« 浴びるほど菊正宗樽酒 … 鳥料理「鳥晴(とりはる)」(荻窪) | トップページ | 〔お知らせ〕 7月12日(日)、「第4回 古典酒場ほろ酔いと~く」開催 »

ゆっくりとたっぷりと … 居酒屋「兵六(ひょうろく)」(神保町)

無双


 横浜での仕事を終えて、都内に着いたのは午後8時前。この時刻であれば、久しぶりに「兵六」に行くことができそうです。

 「兵六」は平日(月~金)の午後10時半までの営業。ラストオーダーは9時半なので、平日、横浜で勤務している私には、「河本」(午後8時までの営業)ほどではないものの、なかなかハードルが高いのです。

 火曜日とは言え、祝日前の「兵六」の店内はゆるやかに満席状態。店主を囲むコの字カウンターの、手前側に何人分かと、一番奥に1人分の空きがあり、みなさんの背後を通って一番奥に入れてもらいます。

 「兵六」の椅子は、丸太を2本渡したようなベンチシートなので、ギュッと詰めればたくさん入るし、間を空けて座ればゆっくりとすることもできるのです。今日はすでにギッシリと詰まった状態です。

「何にしましょうか?」と笑顔を向けてくれる、若き三代目店主に、まずはビール(キリンラガー大瓶、790円)をお願いして喉を潤すと、お通し(サービス)には、小皿に盛られた野菜と竹輪の煮物が出されます。

 テーブル席のお客さんからの、餃子(ギョウザ、580円)と炒豆腐(チャードウフ、580円)の注文に合わせて、私も炒豆腐を注文。炒豆腐はその名のとおり、豆腐を、キャベツや豚肉とともに炒めたもので、中華風の味付け。

 その炒豆腐が出たところで、飲み物も芋焼酎「無双(むそう)」(680円)に切り替えます。

 丸みをおびた徳利に入れられる「無双」に、ぐい飲みと、アルミの小さい薬缶(やかん)でお湯が出されます。このセットで、自分で湯割りを作るのです。

 続いてたのんだ「つけあげ」(530円)は「さつま揚げ」のこと。鹿児島では「さつま揚げ」とは言わずに「つけあげ」と言うんだそうです。丸いの、四角いの、棒状の、と形状の違う3つが盛り合わされます。ちょっと甘いのが「つけあげ」の特徴で、芋焼酎の湯割りとよく合います。

 そうこうしているうちに、荒木又右衛門さんや、呑んだフルさんもやってきました。コの字のカウンターを取り巻くお客さんは、常連さんたちばかりではなくて、「はじめて来ました」というご夫婦も話の輪に加わって、店内はますますにぎやかになってきます。

 「無双」(680円)をおかわりして、日替りの「今日の煮物」(650円)を注文すると、今日の煮物は竹の子です。この時期、竹の子がいいですねぇ。

 常連さんの注文にのっかって、私も便乗注文した「ぬかづけ」(530円)は自家製で、これまで知らなかったのだけれど、この店の名物品のひとつとのこと。今日はメロン、山芋、ナス、キュウリ、ニンジン、大根、エシャレット、カブ、セロリ、生姜(しょうが)という、実に10品盛り。「えぇーっ! メロン!?」と思いながら口に入れたメロンも、ウリのぬかづけをスッキリとさせた感じで、全く違和感はありません。

 ワイワイと楽しく過ごすうちに、気がつけば午後10時半の閉店時刻がやってきました。今日のお勘定は4,440円。こんなにもゆっくりと、たっぷりと「兵六」で飲んだり食べたりしたのは初めてのこと。長く居れば居るほど、ますます良さが感じられる名店です。

090428a 090428b 090428c 090428d
炒豆腐 / つけあげ / 竹の子煮 / ぬかづけ

店情報前回

《平成21(2009)年4月28日(火)の記録》

|

« 浴びるほど菊正宗樽酒 … 鳥料理「鳥晴(とりはる)」(荻窪) | トップページ | 〔お知らせ〕 7月12日(日)、「第4回 古典酒場ほろ酔いと~く」開催 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/45316229

この記事へのトラックバック一覧です: ゆっくりとたっぷりと … 居酒屋「兵六(ひょうろく)」(神保町):

» 店主を囲んで談論風発 … 居酒屋「兵六(ひょうろく)」(神保町) [居酒屋礼賛]
 「こん平」を出て、西大島(にしおおじま)駅から都営新宿線で神保町(じんぼうちょう)へ。神保町と言えば「兵六」ですね。現在の時刻は午後8時40分。金曜日のこの時間でも入れるかな!?  縄のれんをくぐって、おそるおそる覗き込んだ店内は予想どおり満席気味。  しかし、そこはひとり酒のいいところ。店内のお客さんがキュキュッと詰めてくれて、なんとかひとり分のスペースができました。「兵六」のコの字のカウンタ... [続きを読む]

受信: 2009.10.26 22:12

« 浴びるほど菊正宗樽酒 … 鳥料理「鳥晴(とりはる)」(荻窪) | トップページ | 〔お知らせ〕 7月12日(日)、「第4回 古典酒場ほろ酔いと~く」開催 »