレーでビール … 田舎洋食「いせ屋(いせや)」(呉) [居酒屋礼賛]
 大正10(1921)年創業、田舎洋食「いせ屋」のカツカレー(1,200円)をつまみに、ビール(キリンラガー大瓶、750円)をいただきます。  カツカレーにのっているカツは、創業当時から“わらじカツ”の愛称で親しまれた名物のビーフカツレツ(現在の価格は1,200円)です。  直径30センチの皿が隠れるほど大きくて、客が「まるで、わらじのような…」と驚いたことから“わらじカツ”と呼ばれるようになった... [続きを読む]

受信: 2014.12.14 08:45

» ポークチャップで燗酒 … 田舎洋食「いせ屋(いせや)」(呉) [居酒屋礼賛]
 「寿食堂」を出て、すぐ近くにあるアイスもなかの「巴屋」で、基本のアイスもなか(ミルク、100円)を1個。ん~。この冷たさ、甘さが心地よいね。  中通(なかどおり)と本通(ほんどおり)の間にある細い通りをさらに南下し、細うどんの「山乃家 中通店」の前を通過。  突き当り(パルス通り)を右に曲がると、そこが田舎洋食の「いせ屋」である。  大正10(1921)年に開店した「いせ屋」は今年、創業95年を... [続きを読む]

受信: 2016.10.27 06:45

« 久しぶりの焼鳥盛合せ … 焼鳥割烹「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | 〔コラム〕チャップ・豚・チュウ … 田舎洋食「いせ屋(いせや)」(呉) »