« 店情報: もつ焼き「牛太郎(ぎゅうたろう)」(武蔵小山) | トップページ | 売り切れた後も大盛況 … もつ焼き「牛太郎(ぎゅうたろう)」(武蔵小山) »

武蔵小山で人気のお店 … もつ焼き「牛太郎(ぎゅうたろう)」(武蔵小山)

煮込みとビール


 土曜日の今日は、武蔵小山(むさしこやま)で名店の誉れが高い「牛太郎」に初訪問です。

 初めて降りる武蔵小山の駅は地下にあり、地上に出てみると、まさに再開発の真っ最中。大丈夫かなあ、「牛太郎」。再開発で消えていった名店は多いからなあ。

 交差点を渡った先、左手に、目指す「牛太郎」はありました。

 時刻は午後5時半。“牛太郎”と大書されたのれんをくぐって店内に入ると、四角い店内いっぱいに大きなコの字カウンターがあり、ほぼ満席状態。入口左右の待つためにあるらしい木製のベンチシートには2~3人しか待っていない状態です。左側のベンチシートにいる二人の次のポジションに座ります。

「おれたちゃ、もう飲み終わってここで飲んでるんだよ。にいちゃん、そこに入れてもらったら」

 と座っている二人が声を掛けてくれます。真っ赤な顔に、とろんとした目。この早い時間から気持ちよさそうですねぇ。では、お言葉に甘えてカウンターに着かせていただきますか。

 カウンターの椅子もまた木製のベンチシート。先客たちがゆったりと飲んでいる間に、「すみませんねえ」と声を掛けながら、割り込ませてもらいます。

 カウンター内、ちょうど目の前に焼き台があって、おばちゃん(後ほど、この人が女将さんであることが判明)がもつ焼きを焼いています。このもつ焼きが1串80円。煮込みもなんと110円というから驚きです。

 この女将さんのほかに、カウンター内では3人ほどの男性が働いており、カウンターの外には店員さんはいません。ま、カウンターの背後はすぐに壁なので、カウンターの中だけで十分なんでしょうね。

 しばらくそのまま待ってみたものの、特に誰も注文も取ってはくれないようなので、目の前の女将さんに「瓶ビールをお願いします」と注文してみると、わずかにうなずく女将さん。ややあって、男性店員さんの一人がやってきて、「はい、こちらは?」と注文を取ってくれます。

「瓶ビールをお願いします」

 と改めて注文。なるほど。注文は男性店員さんにするのが、この店のルールなのかな。初回の訪問では、こういうところが分からないのが、またおもしろいところですねえ。これが数回やってくると、ごくごく当たり前のことになってしまうのです。

 すぐに出された瓶ビールは、アサヒスーパードライの大瓶で480円。ちなみに小瓶は300円。グイッと最初の1杯がたまりません。

 つまみに煮込み豆腐(280円)を注文すると、「汁がなくなってしまって作れない」という返事。なんと、こんな早い時間にもう売り切れなんですね。

 それじゃと、煮込み(110円)を注文すると、あっという間に目の前に登場した煮込みは、平皿に盛られるトロリと濃厚なタイプで、刻みネギがトッピングされています。具材はモツだけで、シロを中心に、他の部位もチラリホラリ。

 と、女将さんから「焼き物は終わり」という声がかかり、店ののれんが店内に入れられます。現在の時刻は午後5時40分。「早っ!」とビックリしていると、となりのおじさんが、

「土曜日や祝日は昼の1時半からやってるから、もう終わりなんだよ。もつ焼きがなくなると、のれんを入れてしまうからね」と教えてくれます。

 なんとなんと。事前にネットで調べた情報によると、店は午後4時開店ということだったので、一巡目が一段落するころを狙ってやってきたつもりが、土曜日・祝日の営業時間は違ってたんですね。それで煮込み豆腐も売り切れてましたか。道理で、お客さんたちがみなさんすっかり出来上がってるのも、これで納得です。

店情報後編に続く)

《平成21(2009)年5月9日(土)の記録》

|

« 店情報: もつ焼き「牛太郎(ぎゅうたろう)」(武蔵小山) | トップページ | 売り切れた後も大盛況 … もつ焼き「牛太郎(ぎゅうたろう)」(武蔵小山) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/45480915

この記事へのトラックバック一覧です: 武蔵小山で人気のお店 … もつ焼き「牛太郎(ぎゅうたろう)」(武蔵小山):

» 売り切れた後も大盛況 … もつ焼き「牛太郎(ぎゅうたろう)」(武蔵小山) [居酒屋礼賛]
(前編からの続き)  私の周りに座っているみなさんは、それぞれに常連さんの様子。 「目の前でモツを焼いている女将が、店の中では絶対的な権限を持っていて、彼女が終わり、と言ったら、のれんも入るんだよ」とか、 「『宇ち多゛』のホネに匹敵する、この店の名物がガツ酢(110円)で、開店後10分くらいでなくなってしまうんだ。俺も何回も来てるけど、ガツ酢は2~3回しか食べたことがないなあ。土曜日や祝日だったら... [続きを読む]

受信: 2009.07.05 15:01

« 店情報: もつ焼き「牛太郎(ぎゅうたろう)」(武蔵小山) | トップページ | 売り切れた後も大盛況 … もつ焼き「牛太郎(ぎゅうたろう)」(武蔵小山) »